西郷真央 合格インタビュー

今回から規定が変わった、LPGAプロテスト。
その1つに年齢の引き下げ、高校3年生からの受験が可能となりました。
高校3年生と言えば、私が最右翼と見ていたのが、西郷真央さん。
今年の日本女子アマチャンピオンでもあります。

そんな西郷真央さんのインタビュー記事。

”西郷真央、日本女子アマ優勝経験を活かし「最後まで諦めなかった」【2019女子プロテスト合格者インタビュー】”

実は西郷さんも、かなり苦戦したプロテストでした。
それでも粘り強く戦った。最終日最終ホールのバーディーでの合格です。
これは、日本女子アマを、最終日に逆転して優勝した粘りが活きたと思います。

インタビューの中で、印象的なのがこのフレーズ。

—どのような選手になりたいか
上手な選手と言うよりかは粘り強い選手になりたいです。(目標とする選手は) 不動裕理選手です。

それで、今年のプロテスト合格者すべてに共通しているのが、全然気を抜いていないこと。
つまり、QT上位を、完全に狙っています。
ひと昔前のように、プロテスト合格バンザイなんて感じが全くないのです。
それは、それぞれがQT上位からのレギュラーでの活躍を誓っていること。
その上に、優勝まであり得ることを知っているからだと思います。

そして、そのレベルでないと、ツアーの中で生き抜いていけないことを、
それぞれが実感しているからだと感じます。

それと私が西郷さんを評価しているのは、その身体能力とスイング。
高校3年生にして、体はかなり出来ているし、それだけスイングも完成度が高い。
そして、伸びしろはまだまだあるので、早いうちにツアーで活躍できると見ています。

いいねの代わりにクリック(^O^)/
いいねの代わりにクリック(^O^)/
女子ゴルフプレイヤー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
座和をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
プロゴルフプラス

コメント