ステップアップツアー

セキユウティン 後半ぶっちぎる!加賀電子カップ2020

史上最難関のプロテストを通過した選手たちによる新人戦、加賀電子カップ2020。並みいる選手たちを押しのけ、初日の首位は19歳の山下美夢有選手。これを2日目の後半、怒涛のバーディーラッシュで抜き去った、セキユウティンさんが優勝となりました。
0
海外女子ツアー

全米女子オープン2020 初日

全米女子オープン2020。まずは、嬉しい初日のニュースがこれでしょう。渋野日向子さん、首位に1打差2位と好発進です。しぶこファンの私にとっても嬉しい驚きです。必ずしも好調とは言えなかった、2020シーズン。最後の大舞台で、初日とは言え、良きです。
0
ステップアップツアー

加賀電子カップ2020 初日

プロテスト時期変更に伴い、2年ぶりの開催となった加賀電子カップ。初日の今日は、朝から予報以上の雨、止んだあとは風ということで、厳しいコンディションの中、初日が行われました。若干19歳の山下美夢有選手が初日の首位です。
0
スポンサーリンク
海外女子ツアー

全米女子オープン 初日の日本選手スタート時間

先ずは、現地でウェイティングをしていた、渡邉彩香さん出場決定です。そして、日本人選手の初日スタート時間です。
0
女子プロゴルファー

安田祐香のいま 加賀電子カップ直前

2020年、シーズン開幕前に台風の目となる予感をさせたミレニアム世代。確かに活躍があり、古江彩佳さんが3勝、西村優菜さんが1勝を挙げました。一方で、プラチナ世代のエースとして活躍が期待された安田祐香さん。新人戦、加賀電子カップの直前情報です。
0
勘違いあるある

勘違いあるある リキむ

ラウンド中に起こるミスショット。いろいろな理由はあると思いますが、多くを占めるのが、「力み」かもしれません。なぜ、力んでしまうのか、どうやったら、改善できるのかを解説しています。ゴルフ初心者から中級者まで、スイングについて、幅広く当てはまると思います。
0
女子ゴルフ情報

JLPGA 2021出場人数増枠予選会

JLPGAでは、出場機会の増枠を念頭に、2021年に開催される大会で、出場人数の増枠があった場合、その優先順位を決める新たなクォリファイングトーナメントの実施を決定しました。ファーストステージを勝ち上がり、ファイナルまで、5日間の戦い。上位選手は?
2020.12.03 0
勘違いあるある

勘違いあるある ゴルフクラブとの接点

ゴルフは道具を使ってやるスポーツ。道具と言えば、ゴルフクラブをまず思い浮かべませんか?しかし、ゴルフクラブとスイングをする自分との接点を忘れていないでしょうか?それが、グローブとグリップなのです。新製品のドライバーに興味を持つのも良いでしょう。しかし、接点は大切にすると世界が変わりますよ。
0
レギュラーツアー

原英莉花完全優勝 2020リコーカップ

2020年のメジャー最終戦となった、JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ。穏やかだった予選ラウンド2日間から、難しいコンディションとなった決勝の2日間。優勝争いは今年を象徴する、黄金世代とミレニアム世代の中心選手。原英莉花さんが完全優勝。
0
勘違いあるある

勘違いあるある 3本持って走る

昭和の終わりにゴルフを始め、コースデビューした私が、最初に言い聞かされたのは、「クラブを3本持って走れ」でした。同世代の方は似たような経験をお持ちかもしれません。ただし、走ることはスイングには必ずしも良くありません。走らず、それでいながらスマートなプレーを心掛けたいですね。
0
成れます!シングル

カップは見る?見ない?

パッティングに型は無しと言われます。そうは言っても、最近のプロゴルファーは、概ね理想形に近い形のパッティングスタイルです。個性が出るとすると、多様化したグリップでしょうか。一方で注目の打ち方をしている女子プロゴルファーがいます。そのメリット、デメリットを紹介します。
0