アマチュアゴルフ

アマチュアゴルフアマチュアゴルフ

将来のゴルフ界を背負って立つアマチュアゴルファーと、その試合について書いています。
国内の主要大会はもちろん、海外での試合も増えました。
1年後、2年後にはプロツアーの主役となる選手も多く、見逃せないカテゴリーです。

アマチュアゴルフ

馬場咲希選手のこと

2022年、注目のアマチュアゴルファーの1人、馬場咲希選手は代々木高校在籍中の17歳。身長175㎝から繰り出されるドライバーショットが最大の武器。全米女子アマ優勝の快挙を遂げた馬場咲希選手のプロフィール、2022年の試合結果です。
0
アマチュアゴルフ

【2022】アジアパシフィック女子アマチュアゴルフ選手権

R&Aとアジアパシフィックゴルフ連盟によって2018年から設立された大会。第1回優勝のアタヤ・ティティクル選手はその後プロに転向し、2022シーズンはLPGAツアーで2勝。第2回大会は安田祐香、第3回は橋本美月が優勝。2022年は注目の馬場咲希選手も出場です。
0
アマチュアゴルフ

女子ゴルフ 2005年度生まれに注目

女子ゴルフはジュニアのレベルが格段に上がって数年経ちます。そんな中ですが、2022年の主要アマチュア大会を見ると、高校生世代で、3年生の活躍よりも、2年生の強さが際立ちます。彼女たちは2005年生まれ。近い将来、プロのフィールドでも見ることができそうです。
0
アマチュアゴルフ

プロテスト合格に挑む 久世夏乃香(くせかのか)

ステップアップツアー、2022山陰ご縁むす美レディースで3位タイと好成績をおさめた、久世夏乃香(くせかのか)さんは、2003年生まれ。2021年度のプロテストは合格ならずでしたが、この大会で初優勝をした川崎春花さんとは同級生。2022年度プロテスト合格を目指します。
0
アマチュアゴルフ

【2022】世界女子アマチュアゴルフチーム選手権

2年に1度開催される、世界アマチュアゴルフチーム選手権。2022年はフランスにて、行われています。注目の女子は、全米女子アマを制した馬場咲希さん、2021年アジアパシフィック女子アマを制した橋本美月さん、共立女子第二高校2年の上田澪空さん3人です。
0
アマチュアゴルフ

【2022年度】日本ジュニアゴルフ選手権競技

2022年度も、日本ジュニアゴルフ選手権が開催されました。注目は、女子15歳~17歳の部。過去には、宮里藍さんをはじめ、近年では、勝みなみさんや、吉田優利さんが獲っているタイトルです。2022年は、荒木優奈さん(日章学園高2年)が優勝。テレビ放送は9月になります。
0
アマチュアゴルフ

馬場咲希の全米女子アマ 優勝までの7日間

日本人選手として、服部道子さん以来、37年ぶりに全米女子アマを制した馬場咲希さん。全米女子アマ優勝までは、実に7日間に渡って、9ラウンドを戦い抜かなければなりません。その記録と足跡をプレーバックします。馬場咲希さんのクラブセッティングも紹介します。
0
アマチュアゴルフ

【2022年度】 全国高等学校ゴルフ選手権大会 結果

全国高等学校ゴルフ選手権大会は、通称、「緑の甲子園」と呼ばれています。注目は高校女子。直近の過去大会では、櫻井心那さん、山下美夢有さんが優勝し、プロゴルファーになりました。2022年度はナショナルチームにも所属する上田澪空さんが優勝しました。
0
アマチュアゴルフ

プロテスト合格に挑む 六車日那乃

プロテスト合格に挑むシリーズで今回は六車日那乃さ取り上げます。読み方は、「むぐるまひなの」ですね。実は今回のプロテスト、現役高校生では屈指の実力と個人的には見ています。2020年はコロナ禍で、主要なアマチュア大会が中止となりましたが、実力は屈指と見ています。
0
アマチュアゴルフ

日本女子が20年ぶり優勝 クイーンシリキットカップ2022

アジア太平洋地区の女子ゴルフNo.1を決める団体戦、クリーンシリキットカップ。2022年は第42回と伝統の大会です。この大会、日本チームは上田澪空、手塚彩馨、橋本美月の3選手が出場。2002年以来、20年ぶりの団体優勝を飾りました。
0
アマチュアゴルフ

佐藤心結(さとうみゆ)選手のこと

2021年、スタンレーレディスに登場した高校3年生のアマチュア、佐藤心結(さとうみゆ)さん。2021年度のJLPGAプロテストを見事に突破。ファイナルQTでも12位と好成績を収め、2022年シーズンは開幕戦からレギュラーツアーに出場します。そんな佐藤心結選手の現在地です。
0