2020 キャンビア・ポートランド・クラシック 渋野日向子24位

メジャー、ANAインスピレーションの翌週になりました。
今週は、ポートランドで、キャンビア・ポートランド・クラシックが開催です。

波乱の始まり

試合前に、この大会は波乱な出来事があったのですね。
それは山火事。まずは、3日間大会に短縮になりました。

畑岡、渋野ら出場の米女子ツアーが3日間大会に 山火事でコース閉鎖
◇米国女子◇キャンビア ポートランドクラシック 事前情報◇コロンビアエッジウォーターCC (オレゴン州)◇6478yd(パー72) 畑岡奈紗、渋野日向子ら日本勢6人が出場を予定している米女子ツアー「キャンビア ポートランドクラシック」が米国西部で続く山火事による大気汚染を考慮し、当初の17日(木)開幕を断念して18日(...

そして、会場自体は火事の直接被害はないのですが、大気汚染が、かなりあるようです。

畑岡奈紗が山火事の影響で今週の出場を取りやめ ブルック・ヘンダーソンも欠場表明
米西海岸を襲っている山火事は、オレゴン州でも猛威を振るっている。開催コースのコロンビア・エッジウォーターCCでは青空を見るこ…

ALBA記事にある通り、ブルック・ヘンダーソンは早くから欠場を表明。
また、ここへきて、畑岡奈紗さんも欠場を決意しました。

大会概要

大会名称:Cambia Portland Classic(キャンビアポートランドクラシック)
開催日:2020年9月18日~20日
開催コース:コロンビアエッジウォーターCC (オレゴン州)◇6478yd(パー72)

出場の日本人選手

畑岡奈紗さんは欠場ですが、日本人選手は、5人が出場します。
渋野日向子、河本結、野村敏京、上原彩子、山口すず夏の各選手です。

初日のペアリング

初日のペアリングが発表になりました。こちら

山火事の影響で日程短縮の米女子大会の組み合わせ発表 日本勢は渋野日向子、河本結ら5人が出場
米国西海岸で猛威を振るっている山火事の影響で、現地時間18日(金)からの3日間大会へと日程が変更された米女子ツアー「キャンビ…

放送予定

いつものWOWOWになりますね。

9/19(土)午前7:30 第1日
9/20(日)午前7:30 第2日
9/21(月)午前5:00 最終日

それで、前回から導入された、専用カメラによる放送があります。

これ、本当に専用カメラなので、最初っから最後まで、渋野日向子です。

大会初日

まずは、大会初日は日没サスペンディッドになりました。
それも、何と言うか、朝から大気汚染と雨で、既に夕方のようでした。
本来であれば、ポートランドは住みやすいし、風光明媚なところなんですけどね。

さぁ、初日、渋野日向子さんは、バーディー先行で、これは!?と期待をさせてくれました。

渋野日向子は5バーディから手痛いダボ 最終18番ティで順延
◇米国女子◇キャンビア ポートランドクラシック 初日(18日)◇コロンビアエッジウォーターCC (オレゴン州)◇6478yd(パー72) 米ツアーにスポット参戦中の渋野日向子は、引き続きタフなスケジュールを強いられている。米国西部の山火事による大気汚染の影響で開幕が1日遅れ、満足な練習ができないまま迎えた大会。午後スタ...

そうなんです。アウトコースは順調。
後半も耐えていたのですが、17番ですね、ダブルボギー。
そこで日没順延になり、感じの良くない終わり方でした。

プレーを見る限り、ドライバーとパッティングは悪くない。
ただ、ウェッジの距離が付かないですね。
100ヤード前後、縦の距離感とスピンコントロール。
このあたりが課題で、パー5でバーディーを獲り切れていない感じでした。

さぁ、切り替えて2日目にいきましょう。

大会2日目

初日が日没サスペンディッドとなった2日目。
渋野日向子さんは、ファーストラウンドを1ホールプレーし、セカンドラウンドに進みました。

渋野日向子は首位に8打差21位 野村敏京も予選を通過
◇米国女子◇キャンビア ポートランドクラシック 2日目(19日)◇コロンビアエッジウォーターCC (オレゴン州)◇6478yd(パー72) 日没サスペンデッドで順延されていた前日未消化分の第1ラウンドから再開され、予選ラウンドが完了した。米ツアー未勝利のメル・リード(イングランド)が通算12アンダーの単独首位に立った。...

2日目は4バーディ、1ボギーの69、通算-4の21位で決勝ラウンドに進みます。
昨日、課題として挙げた、ウェッジでのスピンコントロール。
それを1番手上げて、スピンをかけないショットをしてきた。
何と言うか、この修正能力には脱帽です。

ですから、ショットは絶好調でバーディーチャンスは多数でした。
スコアは69だったのですが、65でもおかしくない内容です。
この試合から試しているクロスハンドのパッティング。
試行錯誤だと思いますが、決まってくると、スコアもついてくると思います。

その他日本勢、野村敏京選手が、イーブンパーの65位で予選通過。
上原彩子と河本結の両選手は1オーバー81位、山口すず夏さんは9オーバー136位で予選落ちです。
河本結さんが、インタビューで落ち込んでいたのが、気がかりです。

「早く日本に帰りたい…」 河本結は一打及ばず予選落ちに涙
最終18番、グリーンエッジから打った約5mのパットがカップをかすめ、痛恨のボギー。予選通過に一打及ばず、河本結は唇を噛みしめ…

見ている限りでは、そんなに悪いとも思わないのですが、理想とは違うということでしょうか?

大会最終日 優勝はジョージア・ホール

波乱の幕開けとなったこの大会も最終日を迎えました。
まず、全体は、2日目までと同様、スコアを伸ばす展開となりました。

結果は、

ジョージア・ホールが2勝目 渋野日向子24位 野村敏京74位
◇米国女子◇キャンビア ポートランドクラシック 最終日(20日)◇コロンビアエッジウォーターCC (オレゴン州)◇6478yd(パー72) ジョージア・ホール(イングランド)が通算12アンダーの首位で並んだアシュリー・ブハイ(南アフリカ)とのプレーオフを制し、2018年「全英リコー女子オープン」(現AIG女子オープン)...

ジョージア・ホール選手が、-12で並んだプレーオフを制して優勝。
彼女は、しぶこさん前年の全英女子オープン優勝者で、ツアー2勝目です。

4アンダーの21位タイで2日目を終えた渋野日向子さんの最終日。
は4バーディ、1ダブルボギーの70とスコアを伸ばし、通算6アンダー。
スコアは伸ばせたのですが、順位は24位タイ。つまり全体のスコアが上がったのです。
2日目も書きましたが、ショットの調子は悪くないです。
心身共に上向きな状態だと感じますので、次戦に期待しましょう。

「本当に情けない」お先のパットを外す場面も… 渋野日向子が感じる右肩上がりの手応え
スイングリズムへの意識で心の中で唱える“チャー・シュー・メン”。その効果は「左右にかなりぶれていた」と予選ラウンド2日間ほど…

全体スコアはこちらです。

いいねの代わりにクリック(^O^)/
いいねの代わりにクリック(^O^)/
海外女子ツアー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
座和をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
プロゴルフプラス

コメント