勘違いあるある

勘違いあるある勘違いあるある

ゴルフスイングには、いくつもの理論があります。
そして、流行もあり、クラブの進化に伴う時代の流れというのもあります。
どれも、「一理ある」というのが厄介で、時にはゴルファーを惑わせます。
私も、いくつもの勘違いをして、試行錯誤を繰り返しました。
実例を挙げて紹介したいますので、皆さんの参考にしていただければ幸いです。

勘違いあるある

勘違いあるある ヘッドアップ

初心者のゴルファーに多いミスの1つがヘッドアップ。ヘッドアップというと頭の位置に焦点が当たりがちですが、本当の原因は別のところにあります。正しいインパクトをするために、グリップ、アドレス、スイングを全体としてとらえるのが大切。オススメ練習方法は?
0
勘違いあるある

勘違いあるある ラウンド中の反省

ミスショットが出ると、誰もががっかりしますよね。今度こそはと気合を入れたり、どこが悪かったのかを反省したりします。ただし、スイングの問題については、ラウンド中に反省することは必ずしも良くありません。では、コースに行った本番中、何をし、いつ反省するべきでしょうか?
0
勘違いあるある

勘違いあるある リキむ

ラウンド中に起こるミスショット。いろいろな理由はあると思いますが、多くを占めるのが、「力み」かもしれません。なぜ、力んでしまうのか、どうやったら、改善できるのかを解説しています。ゴルフ初心者から中級者まで、スイングについて、幅広く当てはまると思います。
0
スポンサーリンク
勘違いあるある

勘違いあるある ゴルフクラブとの接点

ゴルフは道具を使ってやるスポーツ。道具と言えば、ゴルフクラブをまず思い浮かべませんか?しかし、ゴルフクラブとスイングをする自分との接点を忘れていないでしょうか?それが、グローブとグリップなのです。新製品のドライバーに興味を持つのも良いでしょう。しかし、接点は大切にすると世界が変わりますよ。
0
勘違いあるある

勘違いあるある 3本持って走る

昭和の終わりにゴルフを始め、コースデビューした私が、最初に言い聞かされたのは、「クラブを3本持って走れ」でした。同世代の方は似たような経験をお持ちかもしれません。ただし、走ることはスイングには必ずしも良くありません。走らず、それでいながらスマートなプレーを心掛けたいですね。
0
勘違いあるある

勘違いあるある 打ちに行く

それなりのスコアでラウンドできるようになると、出るミスショットの傾向。その1つが、「打ちに行く」ですね。しっかりヒットしたい、強いボールを打ちたいと思うと、スイングでに乱れが生じます。なぜ、打ちに行ってしまうのか、それを防ぐにはどうしたら良いのでしょうか?
0
勘違いあるある

勘違いあるある スイングリズム

本番のラウンドで最も大切にしたい部分が、スイングリズムです。軌道やその他もろもろは、実は当日の修正は難しい。一方で、とんでもないミスが出るときは、スイングリズムやテンポの乱れが多いです。初心者にありがちな、チョロ、ダフリ、引っ掛け、スライスは、ここを先ず確認したいですね。
0
勘違いあるある

勘違いあるある 試打会

クラブ購入にあたっては、ほとんどの方が試打をされると思います。インドアのショップでの試打も出来ますが、できればいつも練習している練習場での試打会で打ちたいものです。試打会でのチェックポイントについて書いています。
0
勘違いあるある

勘違いあるある フィニッシュ

美しいスイングになりたいと思うと、フィニッシュをカッコ良く決めたいと思うものです。では、フィニッシュとは具体的にどのようにとれば良いのでしょう?フィニッシュの考え方と、勘違いしそうなポイントについて書いています。
0
勘違いあるある

勘違いあるある ドライバー選び

ゴルフの腕前もそこそこになったのに、どうも当たりが安定しない。もちろんその時の調子というのもありますが、いつも当たらないということであれば、クラブとの相性を見る必要があるかもしれません。特にドライバーは最も合う、合わないが出やすい、自分にあったクラブを選びましょう。
0
勘違いあるある

勘違いあるある ハンドファースト

初心者からレベルアップして球には、それなりに当たるようになったあなた。やはり強くて真っすぐにいく球をいつも打ちたいと思いますよね。そうなると、ハンドファーストであることが基本になります。ただ、このハンドファーストも勘違いが多いゴルフ用語でもあります。
0
シェアする