レギュラーツアー

レギュラーツアーJLPGAツアー

メインコンテンツと言って良いと思います。国内女子、JLPGAツアーでの記事です。
試合の展開や見どころ、優勝争い、頑張った選手などを取り上げています。

ここ数年は若手選手の台頭もめざましく、大変な盛り上がりを見せています。
2020年はコロナ禍により、多くの試合が中止となり、14試合のみが開催されました。
これにより、シーズンは20-21と統合されています。

2020年の14試合プラス、2021年の38試合、合計52試合という長丁場の戦いとなっています。

また、2022年は賞金総額や4日間大会数も増加。
38試合が組み込まれており、シード権は、メルセデスポイントによるランキングに一本化されました。
QTで上位に入り、いきなりレギュラーツアーデビューのルーキーも過去最多です。

JLPGAツアー

ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン2022

JLPGA女子ゴルフシーズンも後半戦。ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンは秋の宮城県で開催。第2回リランキングが決まる大会でもあり、94期生の10代ルーキー2連勝で迎える2022年大会は見どころが豊富です。
0
JLPGAツアー

【尾関彩美悠が初優勝】住友生命レディス 東海クラシック 2022

東海クラシックは今年で53回目の伝統ある大会。この3年間の優勝者を見ると、西村優菜、古江彩佳、渋野日向子とニュースターが誕生しています。全米女子アマ優勝の馬場咲希さんの出場に注目も集まりましたが、優勝は2003年生まれ94期生ルーキー、尾関彩美悠さんでした。
0
JLPGAツアー

2022年度 日本女子オープン予選会と本戦出場選手

女子ゴルファー日本一を決める、日本女子オープン。2022年度は、9月29日〜10月2日、紫カントリークラブすみれコースで開催されます。ツアープロでも出場資格があるのはランキング上位30名など決まっています。予選会の結果と本戦出場資格のある選手です。
0
JLPGAツアー

【川崎春花が快挙】日本女子プロゴルフ選手権 2022

2022年女子プロゴルファー日本一を決める大会は、京都の城陽カントリー倶楽部で開催。実力者はもちろん、2021年度プロテスト合格選手にとっては最終プロテストのコース。大混戦の最終日、64のビッグスコアを叩き出したルーキー、川崎春花さんが初優勝を飾りました。
0
JLPGAツアー

【セキユウティン初優勝】ゴルフ5レディス2022

ゴルフ5レディスも、2022年は、アルペングループ創業50周年記念大会として開催。初めてのコース、非常に戦略的な千葉県にある、ゴルフ5カントリー オークビレッヂで開催されました。史上まれに見る大混戦となった最終日。決着はプレーオフとなり、セキユウティンさんが初優勝を飾りました。
0
JLPGAツアー

ニトリレディス 2022

夏の終わり、戦いは再び北海道へ。名門、小樽カントリー倶楽部でのニトリレディスが開催です。ディフェンディングチャンピオンは稲見萌寧さん。勢力図が微妙に変わりつつあるようにも見える2022年の戦いです。見たい部分へは目次から飛んでください。
0
JLPGAツアー

CAT Ladies 2022

8月の箱根開催が定番となった、CAT Ladiesが2022年も開催。過去は実力者が強かった大会ですが、2018年は大里桃子、2019年は淺井咲希と新人の初優勝もあった大会です。初日から内容と結果を追いかけていきます。
0
JLPGAツアー

【岩井千怜が初優勝】NEC軽井沢72ゴルフトーナメント2022

多くの選手に優勝のチャンスがあったNEC軽井沢72ゴルフトーナメント2022。予想通り伸ばし合いの展開となった中、首位スタートのルーキー、岩井千怜さんが最終日も69とスコアを伸ばし-13で初優勝を飾りました。ルーキーとしては1番乗りの優勝となります。
0
JLPGAツアー

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 2022

避暑地の軽井沢。NEC軽井沢72ゴルフトーナメントが2022年も開催されます。ベテランの勝利も目立ちますが、新人選手の優勝も見られるトーナメント。スコアの伸ばし合いが期待される大会のテレビ放送予定や出場選手とペアリング、見どころです。
2
JLPGAツアー

勝みなみ完勝をスタッツで振り返る 楽天スーパーレディース2022

2022楽天スーパーレディースでは、史上初の記録が生まれました。それは、優勝した勝みなみさんで、ホールバイホール記録の残っている1990年以降、4日間大会で初のノーボギー優勝です。今回の優勝をスタッツの面から振り返ります。
0
JLPGAツアー

【まとめ版】資生堂レディス2022

戸塚カントリー倶楽部で開催の資生堂レディス2022。観測史上最も早く梅雨明けした今年は灼熱の戦い。異例な暑さの中の戦いは、消耗戦の様相。日替わりで選手がスコアを伸ばし合う展開となりました。迎えた最終日は、幸いにも曇天。大混戦を制したのは、青木瀬令奈さんでした。
0