スポンサーリンク

花の高3トリオ?

スポンサーリンク

「花の〇〇トリオ」って、平成生まれの人は、ピンと来るのかな?
昭和な私は、花の中3トリオで、ストライクですけど。(^▽^;)

ということで、久々に女子ゴルフで聞くことになった、「花の高3トリオ」
今年からプロテストの受験資格が変わり、17歳から受験可能になりました。
単年登録で既にツアーで実績を残している選手も受験した今年の熾烈なプロテスト。
私は事前の予想で、3人くらいは高校3年生が合格するのでは?と思っていました。
それは実現し、3人がファイナルQTも上位で通過。来季はレギュラーツアー参戦です。

“花の高3トリオ”は全員『内定』ゲット! 西郷真央「ジャンボさんにも報告します」【QTファイナル・コメント集】”

「内定ゲット」って、面白いタイトルをつけるなと思いました。
私も高校3年生が受験できるので、「就職試験」って書きましたけど。
・・・超難関の試験ですけどね。
私も予想した2人は、全く実績通りのプロテスト合格とQT上位通過です。

西郷真央さん(麗澤高校3年生)

2019年、日本女子アマチャンピオン。ジャンボアカデミー一期生。

「やっと終わりました(笑)。いくつ伸ばしても“絶対”はないので、気を緩めることができませんでした。でも風があるなかで(最終日)1アンダーで終えることができてよかった。今年のオフは昨年よりトレーニングを積んで、体を作りたい。来年は試合が毎週あるのでモチベーションがどれだけ保てるかが重要になりそうですね。(ジャンボ尾崎ゴルフアカデミーの1期生)ジャンボさんにはスコアと順位を報告して、試合に向けて頑張りますと報告します」

西郷さんはプレーを見る限り、体もある程度できているし、スイングも同様。
すでにある程度の完成度もあり、さらなる飛躍も期待できる逸材です。
アマチュア時代の戦歴はこちらです。

山下美夢有さん(大阪桐蔭高校3年生)

関西地区No.1プレイヤー、トヨタジュニアワールドカップ優勝にも貢献。

「落ち着いてプレーできました。寒いのは苦手です(笑)。すごく緊張していましたけど、自分のゴルフをしようということをずっと意識しました。体が小さい(身長150cm)ので、他の人よりも体力が落ちる。ごはんをたくさん食べて、体を大きくしたいです。目標は58kgです(現在54kg)。来年は上位争いができるように頑張っていきたいです」

山下さんは、クレバーなゴルフをするってイメージがあります。
大崩れをすることが少ない。あとは体力か?アマチュア時代の戦績はこちら

笹生優花さん(ユウカ・サソウとも書かれます)

日本人のお父さんと、フィリピン人のお母さんの間で生まれたので、国籍はダブル。
主に、フィリピン代表としての戦績がすごいです。
昨年は、アジアパシフィック女子アマで2位、今年はサントリーレディスでローアマ。

「タフな4日間で、最後まで簡単ではありませんでした。(米国でのプロ転向も視野に入れていたが)来年は日本でしっかりとやりたいです。リランキングも突破して、シードに入り、優勝も目指せるように。来年米ツアーを受けることは、今は考えていません。しっかりと日本で自分のベストを出して、最高のプレーをしたいです」

彼女は米ツアーのQスクールやジョージア大学への進学も視野に入っていました。
今回のインタビューを聞く限りでは、来季は日本ツアーに専念ですね。
大変な飛ばし屋でもあります。JGAのプロフィールがこちらです。

コメント