岸部桃子優勝 ツインフィールズレディース2021

お天気には恵まれなかった、2021年のツインフィールズレディース。
特に最終日はスタート時刻を遅らせましたが、途中、激しい降雨により中断。
早い組でプレーした、岸部桃子さんが67のベストスコアを出し、3人のプレーオフを制しての優勝です。
大会の振り返りは、目次からジャンプしてください。

スポンサーリンク

事前情報

ツインフィールズレディース2021は、5月19日から3日間で開催されます。
大会前に選手2名が、新型コロナウイルス感染症の陽性となりましたが、大会関係者に濃厚接触者はなく、無事に行われる予定です。
放送予定やペアリングを書いています。

「ツインフィールズレディーストーナメント」新型コロナウイルス感染症の陽性者発生に伴う濃厚接触者の判定について|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

大会概要

大会名称:ツインフィールズレディーストーナメント
開催コース:ゴルフクラブ ツインフィールズ ゴールドコース (6,532 Yards/Par 72)
開催期間:5月19日~5月21日
賞金総額:2,000万円
優勝賞金:360万円
優勝副賞
■アパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>
インペリアルスイート宿泊招待券(1泊30 万円相当)
鉄板焼「七海」お食事券(2万円相当)
アパホテルオリジナル3Dメッシュまくら「Air Relax( エアーリラックス)」(1万円相当)
提供:アパホテル株式会社
■エステ券(1年間無料券)
提供:株式会社テルズ&クイーン
特別賞◆ホールインワン賞(16番ホール /最終日のみ達成者全員)
賞金50 万円+アルバカレー 1 年分
提供:加賀電子株式会社
◆イーグル賞(17番ホール /最終日のみ達成者全員)
賞金30万円+「 Dyson Supersonic Ionicヘアドライヤー 」
提供:株式会社アイ・オー・データ機器
◆ベストスコア賞(最終日のみ達成者全員)
・小松市特産品 提供:小松市
・能美市特産品 提供:能美市
◆決勝ラウンド進出賞(決勝進出者全員)
スマホ用CD レコーダー 「 CD レコ」 または、スマホ用カラオケマイク 「 SINGASONG 」または、Bluetoothワイヤレススピーカー「Creative MUVO Play」
提供:株式会社アイ・オー・データ機器
◆指定外ホールインワン賞
賞金10万円
提供:加賀電子株式会社
◆バーディー賞(18番ホール/最終日のみ達成者全員)
賞金10万円
提供:ツインフィールズ株式会社
出場人数:120人(予定)
決勝進出順位:2R終了時 60位タイまで (予定)
主催:一般社団法人日本女子プロゴルフ協会
共催:ツインフィールズ株式会社
特別後援:加賀電子株式会社
特別協賛:株式会社アイ・オー・データ機器、アパホテル株式会社、株式会社伊藤園、 株式会社テルズ&クイーン
大会URL:こちらです。

放送予定

いつものスカイAです。

CS放送「スカイA」、ゴルフ専門サイト「スカイAゴルフLIVE」 ※生中継
5月19日(水)8:00~11:00 12:30~16:30(予定)
5月20日(木)8:00~11:00 12:30~16:30(予定)
5月21日(金)8:00~11:00 12:00~16:00(予定)

初日のペアリング

初日のペアリングが発表になっています。こちら
さらっと見たところ、フィールドは厚くない感じです。
個人的な応援選手、木下彩、リハナ両名は出場です。

と言うのも、今週末のレギュラーツアーは、中京テレビブリヂストン。
こちらに、小野祐夢さんとか川満陽香理さんらが出場予定。
その関係もあるかと思います。
佐藤靖子さんは、こちらのステップに出場です。

大会の見どころ

ということなので、応援選手を絶賛応援です。
前回は、川岸史果さんが突然勝ったという印象があります。
ちょっと今回の出場選手を見る限りでは、少し予想が難しいですね。
歴代優勝者を見る限りでは、新人よりも経験者が強い傾向です。

優勝は逆転で岸部桃子

初日、2日目ともに曇天で、時々の雨。
ゴルフ日和とは言えないものの、スコアは出やすく見えました。

しかし、初日、2日目ともスコアは伸び切らず、混戦のまま最終日を迎えます。
そして、最終日。
するすると6バーディー、1ボギーで岸部桃子さんがリーダーボードを駆け上がります。
早いスタートだったので、-4で、暫定的にクラブハウスリーダーです。

しかし、最終組とその前。
竹山佳林、福田侑子の両選手は、17番までで-5にまで伸ばしていました。
最終18番は難関ホール。
ここで、両選手ともボギーとしてしまい、3人のプレーオフとなりました。

悪いイメージがあったか、竹山佳林、福田侑子の両選手はプレーオフでもボギー。
一方で岸部さんはバーディー逃しの楽々バーディー。
1ホールで決着し、優勝となりました。

ステップ1勝目から間が空きましたが、岸部桃子さんはステップ2勝目です。

桃子の5月 岸部が鮮やかな大逆転V|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

奇しくも5月はレギュラーツアーで、上田桃子、大里桃子の両選手が勝ちました。
ステップでは岸部さんが勝ちましたので、こうなりますね。

最終の上位陣。全体がこちらです。

安定感の光るリハナ

初日、2日目と静かなプレーの印象だった、応援選手のリハナさん。
終わってみれば、-2の5位タイと賞金を積み上げ、ステップの賞金レースをリードしています。
19歳ながら、そのプレーぶりは解説の森田理香子さんも太鼓判。
いわゆる新世紀世代、2001年生まれでツアープレイヤーは4人。
笹生優花、山下美夢有、西郷真央、そして、単年登録のリハナさんです。
つまり、リハナさんは、最終からですがプロテストに登場ということになります。

コメント