畑岡奈紗が完勝!2022DIOインプラントLAオープン

先週のハワイから一気にカリフォルニアシリーズとなるLPGAツアー。
見るからにポアナと分かるグリーン攻略がカギになりそうなコースです。

LAにトップ選手集結 渋野日向子、笹生優花、畑岡奈紗、古江彩佳が出場
◇米国女子◇DIOインプラントLAオープン 事前情報◇ウィルシャーCC (カリフォルニア州)◇6447yd(パー71) 2021年に「ヒューゲルAirプレミア LAオープン」として開催された大会が新たなタイトルスポンサーを迎えて21日(木)に開幕する。会場のウィルシャーCCはロサンゼルスのダウンタウンの北西に位置する名...
AD

2022DIOインプラントLAオープン大会概要

2022/04/21~2022/04/24
賞金総額:1,500,000US$
ウィルシャーCC(カリフォルニア州)

AD

2022DIOインプラントLAオープン大会初日

少しの違和感で各選手のスコアが、大幅に変わった印象のある初日です。

畑岡奈紗が1打差2位スタート 古江彩佳19位 渋野日向子30位
◇米国女子◇DIOインプラントLAオープン 初日(21日)◇ウィルシャーCC (カリフォルニア州)◇6447yd(パー71) ロサンゼルスの名門コースで行われる一戦は、アリソン・リーがボギーなしの5バーディ「66」として5アンダーの単独首位発進を決めた。 4人が出場する日本勢では畑岡奈紗が7バーディ、3ボギーの「67」...

畑岡奈紗さんが首位と1打差で好発進。
しかし、ビッグネームでも苦戦しました。

笹生優花とメジャー初戦「シェブロン選手権」を制したジェニファー・カップチョが4オーバー100位。昨年優勝のブルック・ヘンダーソン(カナダ)が5オーバー116位、18年優勝のモリヤ・ジュタヌガン(タイ)が6オーバー124位と歴代覇者が出遅れた。

これはなかなか手強い印象です。
好発進を決めた畑岡さん以外の日本勢は、

古江彩佳:19位、渋野日向子:30位、笹生優花:100位
笹生優花はタッチに苦戦「4オーバーのコンディションではない」
◇米国女子◇DIOインプラントLAオープン 初日(21日)◇ウィルシャーCC (カリフォルニア州)◇6447yd(パー71) 終盤の安堵(あんど)が、すぐにため息に変わった。終盤17番はアイアンで2打目をピンそば20㎝につけてタップイン。この日唯一のバーディを決めた直後に、まさかの締めくくりが待っていた。最終18番(パ...

初日のリーダーボードはこちらです。

2022DIOインプラントLAオープン大会2日目

大会2日目は、ビッグネーム2人が首位に並びました。
ただし、前日の雨によるコース整備のため、スタート時刻が遅れ、サスペンディッドです。
暫定ながらですが、

畑岡奈紗が首位で週末へ 日没順延で渋野日向子はカットライン上
◇米国女子◇DIOインプラントLAオープン 2日目(22日)◇ウィルシャーCC (カリフォルニア州)◇6447yd(パー71) 前夜の雨の影響によるコース整備で競技開始が1時間15分遅れた。18選手のプレーを残して午後7時36分、日没順延となった。 2位で出た畑岡奈紗が7バーディ、4ボギーの「68」で通算7アンダーとし...

畑岡奈紗さんが首位に立ち、並ぶのはコジンヨンと強力です。
2日目の日本勢は、かなり差が出ました。

笹生優花:19位 古江彩佳:39位 渋野日向子:59位

2日目、リーディングはこちらです。

2022DIOインプラントLAオープン大会3日目

日没サスペンディッドの残りを消化し、迎えた第3ラウンド。
ここでは、嬉しい活躍と、驚きのプレーがありました。

まずは、首位タイでスタートした畑岡奈紗さん。

畑岡奈紗が4打差の単独首位で最終日へ 世界ランク1位は失速
◇米国女子◇DIOインプラントLAオープン 3日目(23日)◇ウィルシャーCC (カリフォルニア州)◇6447yd(パー71) 日没により順延されていた第2ラウンドの未消化分と第3ラウンドが行われた。 首位タイから出た畑岡奈紗が第3ラウンドを5バーディ、1ボギーの「67」でプレーし、通算11アンダーで単独トップに立った...

