どちらを優先?苦手克服と長所を伸ばす

初心者を脱却して、それなりにラウンドできるようになると、スコアアップが気になります。
スコアメイクのためには、得意クラブを伸ばすことと、不得意を無くすことが必要になります。
同時に出来れば言うことなしですが、優先順位はどちらでしょう?

スポンサーリンク

得意、不得意は全てのゴルファーにある

ゴルフのルールで、クラブは最大で14本使ってラウンドできます。
その14本が得意という方は、上級者でも少ないと言うか、ほぼゼロです。
もっと言えば、トップレベルのツアープロでさえ、得意、不得意はあります。
もちろん、レベルによって、得意、不得意の差はありますが。
アマチュアゴルファーの場合は、まず、致命的なミスは避けたいところです。

どちらが優先?得意と不得意

結論から言えば、得意なものを優先する方が正解です。
特にコースをラウンドして、スコアを作る場合は間違いないです。
得意なクラブを1本、まずまず得意のクラブが4本あれば、100切りは可能です。
そして、これは絶対ですが、5本のうち、1本のパターは、最も重要なクラブと考えてください。
パターが圧倒的に苦手だと、いつまで経ってもホールアウトできません。
また、パターに変わるクラブは、唯一無いからが理由です。

オススメの5本セッティング

最大で14本を入れることのできるセッティングですが、例えばこれでどうでしょう?
3番ウッド(ティーショット用)、5番ウッドまたはユーティリティー、7番アイアン、ウェッジ、パター。
100切りレベルでは、ドライバーは必須となりません。
・・・もちろん、得意であれば入れても良いでしょうけど。
この5本がそれなりに打てるようになると、ボギーオンができる計算が成り立ちます。

不得意クラブはどうするのか?

例えば上で書いた5本以外で不得意があった場合は、練習の日に練習をします。
練習の中心はウェッジとアイアンで打てる本数を増やしていくこと。
女性の場合は、フェアウェイウッド、または、ユーティリティーの優先度が高くなります。
何を基準にするかと言えば、150ヤード以内から、3回でホールアウトすることです。

グリーンに近づく1打ほど重要さが増す

つまり、少ない打数で、ホールアウトしようと思った場合、短いものの重要性が高いのです。
もちろん、ドライバーで何発もOBともなれば、打数は増えてしまいます。
ただし、何発もOBが出るということは、そもそも打ちこなせていないことになります。
と言うことは、スコアメイクを考えた場合、使わない、抜くというのも充分な選択肢です。
ですから、150ヤードから3回で入れるために何が必要かを逆算することが大切になるのです。

大叩きをしないために

大叩きをする方、振り返ってみましょうか?
ドライバーのOBが、本当に多発というのは、ほぼ無いと思います。
リカバリーショットで無理をしたであるとか、グリーン周りからザックリ、トップ、行ったり来たり、3パット、4パット・・・。
つまり、事件の多くはグリーンか、その周りで起きているのです。

そう考えると、パターとウェッジ、この2本を得意にするのは本当に大切。
なぜならば、グリーンの近くにいけば、あと何打で上がるという計算が立つからです。

コメント