スポンサーリンク

AIG全英女子オープンはAIG女子オープンに

スポンサーリンク

一見、分かりずらいかもしれません。
よーく、見れば、「全英」つまり、Britishの文字が消えています。
今年からは、大会名が、「AIG女子オープン」です。

従来、AIGは2023年までの5年間スポンサーを契約していました。
それが、2025年までと延長されたのが大きな理由ですね。

大会のツイートも、Britishが無くなっていました。

あくまで、個人的な好みですが、「全英」が無くなることは寂しい。
でも、これも時代の流れなのかもしれません。
女子ゴルフのメジャーでも、エビアンとかANAインスピレーションなのでね。

特にAIGは去年からのスポンサーですけど、大幅に賞金額がアップした。
それまでは、一応メジャーでしたけど、男子に比べて女子は歴史が浅い。
岡本綾子さんが勝ったときは、メジャー大会ではなかったですからね。

ということで、日本人選手の参戦を整理しておきます。
7月23日時点です。

出場
渋野日向子
畑岡奈紗
河本結
上田桃子
勝みなみ
稲見萌寧

出場辞退
小祝さくら

小祝さんは、熟慮の上、日本の国内ツアーを優先しました。
いかにも小祝さんらしいと感じましたが、それも1つの選択だと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ファンの皆様、スポンサーの皆様、関係者の皆様、いつも応援ありがとうございます。 2020年AIG全英女子オープンの出場権を頂いてましたが、 今回は日本のツアー、公式戦に専念することにしました。 メジャー大会に出場し活躍することは夢でもあり目標でもありますが、通常よりもJLPGAツアーの試合を休まなくてはならないことや、私にとって地元でもあり、とても大切な大会のニトリレディスに出場できなくなることから、自分の意思で決めました。 来年また出場できるよう、目の前の1試合1試合を大事に集中していきます! 次の試合は、NEC軽井沢72ゴルフトーナメントです。元気な姿をお見せできるよう日々練習を頑張ります。

小祝さくら/ Sakura Koiwai(@sakura_koiwai_official)がシェアした投稿 –

コメント