3日目も上位陣の中で、安定したアグレッシブなプレーを展開。
結果的に2位に4打差をつけての最終日を迎えることとなります。

驚いたのは、マッチレースになるかと思われたコジンヨン選手。
17番のパー4で8を叩くということになりました。

「これがゴルフ」 世界1位コ・ジンヨンがパー4でまさかの「8」
◇米国女子◇DIOインプラントLAオープン 3日目(23日)◇ウィルシャーCC (カリフォルニア州)◇6447yd(パー71) 世界ランキング1位のコ・ジンヨン(韓国)が後半17番でまさかの「8」、クアドラプルボギーをたたいた。最終組で畑岡奈紗とのマッチレースを演じていた終盤、第2打をグリーン左の小川に入れ、脱出に失敗...

17番以外は決して悪いプレーではありませんでした。
しかし、ここで4打失ったのは、スコア的に痛かったですね。

日本勢は、古江彩佳、笹生優花:49位 渋野日向子:57位

全体のリーディングがこちら
畑岡奈紗さんが、ここまで傑出しているのがわかります。

2022DIOインプラントLAオープン大会最終日

大会最終日は、何と言っても単独首位スタートの畑岡奈紗さんのプレーに注目です。
そして、途中はスーパープレーも飛び出しました。

ガッツポーズも絵になるイーグル奪取です。

畑岡奈紗LPGAツアー6勝達成

終わって見れば、2位とのスコアを5打差に広げ快勝でした。

畑岡奈紗が今季初V 5打差圧倒で米ツアー6勝目
◇米国女子◇DIOインプラントLAオープン 最終日(24日)◇ウィルシャーCC (カリフォルニア州)◇6447yd(パー71) 畑岡奈紗が通算15アンダーで、今季初優勝を飾った。昨年9月「ウォルマート NW アーカンソー選手権」以来となる勝利で、岡本綾子(17勝)、宮里藍(9勝)に次ぐ3位となっている米ツアー勝利数を6...

昨年9月「ウォルマート NW アーカンソー選手権」以来となる勝利で、岡本綾子(17勝)、宮里藍(9勝)に次ぐ3位となっている米ツアー勝利数を6に伸ばした。

危なげないと言うか、ほぼ完ぺきな優勝だったと思います。

5打差圧勝 畑岡奈紗の最終日18ホール詳細
◇米国女子◇DIOインプラントLAオープン 最終日(24日)◇ウィルシャーCC (カリフォルニア州)◇6447yd(パー71) 畑岡奈紗が今季初勝利、米女子ツアー6勝目を挙げた。後続に4打差をつけてスタートし、「67」をマークして目標通りの通算15アンダー。5打差で逃げ切った。圧勝となった18ホールを村上航カメラマンの...

日本勢の結果

先週の優勝争いから一転、渋野日向子さんは苦戦しました。
と言うか、先週は畑岡奈紗さんは予選落ちでしたし、調子やコースが変わると、一気に上位陣も変わりますね。

渋野日向子は優勝争い翌週に苦戦 難コースで「開き直り」が生んだもの
◇米国女子◇DIOインプラントLAオープン 最終日(24日)◇ウィルシャーCC (カリフォルニア州)◇6447yd(パー71) 2日目に4パットのダブルボギー、前日3日目は第1打を右の木に当ててボギーにした1番はパーで滑り出した。一見、無難な立ち上がりのようで、渋野日向子は2m弱のバーディパットを外してガッカリ。続くパ...

しぶこさん、未体験のことを経験している過程ですから、これも経験値の積み上げです。
最終の上位陣。全体がこちら

日本勢の最終結果です。

笹生優花:17位、古江彩佳:43位、渋野日向子:63位

コメント