管理人座和 シングルを目指したきっかけ

現在、私のハンディキャップはJGAのオフィシャルハンデで2.6です。
世間で言われる、「片手シングル」ですね。
サラリーマンの接待ゴルファーから始めて、よくここまで自己流でやってきたものだと、自分で感心するやら、あきれるやら。

そんな私の、シングルプレイヤーへの歩みを元に書いていきます。
皆さんのご参考になればと思います。

スポンサーリンク

なぜシングルを目指すのか?

そもそもゴルファーはなぜ、シングルを目指すのでしょう?
これって、実は明確な理由がない方も多いのではと思います。
シングルプレイヤーは上手いと言われますが、それを「発揮」する場面って、実は少ないのです。

もちろん、競技志向があれば、ハンディキャップは大きな意味を持ちます。
一方で、エンジョイゴルファーであれば、スコア100くらいの腕前とシングルプレイヤーの腕前でも、目に見えたメリットってあまり無いものです。せいぜいちょっと曲がらないとか、ショートゲームが上手いくらいなものです。

例えば、一般的なゴルフコンペだとしましょう。
大抵の場合は、ダブルペリアや新ペリアといったルールを採用しています。
つまり、ハンディキャップをつけて、誰もが優勝を狙えるようにしましょうよという主旨です。
もちろん、シングルプレイヤーであれば、「ベスグロ」は狙えると思いますが。

では、なぜゴルファーは、シングルプレイヤーを目指すのでしょう?
それは、自分で振り返ってみると憧れや夢、名誉、自己満足じゃないかと思います。

月イチゴルファーがシングルを目指す

私は今でもサラリーマンが本業で、練習は週に1回、ラウンドは月に1回です。
それと、会社関係のコンペが年に数回といったところ。
ですから、シングルプレイヤーである、「必要性」って無いのです。
仲間とわいわい言いながら、スコア90台でまわっても十分なのですね。

シングルを目指したきっかけ

そんな私がシングルプレイヤーを目指すきっかけとなったのは、「競技」でした。
元々競技志向があって、ゴルフを始めた人は少ないと思います。
ジュニアからやっているとか、プロを目指すとかは別ですけど。

そんなサラリーマンゴルファーである私が、競技に興味を持ったのは、会社の先輩からでした。
先輩は当時バリバリの競技ゴルファー。
アマチュア競技のみならず、プロが出るオープン競技にも参戦していました。
上位に入った試合だと、新聞に名前とスコアが載ったりしていました。
そんな先輩のプレーを見るたびに、「上手いなぁ」、「でも、この人とはレベルも全然違うしなぁ」と毎回思っていました。

本格的にシングルを意識する

シングルの先輩を憧れの目で見ていた私ですが、ある日先輩から、こう勧められました。
「ハンディキャップを取ってみると、ゴルフは上手くなるぞ。」
そのころはハンデなるものも、実はよく理解していませんでした。
会社のコンペなどで行われるダブルペリア。
そこではハンデがつきますよね?
90でラウンドしたら、ハンデ20とか。
ハンデについては、それくらいの知識しかなかったのです。

オフィシャルハンデの存在を知る

そんな中、「オフィシャルハンデ」があることを知りました。
当時は、ゴルフ場の会員権を買ってプレーするなんて、夢のまた夢。
ですから、オフィシャルハンデなんて、取得のしようがないと思っていました。
そんなとき、先輩が教えてくれたのが、JGAのオフィシャルハンデ。
該当のコースでプレーして、スコアを入力していけば、会員権を持っていなくても、ハンディキャップを取得できるという仕組みです。


もちろん、会員権がないのですから、月例競技などには参加できない。
それでも、JGAやパブリック協会が主催する競技には参戦できると知ったのです。
それも、オフィシャルハンディキャップを取得すると、アンダーハンデ競技など、腕前に応じた競技もあるとのこと。
これは、接待ゴルフや仲間内コンペに少々飽きていた私には、興味が湧く話でした。

ほどなく、自分のスコアをPGSパブリックゴルフ協会に登録するようになりました。
当時の腕前は、アベレージ90台だったので、初めて取得したハンデは16でした。

それが良いのか悪いのかも実感としては、正直、わかりません。
ただ、仲間内では上手い、競技ゴルファーとしては、全然ダメというレベルであることは、何となくですが理解していました。

シングルは憧れから目標に

始めて取得したオフィシャルハンディキャップ。そのときに、先輩から言われたのが、
「これが上達の始まりだぞ!」でした。
つまり、ゴルフの腕前って、大抵の場合、相対評価なのです。
「何となく上手い」とか、「すごく上手い」とかですね。

それが、オフィシャルハンディキャップを取得することで、目標が「数値化」されます。
これは当時の私にとっては、かなり衝撃的でした。
数値と言えば、ベストスコアを更新するくらいしか頭にはなかったのです。

さぁ、オフィシャルハンデは取得した。
ただ、それからが大変なのは、皆さんが想像する通りです。
でも、想像よりも、実は苦労とか、少なかったと思います。
それは、「何としてでもシングルになる!」といった気持ちが薄かったからかもしれません。
ゴルフをするときの気持ちは、「基本は楽しくプレーしよう」
このことは、片手シングルになった今でも変わっていません。

コメント