安田祐香と西村優菜の健闘

アジアパシフィック女子アマ、2日目はとんでもない荒天でした。
初日と飛距離が100ヤード違うってホールもあって、めちゃめちゃ大変だったのです。
スイングに入れない、パッティングでも風で押し戻される光景が散見されました。

スポンサーリンク

健闘した日本選手

そんな中、健闘した日本勢の話をしましょう。

安田祐香

安田祐香さんは、この荒天を、ベストスコアで乗り切りました。

雨、風、寒さの中でベストスコア 安田祐香が5位に浮上アジアパシフィック女子アマ
◇女子アマチュア競技◇アジアパシフィック女子アマチュア選手権 2日目(26日)◇ザ・ロイヤルGC(茨城県)◇6431yd(パー72) 初日に24.8度まで上がった気温は、この日は最高でも12.5度。朝から冷たい風と小雨が吹き乱れ、初夏から真冬へと急変したコンディションに、平均スコアも初日の「73.4」から「82.9」へ...

全体のスコアなんですが、初日の73.9から2日目は82.9となったのですね。
あるパー5は初日4.6から6.1になんて、とんでもないことになりました。
それでも安田さんは、持ち前の冷静さでプレーしていたのですね。記事から引用します。

「この風と寒さなら、絶対にスコアは伸びない。耐えるゴルフの方が自分にはあっている」と言い聞かせてスタートした。序盤にダブルボギーが先行したが、「そのあとうまくパーを拾えたし、ティショットも風の中できっちり打ちたいところに打てていた」と、安定感は失わなかった。

バーディーを獲っても、ボギーを打っても表情を変えないクールな安田さん。
このあたりに、ゴルファー強さの1つの要素、メンタルの安定があります。

西村優菜

さて、もう1人は西村優菜さん。前回大会2位です。

雨中でただ1人のセルフプレー 西村優菜「しんどかった」アジアパシフィック女子アマ
◇女子アマチュア競技◇アジアパシフィック女子アマチュア選手権 2日目(26日)◇ザ・ロイヤルGC(茨城県)◇6431yd(パー72) 今大会に出場する日本人選手8人の中ではただ1人、キャディを雇わず手引きカートでセルフプレーをする西村優菜。雨にたたられた2日目は6オーバー「78」と落としたが、初日の「68」が効いて、通...

国際大会とは言え、アマチュアの試合。手引きカートのプレーも、中には散見されます。
そして、西村さん以外の日本勢はキャディをつけているのですが、西村さんだけは1人セルフ。
あの暴風雨だと、手引きカートを引いていくだけで、相当な苦労だったと思います。
「しんどかった」のは本音だと思います。

ただ、理由はかなり切実なので、引用します。

今大会でハウスキャディを使う場合、料金は1日1万8000円。「まず高いのと、親は共働きで来られないし、弟も学校で来られない。なので、自分でやることにしました」

西村さんのようなトップアマでも、金銭面での実情は楽ではないと実感します。
しかし、そういったことを感じさせることなく、黙々とプレーする姿には、感動しました。

そんな中でのスーパーショット。

コメント