ショップライトLPGAクラシック 初日

ショップライトLPGAクラシック初日の結果です。
まずは、リーダーボードからいきますか。初日の上位陣。全体がこちら

一見してわかりますが、全体として伸びてますね。
そして、その中に畑岡奈紗さんが、しっかり入っています。

畑岡奈紗が1打差3位の好スタート 渋野日向子は22位
◇米国女子◇ショップライトLPGAクラシックby Acer 初日(1日)◇シービュー・ア・ドルチェホテル(ニュージャージー州)◇6190yd(パー71) 畑岡奈紗が「64」をマークし、7アンダーとして首位のイ・ミヒャン(韓国)、ローレン・スティーブンソンに1打差の3位タイで滑り出した。折り返しの18番(パー5)でイーグ...

ここまで全体が伸びるというのは、伸びる要素があるということです。
まずは、全長が、6190yd(パー71)と、LPGAにしては、相当短いこと。
そして、風もなく穏やかなコンディションだったこと。
前日雨が降って、プリファードライも適用され、グリーンも止まること。

こういった要素が絡み合って、好スコアが連発だったのです。
レクシーなんか、ショートコースをまわるイメージだったんじゃないかなぁ。

しかし、畑岡さんは良いプレーでした。

一方で期待の渋野日向子さん。
スタートから2連続バーディーで、どこまでいくのかと心配なほど。
勢いそのままに、前半は29というスコアをたたき出しました。しかし、

スコアは「29」から「39」も 渋野日向子「後半のほうが好きなスイング」
◇米国女子◇ショップライトLPGAクラシックby Acer 初日(1日)◇シービュー・ア・ドルチェホテル(ニュージャージー州)◇6190yd(パー71) インスタートの前半「29」から一転、後半アウトは「39」と数字だけ見れば苦しんだ。渋野日向子の感性というフィルターを通せば、ちょっと見え方が違ってくる。 「自分のショ...

後半が39で、前後半で10打違うという、ある意味、しぶこスコア。
しかし、スコアと自身の感覚とは一致しないもので、こんなインタビューが入っています。
前半は、

「自分のショットに関しては納得がいってなかったんですけど、ビックリするくらいのスコアが出た」

ですし、一方39を叩いた後半が、

「自分の思うようなスイングができるようになっていったのに、グリーン上で苦戦してしまった」

うーむ、ゴルフは難しいということの証明でもありますね。
結局、1イーグル6バーディ、3ボギー1ダブルボギーの68は22位というスタートです。

そして、感覚という意味からは、河本結さんも同じようなコメントがありました。
河本さんも前半は、3バーディーノーボギーと絶好のスタート。
しかし、後半スコアを落としてしまい、結果は-1で、56位となりました。
どうも、調子とスコアが一致しない、違和感があるようです。

その他日本勢、各選手の初日。
上原彩子イーブンパー、野村敏京は2オーバー、山口すず夏4オーバーとなっています。

例年3日間大会だったのが、今年はコロナ禍の影響で日程も変わり、4日間大会。
しかも、来週に全米プロを控えています。
4日間の優勝スコアは、どれほどになるのか?-20はいくかもしれません。

コメント