スポンサーリンク

ヘッドのみを中古で買うのはアリだと思う

スポンサーリンク

各メーカーから続々と発売される新製品。
自分も昨日試打記事をアップしたばかりですが、予算との兼ね合いもありますよね。
そんなとき、これはアリと思うお話を。

スポンサーリンク

クラブヘッドのみを中古で買う

最近の新モデルドライバーは、多くのメーカーで複数のシャフトが用意されています。
もちろん、購入時には、自分に合ったシャフトを選ばれていると思います。
しかし、1年、2年経てば、新製品が出る。
もちろん、クラブ毎に買い替えする方が多いとは思います。
一方で、「シャフトは気に入っているのにな」と思われる方もいらっしゃいますよね。
そんなとき、ヘッドのみ購入は便利だと思います。

ヘッドの中古は、それなりに流通している

気になる品数ですが、大手メーカーの人気モデルは、結構、流通しています。
ですから、シャフトが手持ち1本でも、2つのヘッドを試すことが出来ます。

具体的な例

例えば、私は、ヤマハのRMX120ドライバーを試打しました。
同じシリーズで、つかまりの良い、ヘッドの220もあります。
と言うことは、どちらか1本を購入して、ヘッドのみ2種類を持つことが出来ます。

逆に、ヘッドのみを持っていて、複数のシャフトを持つということもできますね。

購入に際しての注意点

ヘッドの差し替えにあたって注意したいのが、スリーブです。
もちろん、同じ型のスリーブであることが必要です。

同じ時期、同じメーカーであれば、問題なく差し替えができます。
また、違うモデルでも、スリーブが合えば、交換は可能です。
事実、私はタイトリストのドライバーを2本持っています。
917D3とVG3なのですが、スリーブが同じなので、シャフトの交換ができます。

もちろん、これでバランスも変わるので、振った感じも変わります。

積極的に試すのはアリだと思います

やはり、まずはお気に入りのシャフトを選ぶのが1番かもしれません。
それに合わせて、いくつかのヘッドを組み合わせてみる。
そうすると、数値では現れない効果も出ると感じています。

やはり、タイミングや振りやすさという面で差が出ます。
もちろん、これらはミート率に関連するので、飛距離が伸びる、または曲がらなくなるといった効果も期待できます。

人気モデルを安く買う裏技!? “ヘッドのみ”を中古でチェック
近年発売されたドライバーは、可変スリーブ装着モデルのシェアが大幅に拡大。同じメーカーであれば、旧モデルのシャフトがそのまま使えるケースも増えている。そうなると、「新しいヘッドだけ欲しい」と思うゴルファーもいるだろう。 中古ショップでは、ヘッドだけの買い取り、販売も一般的となってきた。ヘッドのみ購入し、すでに使用している...

逆に、全く効果が無いと分かれば、ヘッドのみ売るということもできます。

コメント