勘違いあるある 3本持って走る

今回のテーマ、これは、勘違いと言って良いのかどうか。
それでも、自分がコースデビューにあたっては、強く言われた言葉です。
コースデビューする私が接待する側で、しかも幹事という状況。
良く訳もわからない中でのラウンドでした。詳細は「座和のゴルフ遍歴」で書いています。

座和のゴルフ遍歴 コースデビュー!
誰もが緊張と期待の中で始まる、コースデビュー。自分の場合は、1週間前にラウンドデビューが決定。しかも接待ゴルフでコンペの幹事役も兼ねるという特殊なデビューでした。それでも、ゴルフの楽しさえお実感することができました。これを機会として徐々にゴルフにのめりこんでいきます。
スポンサーリンク

とにかく走れ!?

まずは、初心者でしたから、何より、「他のプレイヤーに迷惑をかけないが命題」でした。
そのためには、いくつかの方法があるのですけど、急にゴルフは上手くなりません。
今でも印象に残っているのが、

「クラブを3本持って走れ」でした。

つまり、ティーショットを打ったあとは、3本のクラブを持って、セカンド地点まで走る。
下手くそで、大抵の場合はセカンドオナーでしたから、3W、5I、7Iなどを持って走りました。
また、距離が短いときは、7I、9I、PWとかでした。
今、思うと、必ずしも3本でなくても良いのですけど。(;^_^A
でも、今回は、これが本題ではありません。

そもそも走ることは良いことなのか?

プレースピードで迷惑をかけないという意味では、時には、走ることもあるでしょう。
しかし、ゴルフスイングにとっては、呼吸を整えることが大切なのですね。
息が上がった状態だと、普通に打ったつもりでも、ミスショットの確率は高いです。
そういった意味からは、走ることは極力避けたいです。ミスがミスを呼ぶ状態ですね。

なるほど。思い当たるなぁ。

接待する立場からすると、走っている姿が好感を呼ぶという要素もあったかもしれません。
しかし、これは、ゴルフそのものには関係ないですね。

クラブは複数本持つ習慣は大切

とは言え、プレーが遅くなってはいけません。
カートから離れている場合は、2本か3本は持っていくことが必要です。
以前は無かった距離計測器というものも一般化しました。
残り距離の目安がだいたいは分かるので、少なくともカートを往復することは避けたいです。

プレースピードをどこで短縮するか

早ければ良いというものではないのですけど、プレーはスマートに行きたいもの。
そのためには、打数を少なくする=上手くなるというのも1つの道です。
ただし、それが唯一ではありません。何が大切かと言えば、

無駄な時間をなくすことですね。

そのためには、次の準備をする必要があります。
準備は2つあると思っています。

 

必要な2つの準備

私が考える、2つの準備は、以下の点です。

判断の準備
行動の準備

判断の準備とは、番手選びや、次にどのくらいの位置にどんなボールを打つかです。
これは、例えば、パッティングにも当てはまります。
グリーンに行く前に、オンした時点で、ある程度は読みも事前にできます。
グリーンに行ってから、せーので初めて読み始めるのは遅いと思います。

行動の準備で最も大切にしたい点は、早く、リズム良く歩くことです。
タイガーが全盛期の頃、もちろん上手かったのですが、何しろ歩く姿が良かった。
姿勢や早さなど、次のショットに向かうまでの間合いが良かったです。
また、その間、しっかりと、次のショットに向かう準備をしていたのですね。
トッププロでも、大抵の場合は、このスピードはしっかりしている。
これは、是非ともアマチュアも参考にしたいところです。

まとめ

やはり、目指すのは、プレーファーストであり、プレースマートかなと思います。
何だか書いてきたものだけ読むと、黙々とプレーするように取られるかもしれません。
しかし、本意は逆で、スマートなプレーを心掛けることで、有意義な時間を生み出せるのです。

それは、同伴プレイヤーとの会話かもしれません。
また、風景や自然を楽しんだり、最近では写真を撮ったりすることもできます。
いずれにしても、目指すのは、プレースマートだと思います。

ALBAでは、コースデビューのアンケートも取っていますので、ご参考まで。

ゴルフデビュー時のスコアはどうだった!? 5割以上が「111〜150」
今年はコロナ禍も影響して若い世代でゴルフを始める人が増えているようです。ゴルフ場関係者も、コースを訪れる若い人が例年に比べて増加していることを実感しており、プレーするゴルファーの皆さんもコースで若い人を見かけることが増えたのではないでしょ…

今から始める人に、「とにかく3本持って走れ」って言ったら、やる気も無くしますよね。

コメント