距離を出さないバンカーショット

バンカーショットはただでさえ難しい。
特に自分は苦手です。(^▽^;)

しかも、アゴが高い、ピンが近いっていうときは、距離を出したくないですね。
上級者になれば、フェースを思いっきり開いてロブのように打つってのが正解かもしれませんし、私も普段はその方法で打ちます。
でも、必ずしも成功率は高くない。(^▽^;)

そんなときに、こんな方法を見つけました。Carmeから、距離を出さないバンカーショット~ピンまでの距離が近いときの打ち方~がこちら

距離を出さないバンカーショット~ピンまでの距離が近いときの打ち方~
今の季節には関係ありませんが、2~3月はスギ花粉が舞う季節で、花粉症の人にはたいへんつらい時期となります。どうして日本にはこれほどスギの木が多いのか? 江戸時代から始まったスギの植林が原因です。スギは建築素材として重宝される木です。特に戦後、国をいち早く復興させるには大量の建築素材が必要でした。だから、たくさんのスギの...

まず、構えからして違う。

それは意識の差によるものですが、ハンドアップにして吊る感覚なのですね。
そして手首を柔らかくして振り子のように振る。
フォローをしっかりとる。

うーむ、これは感覚的に上手くいきそうな気がします。
ソフトボールでゆっくりの球を投げる感覚に近いかも。

いわゆる上級の打ち方ではないですけど、試してみる価値はありそうです。
実際自分も、この「ふんわりロブ」をアプローチで使うこともあります。
試してみる価値は十分あると思います。

コメント