全米女子オープン 日本勢8人に出場権

最難関と言われるメジャー、全米女子オープン。
日本勢8名の出場権が決まりました。

畑岡、上田らが新たに出場権 「全米女子オープン」日本勢は8人に
米国ゴルフ協会(USGA)は1日、当初の6月から12月に延期となった海外メジャー「全米女子オープン」(12月10~13日/テキサス州チャンピオンGC)の出場資格を発表。昨年「AIG全英女子オープン」を制し、すでに資格を保有している渋野日向子ら日本勢8人が出場権を得た。新型コロナウイルス感染拡大の影響で予選会が中止となっ...

既に出場権を獲得していたのが3選手。
全英女子オープン優勝の渋野日向子さん。
昨年、全米女子オープン5位の比嘉真美子さん。
そして、TOTOジャパンクラシックで勝った鈴木愛さん。
LPGAツアー上位の畑岡奈紗さん。

そして、例年であれば世界ランキング50位までが出場なのですが、
今年は新型コロナウイルスの影響で、世界各地の予選会が中止。
そのため、世界ランキング(3月16日時点)上位75人まで出場権が広がりました。

結果、以下の選手がこの資格によって出場権を獲得です。

稲見萌寧さん(59位)
河本結さん(62位)
上田桃子さん(63位)
勝みなみさん(67位)

ここ数年は、日本予選会を勝ち抜いてアマチュアの出場権ゲットがありました。
去年で言えば吉田優利さんですね。

今年は予選会が無いのが残念ですが、仕方ないでしょう。
全米女子オープンは、12月10~13日にかけて開催の予定です。

コメント