田中瑞希 スイング解説

日本女子プロゴルフ選手権で、3日目まで非常に良かった田中瑞希さん。
今季はQTランキング24位とフル参戦資格での序盤でしたが、成績は出ていませんでした。
私も昨シーズンまでは注目をあまりしていなかったのですが、少し気に留めるようになったのが、開幕前、ゴルフネットワークで放送された、the Match 黄金世代スペシャルですね。

大里桃子さんとペアを組んだのですが、田中さんは熊本国府高校の同級生。
大里さんが大柄なので、小柄さが一層際立った、151cmです。

スイング解説はみんなのゴルフダイジェストからです。

“覚醒”の予感あり? 黄金世代・田中瑞希の151センチでも240ヤード飛ばす切れ味スウィング

小柄な田中瑞希さんですが、ティーショットの飛距離は出る。
それは、ねじりが上手く、体を大きく使えること、それでスイングに、キレがあります。
身のこなしを見ていると、体にバネがあることも見て取れます。
選手権の最終日は「ふわふわした感じ」で崩してしまったのですが、これも経験。
爆発力があることは、ニチレイで見せてくれましたね。

このとき出したスコア、2日目の63も凄いのですが、初日が79なので、1日で16打の改善。
思えば、渋野日向子さんを一躍有名にしたのが、KKT杯バンテリンの爆発でした。
初日81から66で、1日15打改善。田中さんの改善記録はこれを上回る今季最高記録です。

覚醒できるかどうか、注目のミヤギテレビ杯ダンロップです。
第21組 08:20 蛭田みな美 田中瑞希 金田久美子

いいねの代わりにクリック(^O^)/
いいねの代わりにクリック(^O^)/
女子ゴルフプレイヤー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
座和をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
プロゴルフプラス

コメント