西村優菜優勝! ワールドレディスサロンパスカップ 2021

2021年初のメジャー、ワールドレディスサロンパスカップ。
例年通り、茨城ゴルフクラブ東コースで開催です。

スポンサーリンク

大会初日

コースコンディションは非常に良い。
気温、風もですが、メリハリの効いた、コースセッティング。
そして、13フィート超えの、今年最速のグリーン。

上位陣は、バラエティに富んだ顔ぶれとなりました。全体がこちら

最近は若手中心だったのですが、先週の上田桃子さんの活躍が刺激になったか。
ベテラン勢も久しぶりに上位に名を連ねています。

初日で驚いたのは、4パット、5パットが出たことですね。
それも、今季優勝者がです。
それだけ、カップ位置が微妙であった証であると思います。

大会2日目

大会2日目も、天候とコンディションは最高。
初日に続き、グリーン勝負という様相が強くなりました。
そんな中、スーパーショットも飛び出しました。

https://twitter.com/JLPGA_official/status/1390513655494569984

そのスーパーショットを決めた上田桃子さん、好位置です。

上田桃子 人生初のダンクイーグルで65|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

65というスコアは、大会レコード。
しかし、もう1人大会レコード、65を出した選手が首位です。

『数撃てば当たる』高橋彩華が一気の65|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。
高橋彩華が首位 上田&鈴木1打差 原英莉花は巻き返し予選通過
◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 2日目(7日)◇茨城GC東コース◇6630yd(パー72) 4打差11位で出た高橋彩華が大会コース記録となる8バーディ、1ボギーの「65」をマーク。初優勝へ通算9アンダーとして単独首位に立った。 2週連続優勝を狙う上田桃子も「65」。2019年賞金女王・鈴木愛、若手...

高橋彩華さん、予選ラウンドは無敵に近いですね。
課題は決勝ラウンド、そして、最終日。
今度は、最後まで走り切ることができるでしょうか?

2日目を終わっての上位陣。全体がこちら

見ると、大変バラエティに富んだ上位陣です。

年齢で言えば、2位タイにいる上田桃子さん34歳、西郷真央さん19歳。
身長で言えば、大里桃子さん、171cm、西村優菜さん、150cm。
キャラで言えば、元祖ギャルファーのキンクミちゃんと、現ギャルファーの臼井麗香さん。
色々な意味で楽しみな決勝ラウンドです。

予選カットラインは、+2、56位タイまでで、69人。
+2を見ると、薄氷で滑り込んだ原英莉花、松田鈴英の両選手。
執念で出場を勝ち取った西山ゆかりさんや、ステップの王者、リハナさんもいます。
ステップ組と言えば、木下彩さんも予選通過。

単年登録の応援選手、高木優奈さんは、-2、26位で決勝ラウンドです。

大会3日目

大変、濃密な大会3日目となりました。選手の本音からいきますか。

テレビで見ていてもそう思えました。
ピンポイントでグリーンをとらえていかなければならないショット力。
加えて、一見、近くに付いても、バーディーチャンスとは言い難い難しさ。
そんな中ですが、3打差をつけ、首位に立ったのが、

単独首位から“トップ10入りを目指す”高橋彩華 その心は?
◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 3日目(8日)◇茨城GC東コース◇6630yd(パー72) 高橋彩華は3打リードの単独首位で迎える最終日に向け、「優勝したい」という言葉は使わずに「トップ10に残る“いい貯金”ができたかな」と語った。 5度目の最終日最終組。初日から首位を走った2019年「ニチレイレ...

何度目の最終日最終組かと思ったのですが、5度目ですね、高橋さん。
しかし、あれだけ難しいピンポジを落ち着いたプレーで、ノーボギーの69。
見事なラウンドだったと思います。

混戦で迎える最終日ですが、ある程度、候補は固まってきたように見えます。

プレー全体として最も危なげないゴルフをしている、西村優菜さん。

西村優菜は三度目の正直 逆転Vへ「狙えない位置ではない」
◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 3日目(8日)◇茨城GC東コース◇6630yd(パー72) 20歳の西村優菜がプロとして国内メジャー大会に臨むのは4度目。そのうち2020年9月「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」と同11月「ツアー選手権リコーカップ」では最終日最終組もタイトルには手が届かなった。...

そして、先週からの好調キープの大里桃子さん。

大里桃子は首位の“仲良し”を追う立場 「あしたは彩華ちゃんを応援できない」
先週は同郷熊本の大先輩、上田桃子にプレーオフで敗れて2位となった大里桃子。1週間で再び優勝のチャンスが巡ってきた。首位の高橋…

加えて、これは期待値も入りますが、西郷真央さん。

大会史上最年少Vへ 19歳・西郷真央が3打差2位
◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 3日目(8日)◇茨城GC東コース◇6630yd(パー72) 8アンダーから出た西郷真央は2バーディ、1ボギーの「71」で回り、トップと3打差の通算9アンダー2位で最終日を迎える。今大会の最年少優勝は2019年大会を20歳178日で制した渋野日向子。西郷が優勝となれば...

この辺りを中心に優勝争いが繰り広げられそうです。
しかし、スコア上は混戦。パッティングの調子がカギを握りそうです。
それと、風が出ると、ワンチャン、上田さん、岡山さんも来るかもしれません。

3日目終わりの上位陣。全体がこちら

大会最終日

大会最終日も、予報より風は穏やか。ただし、グリーンが素晴らし過ぎるほど。
コンパンクションが24.5、スティンプが14フィートと、これぞメジャーです。

前半フロントナインは、最終組が適度な緊張感を持って進める良い展開。
中盤までは、-11から-12くらいで、誰かが優勝かと思っていました。

ところが、CSの放送が終わり、ツイッターで確認してみると、

それは、聞いてない。(^▽^;)
いや、いくら何でもストロークが離れているので、稲見さんは無いだろーと思っていました。

そんな追い上げを知ってか、知らずか、安定感抜群の西村さんも伸ばします。

終盤、見事なバーディー攻勢。
17番でバーディーを奪取した時のスコアは-14。
トーナメントレコードを更新していました。
そうなると、誰も追いつけない。
最後まで、見事としか言いようのない優勝でした。

3日目を終わった時点で、西村さんを優勝候補の一角に入れました。
しかし、想定した優勝スコアは-12。
西村さん目線で言えば、4日間とも69で-12だったのです。
それが、最終日、難しいグリーンコンディションの中、67です。

思えば、初優勝の三菱電機レディスの武蔵丘。
あの試合も、グリーンは無茶苦茶速かった。
これぞ、西村さんの真骨頂という感じがします。

最終日の上位陣。全体がこちらです。

さて、毎年ですが、この大会の最終日は母の日です。

メジャー初Vの西村優菜「いつもありがとう」母の日に感謝の涙/一問一答
◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 最終日(9日)◇茨城GC東コース◇6630yd(パー72) 通算9アンダー2位タイから出た20歳の西村優菜が6バーディ、1ボギーの「67」で回り、通算14アンダーで3打差を逆転してメジャー初勝利を挙げた。2016年大会を制したレキシー・トンプソンの通算13アンダーの...

―きょうは母の日
いつも自分のゴルフについてきてくれて、犠牲になっている部分はあると思うので、この日に勝てたのはうれしいです。「いつもありがとう」と伝えたいです。

ただ、同世代や近い世代の選手に比べると、西村さんがご両親にかける負担は、決して多くはなかったと思います。
ご承知の通り、良くできた子なので。
ですから、この優勝こそが、最高のプレゼントになったと思います。

コメント