JLPGA

QTとプロテスト

JLPGA 2021出場人数増枠予選会

JLPGAでは、出場機会の増枠を念頭に、2021年に開催される大会で、出場人数の増枠があった場合、その優先順位を決める新たなクォリファイングトーナメントの実施を決定しました。その概要を書いています。
0
女子ゴルフトピックス

女子ゴルフツアー コースセッティングに思うこと

2020年の女子ゴルフJLPGAツアーは、三菱電機レディスで10戦が終了しました。この10戦を振り返ると、最も難易度が高かったのが、三菱電機レディスだと思います。硬くて速く、傾斜のあるグリーン。芝目の立ったラフ。2ケタアンダーは2選手。しかし、こういったセッティングが、選手のレベルアップにつながると思います。
0
プロのゴルフギア

2020 ドライビング女王コンテンストの使用クラブ

JLPGA公認のドライビング女王コンテンスト。恒例かつ歴史も重ねましたね。2020年の出場は12選手。優勝は笹生優花さんで270ヤード。今回登場した選手のドライバースペックの一覧です。クラブセッティングもわかる範囲で併記しています。
0
女子ゴルフトピックス

大会従事者へのクラウドファンディングと思うこと

この度、青木瀬令奈、有村智恵、石川遼の3選手が発起人となって、キャディをはじめとするゴルフトーナメント業務従事者向けの支援を立ち上げました。方法はクラウドファンディング。この素晴らしい取り組みにより、3000万円を超える金額が集まりました。
2
女子ゴルフトピックス

コロナ禍の女子プロゴルフ 2020年6月8日現在

2020年、世界はコロナウイルスという大きな試練と向き合うことになりました。ゴルフも当然影響を受けています。この記事では特に女子ゴルフツアーに焦点を当て、時系列にツアー再開までの動きを取り上げています。開幕から中止が続きましたが、2020シーズンはアース・モンダミンカップで再開です。
0
QTとプロテスト

2019 JLPGA プロテストの規定変更と結果

黄金世代やプラチナ世代、ミレニアム世代の台頭で、活況を呈する女子ゴルフツアー。彼女たちの技術はレベルも高く注目に値します。近年、急速にハードルの上がったJLPGAプロテスト。その主な規定変更と、2019年合格者について書いています。また、2020年のプロテスト規定も若干の変更があり、記載しています。
0
女子ゴルフトピックス

メディアは理解できていないLPGA放映権問題の本質

LPGAが主張する放映権問題について、マスコミの報道はあまりにも、稚拙に思います。そもそも放映権はツアーが持つべきものなのに、場当たり的な批判が目立ちます。今後の女子ゴルフツアーが発展していくためにも、マスメディアは協力すべき立場であると思います。
0