【ご褒美はアイス】古江彩佳が圧巻初優勝!2022スコットランド女子オープン

AIG全英女子オープンの前哨戦として知られる、スコットランド女子オープン。首位と4打差スタートの最終日、古江彩佳さんはコースレコードの-10、62をたたき出し、圧巻のLPGAツアー初優勝を飾りました。優勝スコアの-21もトーナメントレコードです。

スポンサードリンク

10バーディーを奪取した圧巻の最終日

何しろ、中継の画面が映るたびに驚愕でした。
常にフェアウエイから、グリーンを狙いピンを筋ってパッティングを決める。
6連続を含む10個のバーディーは、何と見事なショーだったと思います。

確かにスコットランドとしては、風は穏やかでしたが、伸ばした上位陣の中でも突出です。
TODAY-10が光る上位陣。全体がこちら

気持ちはフラットだった最終日

途中の6連続バーディーをはじめ、高揚感はあったはずです。
少なくとも、首位争いに加わったことは、ボードを見なくても感じるはずです。
ところが、ここが古江彩佳さん、持ち前の強さです。

圧巻Vもアクション控えめ 古江彩佳が徹底した「気持ちをフラットに」
◇米国女子◇トラストゴルフ スコットランド女子オープン 最終日(31日)◇ダンドナルドリンクス (スコットランド)◇6584yd(パー72) 15番で尾根越えの10mのバーディパットをねじ込み単独首位に立ったが、リアクションは歓声に小さく手を挙げて応えるのみ。ボギーなしの10バーディ、大会記録の「62」をたたき出しても...

15番で上からの難しいロングパットを決めても、大歓声に軽く手を挙げるだけ。
そして、優勝を意識した17番も上からの7mと決めるのは簡単ではないパッティングです。

優勝を強く意識したのは17番に入ってから。前のホールでスコアボードのトップに立つ自分の名前を確認し、「これを決めれば、確実になる」とバーディパットを打つ自分にプレッシャーをかける。7m弱を決めて通算20アンダー、2位に2打差をつけていた。

下りで左に曲がるラインでしたが、読み切りを信じて、「ガッコン」と入れ切りました。
そして迎えた最終の18番。飛ばし屋は2オンも狙えますが、さすがに古江彩佳さんはレイアップを選択。

18番グリーンに上がるときには、優勝する自分の姿が浮かんでいた。「最後のバーディパット、決めたいなって。外れるのはかっこ悪い」としっかり決めてコースレコードの「62」。歓声を上げるギャラリーに控えめに手を振り、ここでもガッツポーズは出なかった。

2019富士通レディースでアマチュア優勝をしたときと同じ、あくまで自分のペースを貫いた。
いかにも古江彩佳さんらしい、LPGAツアー初優勝だったと思います。

古江彩佳が達成した記録

まずは、この大会についてですが、最終日の62と通算の-21は大会レコードとなります。
加えて、海外ツアーで日本人選手が勝つのは11人目となります。
※いわゆる、日本国内で行われた日米共催試合を除く。
※現TOTOジャパンクラシックで以前はMIZUNOや東レ、マツダが冠でした。

この日本開催以外での優勝を除くと、海外での過去の優勝者は以下の通りです。

古江彩佳は海外で11人目となる米ツアー優勝! これまでの日本勢の優勝者一覧
古江彩佳がルーキーイヤーに米ツアー初優勝を達成した。日本から米ツアーに参戦した選手の先駆けといえば樋口久子だが、その樋口以降…

■樋口久子 2勝
1977年 全米女子プロゴルフ選手権 ほか
■岡本綾子 17勝
1982年 アリゾナ・クーパークラシック ほか
■小林浩美 4勝
1993年 JAL・ビッグ・アップルクラシック ほか
■福嶋晃子 2勝
1999年 ザ・フィリップス招待 など
■宮里藍 9勝
2009、11年 エビアン・マスターズ など
■宮里美香 1勝
2012年 セーフウェイクラシック
■野村敏京 3勝
2016年 スウィンギング・スカートLPGAクラシック など
■畑岡奈紗 6勝
2018年 ウォルマートNWアーカンソー選手権 など
■渋野日向子 1勝
2019年 全英AIG女子オープン
■笹生優花 1勝 ※優勝当時はフィリピン国籍
2021年 全米女子オープン

これらビッグネームの仲間入りを果たしたことになります。

LPGAからもハイライト記事が出ています。

Ayaka Furue Becomes Rolex First-Time Winner with Course Record 62 | LPGA | Ladies Professional Golf Association
LPGA Tour rookie Ayaka Furue came to play on Sunday at the Trust Golf Women’s Scottish Open, ultimately claiming her first LPGA Tour title after firin...

長い記事ですが、2022シーズンでの5人目のツアー初優勝者であると紹介されています。

そして、思い返してみれば、62というスコア、-21というスコアは日本国内ツアー参戦中にもありませんでした。つまり、古江彩佳さんの自己ベストをスコットランドで、しかもLPGAツアールーキーとして達成したことになります。

勝負メシはお茶漬け、ご褒美はアイス

初優勝なので、ツアーや記者からのインタビューも受けますし、スピーチもありました。
いかにも古江さんらしいのは、ここでもマイペースなんですよね。

勝負メシはお茶漬けと…古江彩佳はスコットランドで初の日本人優勝者に/一問一答
◇米国女子◇トラストゴルフ スコットランド女子オープン 最終日(31日)◇ダンドナルドリンクス (スコットランド)◇6584yd(パー72) 首位と4打差から出た古江彩佳が、コースレコードの「62」をマークして逆転優勝を決めた。スコットランドでのツアー競技で日本人選手が勝つのは初めて。現地メディアから伝えられ、「うれし...

―最終日の朝食
「お茶漬けと、チョコのコーンフレーク食べました」
―次週「AIG女子オープン(全英女子)」に向けて
「また切り替えて、来週は来週で頑張りたいです。疲れていると思うので、まずはしっかり休んで来週に備えたい」
―今夜の予定
「寝ます(笑)」

何とも、いつもの古江彩佳さんらしい。
良い意味で、本当に性格も見た目も庶民派なのですが、やることが尋常では無い。
最終日には、キム・ヒョージュ選手が同組で、彼女も66と好プレーでした。
しかし、最後のパッティングを決めた古江さんを見て、苦笑いしながら首を横に振っていました。
おそらく、「すげぇプレーだったなぁ」くらいの感想を持ったのではないでしょうか?

古江彩佳の道は続く

さて、休む暇もなく、次戦はご存知のメジャー、AIG全英女子オープンです。
それもあって、早々に「寝ます」と答えたと思います。
同じスコットランドのリンクスとは言えど、何せ、あのミュアフィールドです。
男子の全英オープンではおなじみですが、女子では初となります。
天候やスコアも含め、予想など全く立たないですが、期待に胸が膨らみます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ayaka Furue(@ayaka_furue27)がシェアした投稿

まずは、本当に優勝おめでとう!

コメント