開幕前日 選手意気込み一気読み

いよいよ明日から開幕する女子ツアー、アース・モンダミンカップ。
タイトルにある、一気読みは自分が読んだ記事をまとめたという意味です。
備忘録的に書き残しておきたいと思います。

まずは、これが本音だろうなぁの上田桃子さん。

上田桃子「開幕戦なのに『久しぶり~』」の違和感
◇国内女子◇アース・モンダミンカップ 事前(23日)◇カメリアヒルズCC(千葉県)◇6622yd(パー72) 徹底した感染予防策に無観客試合という異例のシーズン初戦が112日遅れで開幕する。上田桃子は練習ラウンド終了後、リモート会見で「大会が開幕することになってからはあっという間。いよいよ開幕かというのが率直な気持ち」...

例年なら開幕戦は3月で、会場では「今年もよろしくお願いします」という挨拶が飛び交うのが恒例だが、今年は「開幕戦という雰囲気ではない。『久しぶり~』という感じではあったけど、これまでの開幕戦とはちょっと違うなという印象でした」と違和感を口にする。

これが、選手の本音かもしれないです。

そして、優勝を争うであろうの、注目選手たち。
去年の賞金女王、鈴木愛さん。

不安の開幕戦に名参謀 女王・鈴木愛は清水キャディとタッグ
◇国内女子◇アース・モンダミンカップ 事前(24日)◇カメリアヒルズCC(千葉県)◇6622yd(パー72) 賞金女王の鈴木愛は2020-21シーズン開幕戦を前にアイアンの不安を口にした。「すごく悪いというわけではないが、下(地面)から打つような(短い番手の)クラブの調子が良くない。練習場では打てるけど体の開きが早くな...

優勝請負人と言っても良いでしょう。
清水キャディを起用。2度目のタッグです。
鈴木さんからは威勢の良い声は出てませんけど、これはいつも通りです。

そして、誰もが注目している渋野日向子さん。

渋野日向子「先輩として見せなきゃ」ルーキーと同組/開幕前日の一問一答
◇国内女子◇アース・モンダミンカップ 事前(24日)◇カメリアヒルズCC(千葉県)◇6622yd(パー72) 渋野日向子が2020-21シーズン開幕を翌日に控えイン9ホールの練習ラウンドを行い、感触を確かめた。前日「15%」と答えた状態は「筋肉痛もとれてきて、ちょっと上がりました」。予選同組は横峯さくらと昨年プロテスト...

記事には一問一答が出ています。一部を転載します。

―横峯、西村と同組
(ペアリングを)見た瞬間は「さくらさんと回れる」と思って。昨年の「PRGRレディスカップ」の第2 ラウンド以来で、とても久しぶりなので楽しみな気持ちでいっぱいです。西村さんもプロとして初めて試合だと思いますので、無観客ではありますけど、みんなで盛り上げられたらいいなと思います。

思い起こせば、一昨年のこの大会がレギュラーツアーデビュー戦。
ホールインワンを達成して、600万円をゲットした。
また、去年は4位に入り、その賞金で全英への切符をもぎ取ったのです。
相性は悪くない大会です。

さて、優勝候補の1人と目される畑岡奈紗さん。

畑岡奈紗は海外メジャー優先表明も渡米時期は「全英女子」次第
◇国内女子◇アース・モンダミンカップ 事前(24日)◇カメリアヒルズCC(千葉県)◇6622yd(パー72) ちょうど2年前の2018年6月24日、畑岡奈紗は「ウォルマート NW アーカンソー選手権」で米ツアー初優勝を飾った。「ちょうど、きょうの練習ラウンド中に『コロナがなければ、今どこにいるはずだったか』という話にな...

去年は何しろ強さを見せつけた。
米ツアーに主軸を置きながら、国内メジャー2勝。
他を寄せ付けない強さだったのです。
また、中断前の米ツアーでも、2戦連続2位となっています。
自粛期間の試合勘だけが懸念されるところでしょうか?

さて、米ツアー組という面からはこの選手も、河本結さん。

河本結は米ツアーで通用するプレースタイルを磨く 再開初戦から参戦へ
◇国内女子◇アース・モンダミンカップ 事前(24日)◇カメリアヒルズCC(千葉県)◇6622yd(パー72) 今季から米ツアーに挑戦している河本結は今週も米国にいるはずだった。コロナ禍で主要ツアーの延期や中止が相次ぎ、日本ツアーが復活戦の場に。「この会場に来て雰囲気を味わうと、幸せというか、試合だなという雰囲気に感動し...

