スポンサードリンク

勘違いあるある ドライバーとアイアンの振り方

ゴルフで初心者を脱却して、スイングを上達させようと考えていくと、たどり着く疑問の1つが、「ドライバーとアイアン」のスイングです。同じという説もあれば、違うという方もいます。どちらが正解なのでしょうか?それとも?永遠の課題とも言えることを考察してみます。

アナタは同じ派?違う派?

ドライバーとアイアンのスイングについてですが、同じ派と違う派に全く分かれます。
これは、上級者や指導者によっても変わるので、困ったものです。
と言うか、ツアーで戦うトッププロでさえ、同じ、違うで分かれるのですね。
こちらの対決動画では、吉田優利、安田祐香、時松隆光、堀川未来夢の4選手が登場します。

ここで面白いのは、ドライバーとアイアンの打ち方について。
女子プロ2人は、「同じ」ですし、男子プロ2人は、「違う」と言っています。
そうなると、一般ゴルファーからすると、「どっちだい!」ってなりますよね。

ドライバーとアイアンの打ち方は違うという説

男子プロ2人は、「違う」と答えています。
この根拠となっているのが、ドライバーとアイアンで、求める特性が違うこと。
ドライバーは低スピンで飛ばす、アイアンはスピンをかけてグリーンに止めるクラブであるという認識が強いです。
そのため、アイアンはダウンブローの意識を強く、ドライバーはレベルに振っていくイメージを強く持つということになりますね。
これに伴う形で、球の位置、最下点の位置が当然変わってくると言う考え方です。

ドライバーとアイアンの打ち方は同じという説

一方で、打ち方は変えていないという女子プロの意見はどうでしょうか?
男子プロによる打ち方が違うという説明に異論はないようです。
一方で、女子プロは、アイアンに関して、それほど多くダウンブローの意識は強くない。
これは、自然とアイアンはダウンブローになっているのも理由の1つだと思います。
そしてドライバーも当然ダウンブローの意識がないので、アイアンと同じように振っていく。
ただし、ドライバーの場合は球の位置も左だし、ティーアップもしている。
そのため、結果として、ドライバーは、レベルか若干アッパーの軌道になるという考え方です。

女子の場合は、男子に比べてパワーの絶対値が違います。
そのため、ドライバーやアイアンに関わらず、効率や軌道の意識を強く持つという考え方です。

ドライバーとアイアンの打ち方 どちらが正解?

全く分かれる意識ですが、正解はどちらでしょう?
まず、スイングの意識としては、どちらも正しいです。
では、なぜ人によって変わるのかと言えば、その人なりの意識ポイントの重点が違うだけです。

打ち方を変える意識が上手くいく人と、同じ意識を持つと上手くいく人で分かれます。
本当にこれはどちらに重きを置いているかの違いにしか過ぎないのです。

強いて正解を求めるのであれば、それは、「打った球」にあります。
意識も含めて、ゴルフスイングに絶対の正解はありません。
自分が打ちたい球の手段としてあるのが、ゴルフスイングです。
理想に近い球が、確率高く打てるのであれば、それが、その人にとって正解です。

コメント

  1. コネコ より:

    こんにちは。
    先週からスイング少し変えて女子プロ派になりつつあります。
    力ないので、クラブをハンマー投げ風に操ってみましたら、カラダ楽でした。
    座和さんは男子プロ派になりますか。

    • 座和座和 より:

      こんにちは。
      何か、良いきっかけを練習でつかんだようですね。
      どちらが正解とも言えないので、試して合う方を取り入れるとよろしいかと思います。