スポンサードリンク

【行け!しぶこ!】2022 AIG全英女子オープン

2022年、最後のメジャーとなるAIG全英女子オープン。12人の日本人選手が出場していますが、初日から嬉しいニュースは渋野日向子さんが単独首位スタート。テレビ観戦を通じて見た、キーホールとスコアメイクのポイントです。

テレビ放送など事前情報記事はこちら。

【2022】AIG全英女子オープン
2022年もメジャー最終戦、AIG全英女子オープンが開催されます。日本人選手は12名が参戦。舞台は全英オープンでおなじみの名門リンクス、ミュアフィールドで女子では初の開催です。その放送予定やペアリング、見どころを随時更新していきます。

2022 AIG全英女子オープン初日

気になる日本勢の結果は以下の通り、全体がこちら
風は当然のごとく強く、常に平均7mから8mは吹いていた感じです。

順位通算選手名Today
1-6渋野日向子-6
10T-2山下美夢有-2
26TE畑岡奈紗E
44T+1堀琴音+1
44T+1高橋彩華+1
44T+1西郷真央+1
56T+2橋本美月+2
74T+3勝みなみ+3
86T+4笹生優花+4
86T+4古江彩佳+4
118T+6西村優菜+6
140T+9藤田さいき+9

渋野日向子 単独首位スタート

まずは、渋野日向子さんが、このところの不調を吹き飛ばす、単独首位スタートです。
まだまだ初日とは言え、6月のショップライトLPGAクラシック以来の良いスコアです。
※6月の全米女子プロは、予選を通過したものの、決勝ラウンド前に棄権。
その前の上位争いとなると、4月のロッテ選手権以来です。
成績が何ヶ月か振るわないと、「やいのやいの」と声が聞こえます。
そんな中ですが、初日は抜群のプレーを見せてくれました。

渋野日向子「自分が自分じゃないみたい」 一問一答/全英女子初日
◇海外女子メジャー◇AIG女子オープン(全英女子オープン) 初日(4日)◇ミュアフィールド (スコットランド)◇6649yd(パー71) 2019年大会覇者の渋野日向子が8バーディ、2ボギーの「65」をマークし、6アンダーで滑り出した。単独首位でホールアウトし、インタビューに答えた。 ―ロケットスタートだが振り返って ...

山下美夢有も好スタート

全米女子オープンは出場資格がありながら辞退した山下さんは、初メジャー参戦です。

「全米」は辞退した山下美夢有 初のメジャーで好発進
◇海外女子メジャー◇AIG女子オープン(全英女子オープン) 初日(4日)◇ミュアフィールド (スコットランド)◇6649yd(パー71) 6月の「全米女子オープン」への出場権を獲得した時は「実力的に、上位で戦える感じじゃない」と辞退した。今は、ここで得られるものがあると信じている。自身初のメジャーで、山下美夢有が2アン...

自己採点が90点ですが、まずまず妥当なところだと思います。
初のメジャーがリンクスの名門、ミュアフィールドですから、アンダーパーは上々です。

日本勢の巻き返しにも期待

初日のスコアは見劣りするかもしれませんが、他の日本勢も、まだまだあきらめるには早い。
と言うのも、世界のトップランカーでさえ、下位に沈んだ初日です。
※世界ランキング1位のコジンヨンが+5で103位の初日です。

基本は、丁寧にプレーをして、パーセーブを基本とすること。
左右の曲がりはもちろんですが、風の中、縦距離を合わせるのが難しいです。
また、左右に曲げてしまうと、ポッドバンカーの餌食となり、確実にピンチです。
フェアウエイは硬く、フォローだと、100ヤード近くランが出るのは諸刃の剣でもあります。

2022 AIG全英女子オープン2日目

渋野日向子さんの単独首位発進には驚きましたが、注目の2日目。
まずは、予選カットがあり、60位まで、日本人選手は4人が決勝に進みます。
日本勢の結果。全体がこちら。首位はチョンインジさんの-8です。

