初めてのプロゴルフ観戦、2つの方法と注意点

ゴルフには2つの楽しみがあると思っています。
それは、プレーすることと観戦することですね。

どちらか一方しかしないという方もいらっしゃいますが、もったいない。
プレーをするのは楽しいですが、観戦すれば、プロの技術を間近で見ることができます。
逆に、観戦専門の方は、ゴルフをやってみませんか?

初心者から上級者まで、レベルに応じて楽しめるのがゴルフです。
今回は、ゴルフ観戦の方法を用意したいことをご紹介します。

ゴルフ観戦の方法

観戦は、大きく分けると、「定点観測」と「帯同観戦」に分けられます。
これは、良い悪いではなく、好みです。
まずは、観戦方法のおさらいから。

定点観測

これは、1か所にとどまって、色々なプロを見る観戦方法です。
のんびりと雰囲気を味わいたい方に、オススメですね。
定点観測に適した場所は、グリーンの横か、奥。
または、セカンドショットを打つ地点の木陰とかですね。

季節の良いときでしたら、ビニールシートで昼寝がてらも楽しいです。
食事は持参でも構わないですし、大抵の試合にはギャラリープラザがあります。
地域の名産品なども出品されるので、味わうのも良いと思います。

帯同観戦

これは、「応援観戦」とも言います。
1人のプロに帯同してついていく観戦方法です。
プロだって、応援するギャラリーが多い方がやりがいもありますし、スコアにも良い影響が出ることが多いです。
そして、例えば18ホール帯同すると、プロはギャラリーの顔を、けっこう覚えています。
その日のプレー終了後、サインに応じるプロも多いのですが、1日帯同してくれたファンは、かなりの確率で覚えています。
ゴルフは数時間かかるスポーツですが、ショットにかかる時間は数分。
多くの時間は、歩いているか、考えているのです。
ですから、本当に1日帯同したギャラリーは覚えているものです。

観戦で注意すること

初めて観戦しようという方、楽しんでほしいと思います。
それでも、ここは注意した方が良いと思う点を挙げたいと思います。

お静かに!

常に黙っていなければならないってものではありません。
しかし、高額賞金がかかったプロは、1打で数百万円の差が出る場合もあります。
ショットの1つにかかる時間は数秒です。
そこで、もし、携帯電話の大きな音が鳴ったら・・・?
数百万円が水の泡となることもあります。
ルーティーンと言われる、ショットの10秒ほど前からは音を出さないようにしましょう。

シューズは滑りにくいものを

たまーにですけど、ヒールを履いてくる方がいて、びっくりします。
スポーツ施設なので、まずは、最低限、スニーカーが必要です。
それで、ゴルフ場は芝生に囲まれて、とってものどかに一見、見えます。
それでも、歩くと芝は、かなり滑ることがわかります。
できれば、普段使いのできるゴルフシューズがオススメです。

 

万が一に備え、雨具の用意

降水確率が全然の時は不要ですけど、微妙なときってありますよね。
そんなときは、折りたためるカッパと傘は用意しておきたいです。
街中を歩くのと違い、ゴルフ場は傾斜もあるので、傘だけだと不安です。
シューズにも関係しますけど、転倒してしまうことにも気を付けたいです。

サインをもらうタイミング

せっかく観戦にきたのですから、サインが欲しいですよね。
人気プロには長蛇の列ができて、なかなかもらえないときもありますが、そうではないプロの場合、サインを求められるのは、嬉しいことでもあるのです。
それでも、大切なのは、「サインをお願いするタイミング」です。

スタートしてからホールアウトするまでは、プロにとって、お仕事の時間です。
この間は、サインをもらうのは、基本的にNGです。
では、いつがベストタイミングなのか?

1つはホールアウト後。
クラブハウス前で、対応してくれる場合があります。
もう1つは、アト練の後。
多くのプロは、ラウンド後に練習をします。いわゆる、「アト練」です。
ドライビングレンジを言われる打球練習や、パター練習ですね。

この練習が終わると、今日のお仕事終了なので、サインに応じてくれることが多いです。
逆に言えば、インターバルと呼ばれるプレー中のホール間などは、サインをねだってはいけません。
声かけはOK。
「ナイスバーディー!」や「ナイスパー」はプロにとっても嬉しい声援です。
渋野日向子さんは、全英女子オープンでサインに応じていたのですが、これは、異例中の異例です。
それだからこそ、世界的に、驚きの目で注目を浴びたことになります。

パナソニックオープンレディース初日には、お宝となるサインをいただきました。

初優勝する前の、渋野日向子プロと当時アマチュアの古江彩佳選手です。

まとめに代えて、見て欲しいところ

せっかくなので、プロの技術を見たいですよね。
もちろん、ドライビングレンジやパター練習場でスイングを見るのも良いです。
私がオススメするのは、アプローチ練習、バンカー練習です。
地味なのですが、ツアープロは、これが抜群に上手いです。

打ち方や出球、そして音を聞くだけで感嘆します。
これぞ、プロのワザを見ることができます。
ゴルフのレベルアップを願う方には、とても参考になると思います。

いいねの代わりにクリック(^O^)/
いいねの代わりにクリック(^O^)/
コーストピックス
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
座和をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
プロゴルフプラス

コメント