古江彩佳 2週連続優勝 エリエールレディス

例年であれば、賞金シードが決定するこの大会。
ただし、2020年はコロナ禍のため、シーズンが統合され、20-21シーズンに。
ここで決まるのは、変則出場資格となった最終戦への出場権でしょうか?
ここまで、勢いを見せている若手選手の活躍に注目が集まります。
事前に書いた、見どころの記事は、こちらです。

2020 エリエールレディス 放送予定と見どころ
2020年も残り2試合。シーズンが統合されたため終盤ではないのですが、秋たけなわなので、終盤感があります。今大会の特徴は、パーが71に設定されたこと。女子では珍しい設定です。例年ならば伸ばし合いになる大会ですが、今年はどうか。躍進著しい若手の活躍にも期待です。
スポンサーリンク

大会初日

これは、何と言うか、今季を象徴するようなリーディングとなりました。
上位陣、全体がこちら

首位タイの3選手ですが、西村優菜、古江彩佳、笹生優花。
ツアールーキーの3選手ですが、既に勝利を挙げている。
古江彩佳さんと笹生優花さんは、2勝しているので、5勝を挙げた3選手ということになります。

西村優菜、古江彩佳、笹生優花らルーキー3人が首位発進 渋野日向子3差4位
国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディス」の第1ラウンドが終了した。西村優菜、古江彩佳、笹生優花の3人が6アンダーをマーク…

若い、ルーキーと言えども、勢いだけではなく上手さ、強さも兼ね備えた3人です。
ずるずると後退とは考えづらい。
つまり、この3選手が引っ張る大会を予感させました。
気温は上昇し、季節外れの夏のような陽気でした。

大会2日目

2日目はいきなりですが、濃霧のため、1時間20分に及ぶ中断がありました。

それと、初日とは違って、この時期らしい気温で、温度差がありましたね。
そのせいか、あまりスコアが伸びる展開にはなりませんでした。
それでも、上位陣のメンバーには、それほど変動なく、若手のクレバーさも光りました。

上位陣。全体がこちら

3日目の天候は良い予報。伸ばし合いになるであろうと予想されました。

笹生優花と西村優菜が首位キープ 渋野日向子20位に後退
◇国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 2日目(20日)◇エリエールGC松山(愛媛県)◇6545yd(パー71) 午前中の濃霧による1時間24分の中断を挟み、第2ラウンドが完了した。3人が並ぶ首位から出た笹生優花、西村優菜が1つスコアを伸ばす「70」で通算7アンダーとし、その座をキープした。 2週連続での今季3...

大会3日目

ムービングサタデーで伸ばし合いが期待された3日目。
誰がこの試合をリードするのかが注目されたところ。
そんな中、64とベストスコアを叩き出し、首位に立ったのは、前週優勝の古江彩佳さんでした。

「ボギーをたたかないことがバーディ以上に大事」古江彩佳の哲学
◇国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 3日目(21日)◇エリエールGC松山(愛媛県)◇6545yd(パー71) トップと1打差の3位から出た20歳の古江彩佳が7バーディ、ボギーなしでこの日のベストスコア「64」をマークし、通算13アンダーの単独首位に躍り出た。前週「伊藤園レディス」に続く2週連続優勝へと向かう...

古江さんのプレースタールを象徴する言葉となった、ボギーフリー。
それで、勝負所ではバーディーを取る、隙の無いゴルフです。
このボギーフリー、ノーボギーのラウンド率ですが、驚異的なのです。

古江彩佳 驚異の30.77%で2週連続Vへ挑む|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

代名詞のようになったボギーフリー。この日で今シーズン39ラウンド中、12回目を記録した。割合にすると30.77パーセントだ。一概に比較はできないものの、元世界女王・申ジエが2015年連続ノーボギー記録、81ホール(ホールバイホールの記録が残る1990年以降)を樹立した。この時は、14.05パーセントである。驚異的な確率だろう。

2週連続の優勝争いとなっているのですが、ノーボギーはストレスもたまらない。
3日目を終わっての上位陣。全体がこちら

尚、この3日目にはホールインワン賞がかかった16番で上田桃子さんが記録です。

ボギーフリーが代名詞となった古江彩佳さんがー13で首位。
2打差には笹生優花さんがいるものの、後続とは大差。
マッチレースか、独走か、そんな展開が予想できた3日目でした。

大会最終日

先手を取ったのは、古江彩佳さんでした。最終日のホールバイホール。

9番、10番の連続バーディーが強かった。
ここで優勝までの流れができたので、あとは人工衛星のようなものです。
ゴルフ脳、クレバーなプレーが突出している、ミレニアム世代。
しかもスイングが安定している古江彩佳さんにとっては、理想的な展開です。
あとは、フェアウェイをヒットし、普通にパーオンさせる、イージーでした。
それを意図してできるところが、彼女の強みでもあります。

最終の上位陣。全体がこちら

最終日のグリーンコンディション、コンパンクション22、スティンプ11と1/3。

古江彩佳の優勝は3度目の正直だった

実は古江彩佳さん、エリエールゴルフクラブ松山では、2年連続3回目の登場です。
3回目?去年、プロになって出場したから、2回目じゃないの?と思いますよね。
では、なぜ3回目なのか、整理しましょう。

2019年、この松山で日本女子アマの決勝が行われました。
最終的な上位陣、全体の結果がこちら

放送でも、時々紹介される、西郷真央さんが優勝した大会。
上位陣を見るだけで、そうそうたるメンバーですが、これが去年の夏なのです。

富士通レディースで、史上7人目のアマチュア優勝をして、古江彩佳さんはプロになりました。
そして、プロとして、この松山に参戦してきたのです。

『古江彩佳 プロとして帰ってきた』
初日ー4の8位タイと好スタートをきった古江彩佳さん。今回の会場は、エリエールゴルフクラブ松山。実は古江さん、このコースを試合でラウンドするのは、今年2回目です…

あれから、たった1年、日本女子アマのときからでも、1年半。
驚異的な進歩としか言いようがありません。

古江彩佳さん、本当におめでとう。

古江彩佳クラブセッティング

「怖がっていると何もできない」成長曲線描く古江彩佳の14本
◇国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 最終日(22日)◇エリエールGC松山(愛媛県)◇6545yd(パー71) 20歳の古江彩佳が「伊藤園レディス」に続く2週連続優勝を達成した。前年のアマチュア優勝を含め通算4勝目。今季2勝で並んでいた19歳の笹生優花との優勝争いから抜け出し、今季最多の3勝目をマークした。 ...
2週連続Vの古江彩佳「自分のゴルフがどう通用するか」勝率は20%超に
◇国内女子◇大王製紙エリエールレディスオープン 最終日(22日)◇エリエールGC松山(愛媛県)◇6545yd(パー71) 4打差トップで迎えた最終18番。10mのバーディパットを4mオーバーさせた古江彩佳は「カップ手前から下るというのはわかっていた。ただパンチが入った。(その前から)バーディパットが外れていたのでバーデ...
いいねの代わりにクリック(^O^)/
いいねの代わりにクリック(^O^)/
スポンサーリンク
レギュラーツアー
スポンサーリンク
シェアする
座和をフォローする
プロゴルフプラス

コメント