順位通算選手名TodayR1R2
5T-5山下美夢有-36968
7T-4渋野日向子+26573
17T-2堀琴音-37268
17T-2畑岡奈紗-27169
66T+4西村優菜-27769
66T+4古江彩佳E7571
83T+5西郷真央+47275
93T+6笹生優花+27573
93T+6高橋彩華+57276
103T+7橋本美月+57376
124T+10勝みなみ+77478
142T+19藤田さいき+108081

まず、率直な感想ですが、半分は予選を通って欲しかった。
特に西村さんと古江さんは1打差でしたし、西郷さんも可能性はありました。
しかし、それもゴルフですので、仕方ないところかもしれません。

山下美夢有 本人もびっくりの上位

2日目は、何と言っても山下美夢有さんの健闘が光りました。

山下美夢有が5位浮上 「まさかこんなに上位で戦えるとは」 | ゴルフネットワーク
 海外女子メジャーのAIG全英女子オープンゴルフ選手権は5日、スコットランドのミュアフィールド(6,649ヤード・パー71)で第2ラウンドが行われ、10位タイから出た山下美夢有は1イーグル、3バーディ、2ボギーの「68」でプレーし、通算5アンダー5位タイに浮上した。

―初めての海外メジャーで上位争い
嬉しいです。まさかこんなに上位で戦えるとは思っていませんでした。まずは予選通過を目標にプレーしていて、それをクリアできたので、あと残り2日間は楽しみながら上位で戦えたら良いと思っています。
―ボギーは2つだった
ボギーは打つだろうなという考えでした。どれだけ粘って、チャンスが来た時に獲れるかと切り替えてました。
―決勝ラウンドに向けて
風次第だと思うので、しっかり風と戦って、少しでも上位で戦えたら良いと思います。緊張はあまりしていないです。

渋野日向子 耐えたゴルフで決勝進出

初日に比べて、特にショットが左右にぶれました。
それでも、凌いでまずは予選通過は良かったと思います。

「予選落ちのことを考えてしまう自分がいた」 渋野日向子は4打差7位で週末へ
◇女子メジャー第5戦◇AIG女子オープン(全英女子オープン) 2日目(5日)◇ミュアフィールド (スコットランド)◇6649yd(パー71) 首位に立った初日ですら、悪いイメージが頭の隅から離れない。「悪いスコアを出していたので、その時のことを忘れたくても忘れられない」。7位での予選通過に、渋野日向子の肩から少しだけ力...

2022 AIG全英女子オープン3日目のペアリングとスタート時間

さて、決勝ラウンドに入ります。ペアリングとスタート時間がこちら
日本勢部分をピックアップします。

14:10(現地時間)22:10(日本時間)
堀琴音、レオナ・マグワイア

14:20(現地時間)22:20(日本時間)
畑岡奈紗、ギャビー・ロペス

15:05(現地時間)23:05(日本時間)
ステファニー・キリアコウ、渋野日向子

15:25(現地時間)23:25(日本時間)
ハンナ・グリーン、山下美夢有

2022 AIG全英女子オープン3日目の結果

大会は3日目、スコアが動くムービングサタデーです。
上位の2選手に、何とも派手な動きがあり、3日目を終わっての上位です。
全体がこちら

3日目のスコアを見てわかる通りですが、上位2人のホールバイホール。

17番までは、完璧と言うか、神がかったようなホールバイホールです。

対して、4日間大会で4月以来の予選通過を果たした渋野日向子さん。

こちらも、6バーディー、1ボギーの66は大変立派なスコアです。
この2人が突出して伸ばした3日目でした。

また、コースの難易度としては、14番、15番、18番が突出して難しい。
ここを凌ぐのが必要で、14番は半数がボギーを叩く中、ブハイ、渋野日向子の2選手のみがバーディーでした。

期待してしまう2019年再来の渋野日向子

思えば、世界中のゴルフファンが認識した、スマイリングシンデレラ。
当然、今回も、大会公式でも、そう伝えられています。

Shibuno’s 66 Leads to Repeat of Woburn Fourth-Round Final Grouping | LPGA | Ladies Professional Golf Association
On August 4, 2019, Hinako Shibuno and Ashleigh Buhai started the day in the final pairing of the AIG Women’s Open, with Shibuno holding the 54-hole le...

