スポンサードリンク

【決定】2022 第1回 JLPGA リランキング

女子ゴルフ2022シーズン前半戦の戦いは、ニッポンハムレディスで一区切り。第1回リランキングの順位が確定し、後半戦、第2回リランキングまでの出場優先順位が確定しました。リランキングの結果と、その内容について解説します。

リランキングとは?

JLPGAにより、下記の通り制度が規定されています。

シーズンの途中(リランキング基準競技終了後)に、シード選手及び当該年度優勝者以外のTP登録者を、メルセデス・ランキング上位順に並び替え(並び替えたリストをリランキングリストという)、リランキング実施競技から、リランキングリストに基づき出場資格を付与する。

●2022年度実施時期

第1回目(予定)
基準競技:週番号第27週「ニッポンハムレディスクラシック」
実施競技:週番号第29週「大東建託・いい部屋ネットレディス」

第2回目(予定)
基準競技:週番号第38週「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」
実施競技:週番号第40週「スタンレーレディスゴルフトーナメント」
●注意事項
※リランキング実施時、獲得ポイントが同じ場合の優先順位は次の通りとする。

・JLPGAツアー規定第15条第1項第5号及び第6号該当者(本号内の優先順位は、前年度のメルセデス・ランキング上位順とする。)
・JLPGAツアー規定第15条第1項第7号該当者(本号内の優先順位は、前年度のステップ賞金ランキング上位順とする。)
・QTランキングリスト上位順
・生涯獲得賞金ランキング上位順
※リランキング後は、現地ウェイティングもリランキングリストの優先順位により行う。

2022年度第1回リランキングの考え方

JLPGAツアーの試合は、各大会によって出場選手は若干異なりますが、標準的な108名を例に取ると、18名が各主催者枠となり、残りの90名がJLPGA枠となっています。
90名の枠の内、優先はシード選手。それ以下が今回のリランキングによって出場優先となります。
※シード選手には、単年シードはもちろん、複数年シードや永久シードも含まれます。

仮に単年シード選手50名が大会に参加すると仮定すると、単純計算で、リランキング上位40名が出場の目安となります。

40位以下の選手は、シード選手の欠場などがあった場合に、順次繰り上がりで出場権が生まれます。
また、このリランキング適用により、昨年末のQTランキングはリセットされたことになります。

2022年度第1回リランキングの結果

第1回リランキングは、以下の通り決定しました。全体がこちら

順位氏名獲得ポイント試合数QT
1黄 アルム605.45pt176
2福田 真未398.48pt178
3ささき しょうこ386.97pt19
4佐久間 朱莉354.82pt1914
5岸部 桃子349.95pt1722
6後藤 未有322.96pt1917
7桑木 志帆288.88pt1913
8永井 花奈282.53pt1741
9石川 明日香280.30pt182
10佐藤 心結277.71pt1911
11阿部 未悠276.69pt1923
12沖 せいら266.19pt1835
13安田 祐香257.34pt1820
14林 菜乃子252.60pt19
15木下 彩242.12pt199
16小倉 彩愛231.42pt1912
17葭葉 ルミ220.92pt1925
18金田 久美子216.68pt887
19天本 ハルカ208.72pt1932
20石井 理緒205.80pt1910
21川岸 史果195.82pt193
22内田 ことこ191.70pt1926
23大出 瑞月191.21pt194
24福山 恵梨190.06pt187
25辻 梨恵180.30pt8157
26河本 結179.72pt19
27上野 菜々子168.60pt1930
28尾関 彩美悠161.81pt958
29木戸 愛160.50pt1350
30岩井 明愛156.83pt870
31リ ハナ152.81pt19
32竹内 美雪143.03pt1836
33岩井 千怜136.95pt990
34蛭田 みな美136.76pt1445
35工藤 遥加127.70pt1933
36横峯 さくら109.10pt1621
37セキ ユウティン108.35pt1142
38大城 さつき91.73pt1816
39松森 彩夏89.31pt1937
40山城 奈々88.13pt468
41吉本 ひかる86.52pt1638
42脇元 華85.22pt879
43竹山 佳林82.33pt1927
44鶴岡 果恋78.32pt18
45安田 彩乃76.10pt1066
46小野 祐夢74.48pt19
47工藤 優海67.73pt1640
48岩橋 里衣61.12pt1824
49藤本 麻子57.05pt1628
50竹田 麗央52.30pt5133

各大会により、40位前後の選手の出場は異なりますので、50位までを掲載しています。

第1回リランキング上位選手の傾向

第1回リランキングを上位で通過した顔ぶれから、傾向と特徴を見てみます。

下克上で食い込んだのは10名

上位という定義ですが、目安として40位としています。
つまり、昨年末のQT時点で40位より下の選手で、今回40位以内に入った選手です。
上位順に以下の通りとなります。

順位氏名獲得ポイント試合数QT
8永井 花奈282.53pt1741
18金田 久美子216.68pt887
25辻 梨恵180.30pt8157
28尾関 彩美悠161.81pt958
29木戸 愛160.50pt1350
30岩井 明愛156.83pt870
33岩井 千怜136.95pt990
34蛭田 みな美136.76pt1445
37セキ ユウティン108.35pt1142
40山城 奈々88.13pt468

