取り入れたい練習 連続素振り

ゴルフスイングに完璧はありませんよね。
それでも、良いショットを打つために、「より良いスイング」は意識すると思います。
ただ、このサイトでも繰り返し書いているように、形にこだわりすぎるのは悪い結果になる可能性が多いです。
では、どういった練習が効果的なのでしょう?

スポンサーリンク

三觜喜一メソッドの一例

読める人は読めますが、みつはしさんですね。
辻梨恵さんを始め多くのツアープロを教えるコーチでもあります。
彼が薦める練習で、これは効果的だと思います。

他の練習はいらない!?正しいスウィングが自然に身に付く「連続素振り」とは!?
「連続素振り」で正しいスウィングが自然に身に付く スウィングのメカニズムを解説しましたので、それを身に付けるための練習ドリルを紹介します。 ぜひやってほしいのが「連続素振り」です。クラブの重さを感じながら、クラブの動きたいところに動かします。7、8割の力でとにかく連続してクラブを振ります。最初はゆっくり振りましょう。 ...

幡野夏生さんが登場の動画もあります。

連続素振りの効用

なぜ連続素振りが良いのでしょう?
それは、スイングを一連の流れとして把握できることが1つ。
また、体全体を使ってバランスが良くないと連続では振れません。
そういった意味からも、効果的ですね。

この練習に効果がある人

特にこの練習に効果がある一例として以下が紹介されています。

1:体が開く
2:体が突っ込む

こういったスイングは、ダフリ、トップ、スライスの原因でもありますね。

自分も振り返って見れば、100切りの頃は、良くこの練習をしたものです。
もちろん、上級者でもスイングに狂いが出たときは効果的です。

コメント