2019年の興奮を思い出すなと言う方が無理な注文です。

渋野日向子「心からゴルフを楽しんでいる」/全英女子3日目
◇女子メジャー第5戦◇AIG女子オープン(全英女子オープン) 3日目(6日)◇ミュアフィールド (スコットランド)◇6649yd(パー71) 2019年大会覇者の渋野日向子は「全英女子」2勝目に向け、5打差2位で最終日を迎える。「66」と伸ばした3日目のホールアウト後、報道陣の取材に応じた。(スコットランド・ガレイン)...

-きのうスコアを落とした中で、どう切り替えた?
きのう落としたことに対してマイナスなイメージがなくて、すごく切り替えてできたし、きのうも良かったところもありますし、そんなに何かを変えたっていうのはない。
-あしたに向けて
風と友達になれたら。最後1日はすごく楽しみたいけど、今までやってきたことを発揮できるようにしたい。

2019年当時、誰にも説明できなかったような旋風は無いかもしれません。
しかし、風は確実に、リアルにもしぶこさんにも吹いています。
2020年のロイヤルトゥルーンでは、全く歯が立たなかったリンクスの風です。
事実、3日目もアゲインストだった、115ヤードのパー3は、6番アイアンで打ちました。

3日目も健闘の山下美夢有

常に強風が吹く中、山下さんらしいプレーで上位に踏みとどまりました。

初メジャーは難しい、でも楽しい 山下美夢有が6位で最終日へ
◇女子メジャー第5戦◇AIG女子オープン(全英女子オープン) 3日目(6日)◇ミュアフィールド (スコットランド)◇6649yd(パー71) 強い風にさらされてきた54ホールに、選手たちの顔に多少なりとも疲労が浮かぶ。「今日が一番風が強い。本当に難しかったです」と耐える一日を終えた山下美夢有は、それでも生き生きしていた...

「リンクスは攻め方が(日本と)全然違っているので、それが楽しい。自分で考えてイメージして、打って、毎ホール楽しい感じで回れています」と、どう風に対応するかに頭を使うことがおもしろい。風が強まるほど集中力も高まっていった。

風の質は違いますが、アース・モンダミンカップも凄い強風だったのです。
今、思えば、良い予行演習だったと思います。
最終日も、体力、集中力とも高く望んで欲しいです。

2022 AIG全英女子オープン最終日のペアリングとスタート時間

さて、今大会も最終日です。ペアリングはこちら
日本人選手関連をピックアップします。

13:00(現地時間)21:00(日本時間)
堀琴音、エミリー・ペデルセン

13:55(現地時間)21:55(日本時間)
畑岡奈紗、レオナ・マグワイア

15:20(現地時間)23:20(日本時間)
山下美夢有、ミンジー・リー

15:50(現地時間)23:50(日本時間)
渋野日向子、アシュリー・ブハイ

そうです、この最終組のペアリングは、あの2019年と同じです。

3年前の対決再び 渋野日向子&ブハイが全英で同組「めちゃくちゃうれしい」
◇女子メジャー第5戦◇AIG女子オープン(全英女子オープン) 3日目(6日)◇ミュアフィールド (スコットランド)◇6649yd(パー71) 4アンダー7位から出た渋野日向子が、6バーディ、1ボギーの「66」をマークして2位に浮上した。決勝ラウンドは2サムで行われる今大会。2度目の全英女子タイトルをかけて最終日を戦うの...

当時は、渋野日向子さんが単独首位でのスタートでした。
今回は立場が逆で、差も大きいですが、私からのエールは同じです。

2019年3日目終了時に書いた記事。

なんてこった | 女子プロゴルフPlus+
「なんてこった」とは、大会初日、66のビッグスコアを出してホールアウトした渋野日向子さんが開口一番放った言葉です。私が、今の自分の気持ちをどう言って良いか...

