スポンサーリンク

ゴルフでも他流試合はいかが?

スポンサーリンク

タイトルにした、「他流試合」はビビりますか?
実はそれほど大げさな意味では使っていません。

どういったことかと言えば、いわゆる仲間内以外のプレーです。
普段は仲間内でしかゴルフをしない方も多いかと思います。
それはそれで楽しい。
話題にも困らないでしょうし、食事も盛り上がるでしょう。

一方で、ゴルフの上達という面からはどうでしょう?
やはり、知らない人とラウンドするのは適度な緊張感があります。
過度な人見知りの方は別にして、私の経験上も上手くなります。

何故かと言えば、仲間内と違って、遊びの要素が少なくなるからですね。
例えばミスショットが連発したホールがあったとします。
そんなとき、そのホールのプレーが雑になっていませんか?
また、それ以降のプレーも雑になる要素もあります。

例えばトラブルショットで考えてみましょう。
林からの脱出でも、無理やり長いクラブを持っていませんか?
レイアップしにくいという雰囲気が、仲間内ではある気がします。

そして、残り200ヤードで2オンが狙えそうなパー5。
こういった状況でも、無条件に3番ウッドを持ってしまう。
それは、必ずしも賢い選択ではありません。

では、中上級者はどういったプレーをしているのか?
そういった方とラウンドすれば、学ぶことも多いと思います。
また、そうした方は、間違いなくゴルフ好きです。
ゴルフ好き同士であれば、会話に困ることもありません。

そうした意味で他流試合は、上達に大変意義があるのです。
90台でラウンドできるようになれば、十分いけます。
まずは、オープンコンペに参加するのが、オススメです。
オープンコンペを探すのはこちら

プレーフィー自体もお得な場合が多いですし、何しろ賞品がある。(笑)
もちろん上位に入らなくても、参加賞で、モトが取れるコンペもあります。
また、最近ではハーフのスコアをダブルペリアで出して、パーティーがないコンペも増えました。

オープンコンペ、とっても良いですよ。

コメント