宮里藍2週連続優勝!HSBC女子世界選手権 2010

宮里藍選手による、先週優勝の興奮も冷めやらないところですが、
今週末はHSBC女子チャンピオンズがシンガポールで行われます。

スポンサーリンク

大会事前情報

特筆すべきは、ツアーメンバーの宮里藍選手、上田桃子選手、宮里美香選手に加え、
3名の国内トップ選手が参加することです。

諸見里しのぶ選手(先週から引き続きですね)
横峯さくら選手
有村智恵選手

賞金女王になった横峯選手をはじめ、5勝とブレイクした有村選手、
調子は今ひとつと言っている諸見里選手の健闘も期待したいですね。

中継はゴルフチャンネルであります。

大会初日

あっという間ですが、始まりましたねー。

上位は

1位タイ パク・ヒヨン -4 68
1位タイ C.カー -4 68
1位タイ A.スタンフォード -4 68
1位タイ L.オチョア -4 68
5位タイ C.キム -3 69
5位タイ キム・ソンヒー -3 69
5位タイ 宮里 藍 -3 69
5位タイ S.グスタフソン -3 69
9位タイ K.マクファーソン -2 70
9位タイ J.インクスター -2 70

何と言うか、藍ちゃん、絶好調じゃないですか!

その他日本勢の出だしは下の通りです。

横峯さくら選手 +1 25位タイ
宮里美香選手 +1 25位タイ
有村智恵選手 +2 41位タイ
諸見里しのぶ選手 +2 41位タイ
上田桃子選手 +3 49位タイ

宮里藍、首位に1打差の5位タイ発進! 横峯は25位タイ
米国女子ツアー第2戦「HSBC女子チャンピオンズ」が2月25日(木)、シンガポールにあるタナ・メラCCで開幕した。晴天に恵まれた初日、難度の高いコースに伸び悩む選手が多く、上位は混戦状態となっている。 その中にあり、前週の開幕戦「ホンダPTT LPGAタイランド」でツアー2勝目を飾った宮里藍が、今週も好調なプレーを続け...

大会2日目

先週とは違いコースセッティングが難しいようで、我慢比べの展開です。

上位は

1位タイ キム・ソンヒー -5 139
1位タイ A.スタンフォード -5 139
3位タイ H.W.ハン -4 140
3位タイ S.ペターセン -4 140
3位タイ ユ・スンヨン -4 140
3位タイ J.インクスター -4 140
3位タイ 宮里 藍 -4 140
8位タイ Y.ツェン -3 141
8位タイ C.カー -3 141
10位タイ N.Y.チョイ -2 142

何か、先週とおなーじようなリーダーズボードです。
と、言うことは藍ちゃん、早くも2週連続優勝!?

その他の日本勢は

15位タイ 上田桃子 -1
この日は4ボギーを打ったものの8バーディー

21位タイ 横峯さくら E
27位タイ 宮里美香 +1
32位タイ 諸見里しのぶ +2
45位タイ 有村智恵 +4

やっぱり、場慣れしているLPGA組が強いのかなぁ。
横峯、諸見里、有村のトリオですから、もういっちょ行きたいです。

でも、オチョアがこの日は何と+7で、一気に首位から後退なんで、
一筋縄ではいかないコースとも言えるでしょうけど。

藍は1打差の3位タイ、桃子が15位に急浮上!
シンガポールにあるタナ・メラCCで開催されている、米国女子ツアー第2戦「HSBC女子チャンピオンズ」の2日目。この日も全体的にスコアが伸び悩む中、首位に1打差の5位タイからスタートした宮里藍は1ストローク伸ばし、通算4アンダーでホールアウト。首位に1打差の3位タイに浮上し、連日の首位争いを演じている。 序盤はボギーが先...

大会3日目

HSBC女子チャンピオンズ2010「3日目の速報 」です。

何と、何と、藍ちゃんが首位タイにまで上がりました!

T1 Ai Miyazato -7
T1 Juli Inkster -7
T3 Hee Young Park -5
T3 Momoko Ueda -5
T3 Sun Young Yoo -5
T3 Hee-Won Han -5
T7 Yani Tseng -4
T7 Cristie Kerr -4
T7 Suzann Pettersen -4
T10 Vicky Hurst -3

やっぱり、失礼だけどインクスターには勝つでしょう。何となく。
そうなると、追いかける韓国勢や、この日68で浮上した上田桃子選手との争い!

藍ちゃんの2週連続優勝や上田桃子選手の初優勝に期待が持てる最終日です。

藍が首位タイに浮上! 桃子、さくらも逆転圏内で最終日へ
シンガポールにあるタナ・メラCCで開催されている、米国女子ツアー第2戦「HSBC女子チャンピオンズ」の3日目。首位に1打差の3位タイからスタートした宮里藍が1イーグル、3バーディ、2ボギーの「69」をマークし、通算7アンダー。ジュリー・インクスターと並んで首位タイに浮上し、2週連続優勝のチャンスを引きよせた。 圧巻は、...

大会最終日速報

速報!快挙です!