結果がどうあれ、攻めて良しでしょう。そう思いません?

2022 AIG全英女子オープンの最終結果

2022年の全英女子オープンが終わりました。最終の上位陣。全体がこちら

渋野日向子さん、終わって見れば、首位と1打差の3位。
優勝は、-10で並んだ2人が4ホールに渡るプレーオフで、ブハイ選手が初優勝です。
最終日らしい波乱に満ちた展開でしたが、とりあえず、選手のみなさんお疲れさまでした。

悔しさと嬉しさの渋野日向子

最終的に優勝までは届かなかった渋野日向子さんの胸中は、

「やり切ったが悔しい」 渋野日向子1打差惜敗に涙
◇女子メジャー第5戦◇AIG女子オープン(全英女子オープン) 最終日(7日)◇ミュアフィールド (スコットランド)◇6649yd(パー71) メジャー2勝目を逃した渋野日向子は涙を流し、悔しさをあらわにした。ホールアウト後のインタビューでの一問一答は次の通り。 ―1打差でしたね やり切ったかなとは思うんですけど、すごく...

―1打差でしたね
やり切ったかなとは思うんですけど、すごく悔しいです。
―ミュアフィールドで戦えた
自信を持てるショットが多々あったし、悔しい内容もあったが、この難しい素敵なコースでこういう結果を出せて、悔しさもありながらうれしさもあります。

試合展開の中では、こうなります。ホールバイホール。

「悔しさ」と「うれしさ」入り混じる最終日 渋野日向子は全英を3位で終了
◇女子メジャー第5戦◇AIG女子オープン(全英女子オープン) 最終日(7日)◇ミュアフィールド (スコットランド)◇6649yd(パー71) 1打差で入ったバーディ必須の最終ホールは、ティショットが右のラフにつかまった。「フェアウェイだと思って行ったらまさかの“剛ラフ”。でも“ず~ん”ってなることもなく、こういう運命か...

まずは、前半からショットは攻めていったこと。
スコア的には、「結果として」14番のダブルボギーが痛いのですが、これは、あり得るトラブル。
フェアウェイバンカーに入れてしまったので、仕方ない面もあります。
最終的に1打差でしたが、これは、ブハイ選手が同様に15番でトリプルボギーを打ったからでもあります。

明らかに16番からギアチェンジをして伸ばしに行ったが届かなかったです。
それよりも、前半で珍しくパッティングのショートからの3パットが目立ったのが悔しいところです。

さりとて、ここ数か月の内容を見ると、ミュアフィールドで頑張ってくれました。
まだまだこれからもメジャー挑戦の機会はあります。
ファンをハラハラ、ドキドキさせてくれるプレーに期待したいと思います。

日本勢の最終順位

渋野日向子さん以外、決勝に残った3選手の最終順位です。

畑岡奈紗さんは、最終日に伸ばして、7位にまで上げました。

山下美夢有さんは、13位。

堀琴音さんは、15位でした。

 

選手の皆さん、お疲れさまでした。

史上初、200年以上の歴史を持つ、ミュアフィールドで初めての女子大会。
それぞれに、全力を出してくれたと思います。

コメント

  1. fmaple より:

    シブコさんと畑岡さんはともかくとして、山下さんの13位と堀さんの15位は凄くないですか?
    来年の出場権(15位Tまで?)獲得ですよね。

    • 座和座和 より:

      凄いとは言えないかもしれませんが、コジンヨンさえ予選落ちする試合で、TOP20に入ったことは、事実なので、成果はあったと思います。ただし、来年の出場権は、全英の場合、TOP10までだったと思います。

      • fmaple より:

        テレビ朝日のアナウンサーは来年の出場権は10位までと言ってましたが間違いで15Tだと思いますよ。

        • 座和座和 より:

          そうなんですね。全米女子オープンとかは15位だったと記憶もしていました。
          USGAとR&Aでは基準が違うのだと思いましたが、来年の出場権が獲得できれば良かったですね。