ニチレイレディス特別編のプレーを見ても、仕上がりは好調と見ます。

同じ黄金世代からは、原英莉花さん。

厳戒ムードに原英莉花 「新しい時代が来たんだな」 昨年の悔しさ生かす“秘密特訓”も敢行
明日25日(木)に初日を迎える「アース・モンダミンカップ」で、国内女子ツアーが今季の開幕を迎える。昨日23日からは、新型コロ…

去年は、息詰まる優勝争いを魅せてくれました。
ここも注目でしょう。

さて、原英莉花さんと同じくジャンボ軍団からは期待のツアールーキー。
西郷真央さん。現役高校生でプロテストに合格した逸材。
去年の日本女子アマチャンピオンでもあります。

ジャンボの秘蔵っ子・西郷真央がプロデビューへ 「堂々とプレーしたい」
昨年の「日本女子アマ」を制した注目ルーキーが、いよいよプロデビューだ。25日(木)から開催される国内女子ツアー開幕戦「アース…

西郷さんの立ち位置からすると、失うものは何もありません。
行くだけですね。

同じツアールーキーでも、優勝候補の一角に挙げられるのが安田祐香さん。

安田祐香が不安と緊張のプロデビュー 初日は記念すべき“トップバッター”でスタート
アマチュア時代から注目を集めてきた安田祐香が、いよいよ待望のプロデビューを果たす。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、約4カ…

アマチュア時代の抜群の実績に加えて、鉄壁のメンタル。
レギュラーツアーでも21試合に参戦して、予選落ちは1度しかありません。
開幕戦から、期待が高まるというものです。

さて、同じ滝川二高の同級生で、一足早くプロになった古江彩佳さん。

プロ初のシーズンを前に古江彩佳は戸惑い? 「どうなっていくか分からない…」
昨年の「富士通レディース」で史上7人目のアマチュア優勝を果たした古江彩佳が、プロとして初のフルシーズンをスタートさせる。「ゴルフ…

どうなるかわからないは、偽らざるを得ない本音ですね。
しかし、スイングの安定感は抜群です。

そして、同級生の西村優菜さんは、何としぶこさんと同組デビューとなりました。

プロデビュー戦で注目組 渋野日向子と同組の“プラチナ世代”西村優菜は「いい経験ができたら」
3月の「ダイキンオーキッドレディス」から中止が相次いだため、25日(木)から始まる「アース・モンダミンカップ」が今季の国内女子ツ…

西村さんは常に平常心を保っている、クレバーなプレイヤーです。
レギュラーツアーの参戦数は少ないのですが、長く日本アマチュアランキング1位でした。

そして、ここも触れておかなければならないでしょう。

韓国勢の参戦は、国内入国規制のため、限られるのが何とも惜しいのですが。
日本にとどまることを選択し、今回参戦となった、李知姫さん。

韓国勢わずか二人… 李知姫が帰国しなかった理由は「移動のリスク」
25日(木)に開幕を迎える「アース・モンダミンカップ」。新型コロナウイルス感染拡大により3月から中止が相次いだため、今大会が新シ…

一気に若返った女子ツアーではベテランとなる40歳の健闘にも期待です。

そして最後は、特別な想いで開幕を迎えたであろう、この選手。
青木瀬令奈さんは、プレイヤーズ委員長で迎える開幕戦です。

選手まとめ役としての苦悩 青木瀬令奈が心を痛める外国選手の入国問題
今季から選手のまとめ役ともいえるプレーヤーズ委員長に就任した青木瀬令奈が、リモート会見に出席。多くの責任を担ってシーズンイン…

悩むことも多いとは思いますが、まずは自身のプレーに集中してほしい。
選手の人望も厚く、頑張っていると思います。

申ジエから手紙も 青木瀬令奈は新プレーヤーズ委員長で奮闘
◇国内女子◇アース・モンダミンカップ 事前(23日)◇カメリアヒルズCC(千葉県)◇6622yd(パー72) 今季から選手の取りまとめ役となるプレーヤーズ委員長に就任した青木瀬令奈は、試合のない期間も多忙を極めた。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)とは毎日のようにメッセージアプリLINEを駆使した情報交換を行い、小林...

長年女子ゴルフを見ているのですが、こういった気持ちで迎える開幕は初めてです。
自分の本音を言えば、誰が勝っても祝福したい気分です。

唯一の心配だったのがこちら。

PCR検査で再検査4人 「陽性者なし」で女子ゴルフ開幕戦開催へ
◇国内女子◇アース・モンダミンカップ 事前(24日)◇カメリアヒルズCC(千葉県)◇6622yd(パー72) 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は2020-21シーズン開幕戦「アース・モンダミンカップ」に出場する選手およびキャディ、スタッフが受けた新型コロナウイルス感染に関するPCR検査の結果、4人が再検査(検体不足...

大丈夫です。行けます。

いざ、開幕!

コメント