最上位の永井花奈さんは、昨年末のQTが41位でしたので、全19試合中17試合に出場できました。
実力からしても、順当にポイントを重ねて、QTを上回るリランキング順位を確保したと言えます。

また、ベテラン勢では、金田久美子、辻梨恵、木戸愛の3選手が、それぞれ出場試合が8、8、13と少ない中でポイントを稼ぎ、リランキング上位に食い込み、後半戦の出場権を獲得です。

新人12名が第1回リランキングをクリア

新人選手も健闘しました。上位に食い込んできた新人は、以下の12名です。

順位氏名獲得ポイント試合数QT
4佐久間 朱莉354.82pt1914
6後藤 未有322.96pt1917
7桑木 志帆288.88pt1913
10佐藤 心結277.71pt1911
11阿部 未悠276.69pt1923
16小倉 彩愛231.42pt1912
19天本 ハルカ208.72pt1932
22内田 ことこ191.70pt1926
27上野 菜々子168.60pt1930
28尾関 彩美悠161.81pt958
30岩井 明愛156.83pt870
33岩井 千怜136.95pt990

今季は、2020年度と2021年度プロテストが、昨年で2回実施されたため、ルーキーも例年の2倍である、40名強が対象となります。
2020年度プロテスト、トップ合格の佐久間朱莉さんは、順当にQTとリランキングをクリアし、周囲の期待に応える前半戦だったと思います。
同様に、QTと前半戦の両方を頑張って、後半戦の出場権を獲得したのが、後藤未有、桑木志帆、佐藤心結、阿部未悠、小倉彩愛、天本ハルカ、内田ことこ、上野菜々子といった選手です。

逆に言えば、その他の選手は、限られた出場機会で結果を残し、這い上がってきたと言えます。
具体的には、尾関彩美悠、岩井明愛、岩井千怜の3選手です。
3選手の前半戦は、ステップアップツアーとレギュラーツアーのかけもちからのスタートでしたが、後半戦は、レギュラーツアーが主戦場として戦えます。

第1回リランキングで厳しかった選手

下克上の逆で厳しい結果となった選手もいます。
こうした選手は、後半戦をステップアップツアーを戦いの主戦場とするか、レギュラーツアーの推薦を主催者からもらう、または、主催者推薦選考会を突破しての参戦といった、スケジュールの組みなおしが必要となります。

前半戦を戦ったものの、リランキングで上位に食い込めなかった、主な選手です。
※リランキング順位で50位以下から抜粋。

順位氏名獲得ポイント試合数QT
51高木 萌衣51.10pt1829
53吉川 桃45.86pt1831
59淺井 咲希37.42pt19
60下川 めぐみ34.04pt181
62西木 裕紀子27.07pt1618
66東 浩子24.38pt1515
68新垣 比菜22.20pt1919
71永嶋 花音16.19pt185
74川満 陽香理12.75pt1834
80佐久間 綾女7.28pt1739

第1回リランキング以降の目標圏

第1回リランキングの次の目標と言えば、第2回リランキングです。
第2回のリランキングは、9月のミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンです。
しかし、この時点になると、ツアーも終盤戦に入ります。
そうなってくると、切実な目標は、シード権の確保ということになります。
ポイント制に一本化されたのは、2022年度が初年度です。
※2020-21シーズンは賞金獲得額とメルセデスポイントの併用制。

そのため、どのくらいのポイントが目安となるかは、現時点では言えません。
いずれにしても、最後の最後まで、熾烈な争いが続くことには間違いがありません。

メルセデスポイントの付与についての参考記事

2022 女子ゴルフ メルセデスランキングとポイント制
2022年のシーズンから女子ゴルフの指標が、賞金獲得額からポイント制を基本としたメルセデスランキングに完全移行されます。20-21シーズンは併用の移行期間だったのですが、ポイント制で何が変わるのか、試合毎のポイント配分テーブル、配分方法を解説しています。

第1回リランキングとメルセデスランキングの関係

最終的なシード権は、メルセデスランキングのポイント、上位50人になります。
第1回リランキングをクリアし、メルセデスランキングのポイントでも上位に入っている選手について、その関係は以下の通りとなっています。
※右端のらんを、メルセデスランキング(MR)として記載。

順位氏名獲得ポイント試合数QTMR
1黄 アルム605.45pt17613
2福田 真未398.48pt17823
3ささき しょうこ386.97pt1924
4佐久間 朱莉354.82pt191426
5岸部 桃子349.95pt172228
6後藤 未有322.96pt191729
7桑木 志帆288.88pt191332
8永井 花奈282.53pt174134
9石川 明日香280.30pt18236
10佐藤 心結277.71pt191138
11阿部 未悠276.69pt192339
12沖 せいら266.19pt183541
13安田 祐香257.34pt182042
14林 菜乃子252.60pt1944
15木下 彩242.12pt19945

コメント