何と、表現したら良いか、44年ぶりのLPGA開幕2連勝を飾ったのは、

我等が宮里藍選手です!

HSBC女子チャンピオンズ2010 の結果です。

1 Ai Miyazato -3 F -10 69 71 69 69 278
2 Cristie Kerr -4 F -8 68 73 71 68 280
T3 Song-Hee Kim -5 F -7 69 70 75 67 281
T3 Jiyai Shin -5 F -7 71 71 72 67 281
T3 Yani Tseng -3 F -7 74 67 71 69 281
T3 Suzann Pettersen -3 F -7 70 70 72 69 281
T7 In-Kyung Kim -3 F -6 70 72 71 69 282
T7 Vicky Hurst -3 F -6 73 71 69 69 282
T9 Angela Stanford -2 F -5 68 71 74 70 283
T9 Jee Young Lee -3 F -5 73 73 68 69 283
T9 Sakura Yokomine -2 F -5 73 71 69 70 283
T9 Na Yeon Choi -2 F -5 73 69 71 70 283
T9 Hee Young Park E F -5 68 74 69 72 283
T9 Juli Inkster +2 F -5 70 70 69 74 283

実はワタクシ、予感はしてたんですが、我が家でゴルフチャンネルは見られず。

それで、近くの練習場に行きました。
えぇ、そこでは見れることが分かっていましたんで。

それで、藍ちゃん、必ずしも絶好調ではなかったんですね。
1番2番と連続ボギースタート。

アウトで飛ばして抜け出したのは、強豪Cristie Kerr選手でした。

バックナインに入ってからもビタビタとバーディーチャンスに着くは!
このまま勢いで優勝は彼女のものかと思ったんですが、藍ちゃんは強かった。

バックナインで長いバーディーパットを入れたりしたんですが、
14番では、1mほどのパーパットをはずし痛恨と思われるボギー。
この時点で首位をCristie Kerr選手に譲ります。

でも、ここからが強かった。
前日イーグルを奪った16番Par4でバーディーを獲ると、17、18とパーセーブ。

一方Cristie Kerr選手は上がり2ホールで連続ボギー。
勝負ありました。

宮里藍がプレッシャー跳ね除け開幕2連勝!
シンガポールにあるタナ・メラCCで開催されている、米国女子ツアー第2戦「HSBC女子チャンピオンズ」の最終日。通算7アンダー首位タイからスタートした宮里藍が、3ストローク伸ばし、2位に2打差の通算10アンダーで優勝を果たした。宮里は開幕戦に続き2週連続でツアー3勝目となった。 最終日も晴天に恵まれ、上位は大混戦となった...

やっぱり、藍ちゃんの好調なパットと1打1打を切り替えられる精神的強さが見えました。

おめでとう!

藍、開幕2連勝!全力で掴んだ44年ぶりの快挙
11番で6m、12番では12mをねじ込んだ。続く13番パー5では、5mがカップに沈む。勝負所で3連続バーディを奪って通算10アンダーとし、トップに並んだ宮里藍。しかし、次の14番ティで異変は起こった。 「13番のバーディパットが決まって、気持ちが高ぶったのか、凄く暑く感じて一瞬具合が悪くなった」と宮里は振り返る。ティシ...

他の日本勢も健闘しました。
この日-2でラウンドした横峯さくら選手が9位タイ。
上田桃子選手も一時-8まで、伸ばしましたが終盤で乱れ15位タイ。

桃子、悔し泣き「攻めるしかなかった」
首位と2打差の3位タイで迎えた「HSBC女子チャンピオンズ」最終日。上田桃子は最終組で宮里藍、そしてジュリー・インクスターと共に優勝を争った。 前半はイーグルもあれば、連続ボギーもある出入りの激しいゴルフ。それでも、11番、13番でバーディを奪った上田は、15番を迎えたときには首位と2打差の7アンダーと必死にトップに食...
藍と桃子、世界で戦う二人の明暗
最終日最終組で日本人同士が優勝を争う。米国LPGAツアーでそんな光景を目の当たりにし、時代の勢いというものを感じた。ゴルフがアジアを向いている。世界経済が中国、インドの人口大国に向けて舵を切り始めた流れに乗って、ゴルフ界でもアジアンパワーが勢いを増している。 それにしても、宮里藍のプレーは圧巻だった。「HSBC女子チャ...

宮里美香選手 T19 -2 F -3 73 72 70 70 285
有村智恵選手 T32 E F +2 74 74 70 72 290
諸見里しのぶ選手 T38 E F +4 74 72 74 72 292

さくら「自信になった」。今季初戦を9位で終える
「HSBC女子チャンピオンズ」最終日、首位と4打差の10位タイからスタートした横峯さくらは、日本の賞金女王の存在感を見せ付ける。 2番、3番、5番とバーディを奪って通算6アンダー。首位がスコアを落としたこともあり、一時はリーダーズボードの一番上に名を連ねた。「前半はショットもパットも凄く良かった」と横峯は言う。 苦手意...

コメント