スポンサーリンク

プロって凄いねぇ 有村智恵のワザ編

スポンサーリンク

最近、有村智恵さんがやっているYouTubeの動画紹介をしたばかりですが。
タイミングを合わせたように、最新のコンテンツも見ものなのです。

【スゴ技】プロゴルファーの距離感!! 7Iで距離を打ち分ける! まさかのドライバーでも!?

ツアーを戦うプロであれば、同じ番手で距離を打ち分けなければなりません。
これって、やっぱり練習の賜物です。
また、必要なワザであるので、身に着けるということです。

ただし、アベレージゴルファーの方は、これ、ほとんど練習しませんよね?
基本は、クラブを変えて距離を打ち分ければ問題ありません。
そのクラブでミート率を上げる方法を、ひたすら練習すれば良いわけです。

アマチュアでも上級者になれば、1本のクラブで距離を打ち分けます。
例えば、距離的にちょうど中間の距離だった場合。
いわゆる、Between Clubの場合とかです。
カットめに入れて距離を落とすとか、ロフトを立たせて距離を上げるとかします。

さて、今回はゲーム感覚のチャレンジだったのですが、ドライバーショット。
有村智恵ちゃんの感覚と数値の差は何と!!

!!!!

正解は、動画をご覧になってください。

有村智恵さん、使用中のドライバーは、ヤマハ RMX 120 ドライバー Tour ADです。

でも、アマチュアでも、こうやって極端に距離を打ち分ける練習って必要だと思います。
例えば、8番アイアンで100ヤードを打つ、6番アイアンで120ヤードを打つ。
これは、私も毎回数球は練習します。
意識するのは、「高さ」
6番アイアンであれば、2mの高さまでで、合格です。
どうして必要になるかと言えば、林の中、木の間の脱出とかですね。

コメント