西村優菜 2020 富士通レディースで頑張った選手

2020富士通レディース、ここで自己ベストフィニッシュをした選手がいます。
気象の割りにスコアが伸びなかった最終日。
やはり、例年とは違ったピンポジションもあり、攻略には戦略が必要でした。

戦略と言えば、これは、JGAのヘッドコーチであるガレス・ジョーンズ氏。
彼の申し子でもある、ミレニアム世代が強いわけです。

今回、その力を発揮できたと思うのが、西村優菜さんです。

西村優菜 今季3度目のトップ10は自己ベスト4位
◇国内女子◇富士通レディース 最終日(18日)◇東急セブンハンドレッドクラブ(千葉県)◇6659yd(パー72) 好天に恵まれた日曜日に4アンダー「68」で回った西村優菜がアマチュア時代を含めてもツアーで自己最高となる4位に入った。ノーボギーでのラウンドは「最終日にできたのがすごく大きい」と喜んだが、後半数ホールでチャ...

何と言っても、身長が150cmなので、一般女性にしても小柄です。
しかし、その技術は誰しもが認めるところです。

雨風も強く、寒さもあり、大変厳しいコンディションだった2日目。
8人しかアンダーパーがいなかったのですが、彼女はその1人。

GDOの記事に、印象的なプレーの紹介があります。

最終日は7番(パー5)で3打目をミスしてファーストパットは約20m。「(カップを狙うには)カラーより外側のフェアウェイを通るライン。パターならすごく振り幅を大きくして打たないといけなくて、それならユーティリティで転がした方がいい」とグリーン上でユーティリティを使う奇策を披露。「ナショナルチームでオーストラリアでプレーしたとき、下が硬くてウェッジを持てないので使ったことはある。でも、グリーンからは初めてです」とうまく1mにつけてパーセーブした。

クレバー以外の何者でもないのですが、これがツアールーキーのレベルなのです。
日本女子プロゴルフ選手権では最終日に悔しい想いもありました。
しかし、西村さんのプレーを見ていると、日々成長を実感できます。

最終日、ノーボギーでの浮上は、希望を持たせてくれます。
また、今回の成績で嬉しいご褒美もあります。

ルーキーが魅せた巧みな技 自己最高の4位Tに入った西村優菜、自身初のUTでパッティング
強い雨が降った2日目。グリーンに水が浮き、パッティングでボールが転がらず、稲見萌寧はホールアウト後に「ウェッジで打つことも考…

今回の結果を受けて、TOTOジャパンクラシックへの出場権ゲットです。
この世代、安田祐香、古江彩佳、吉田優利だけではない、ルーキー西村優菜さんに注目です。

コメント