稲見萌寧が逆転優勝 フジサンケイレディス2021

2021年、フジサンケイレディスは有観客試合。
風も無く晴天。絶好のゴルフ日和で初日を迎えました。

スポンサーリンク

大会初日

本当に穏やかな好天恵まれ、順調に全選手がスコアを伸ばしました。
コンパンクションが23、スティンプが10フィートと、最もスコアが出やすいコンディション。
高麗グリーンでなければ、あと2打くらいは伸ばせたんじゃないかと思います。

こうなると、当然、混戦の上位陣。全体がこちら

難しいコンディションになると、もう少しバラけるのですが密集です。
首位が-6の永峰咲希さんですが、イーブンパーが40位タイで52選手です。
まるで、先週のデジャブかと思うような初日です。

川奈名物の風が無かったので、本来は難しい18番。
多くの選手がセカンドをアイアンで、飛ぶ選手はショートアイアンでした。
中継で戸張さんが、来年からは絶対に1つ後ろのティーを使うって断言していましたね。
それだけ、ここ数年、女子プロゴルファーの飛距離やアスリート化は目覚ましい。

さて、そんな初日なので、明日以降から本当の戦いになりそうな予感です。

永峰咲希が3年ぶり大会制覇へ首位発進 メジャー帰りの原英莉花は3打差9位
◇国内女子◇フジサンケイレディスクラシック 初日(23日)◇川奈ホテルGC富士コース(静岡県)◇6439yd(パー71) 2021年の第8戦が開幕し、18年大会でツアー初優勝を飾った永峰咲希がボギーなしの1イーグル4バーディ「65」をマーク。6アンダー単独首位発進を決めた。 1打差2位にツアー未勝利の田辺ひかり。4アン...

ボギー先行ながら7バーディーで巻き返した田辺ひかりさん。

守った“師匠”との約束 田辺ひかりは「イライラしない」
◇国内女子◇フジサンケイレディスクラシック 初日(23日)◇川奈ホテルGC富士コース(静岡県)◇6439yd(パー71) 「川奈の試合は初めてで苦手イメージもあったけど、良いゴルフができて自分でもビックリしています」。ツアー初優勝を目指す田辺ひかりが7バーディ、2ボギーの「66」でプレーし、5アンダー2位で初日を終えた...

大会2日目

大会2日目も、穏やかな天気。若干の風はありましたが、川奈にしては微風。
ですから、伸ばし合いの2日目となりました。
中継が昼からふんだんにあったので、見られた方も多かったと思います。
本当に各選手のレベルが上がったことを実感しました。

そして、伸ばし合いの上位陣。全体がこちら

山下さんオシの自分が驚いてしまう、まずは、単独首位です。

山下美夢有 14メートル×2で首位浮上|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

自分のゴルフが出来ていると、解説陣も私も思うのですが、

この日は長身&飛ばし屋の渡邉彩香、原英莉花と同組だ。ところが、まったく気後れすることはなし。「渡邉さん、原さんの飛距離はわかっていた。うらやましかったことは、パー5の第2打でアイアンか、ユーティリティーで2オンを狙えることです。いいなぁと思いながら見ていた」という。ラウンド中は、「身長の話題になって、お二人は子供の頃、背が高いことがイヤだった-と話してくれました」。

身長、150cmはひときわ小さいのですが、プレースタイルは真骨頂なのかもしれません。

とは言え、全くの混戦であることは確かです。

3位タイで頑張った、田辺ひかりさん。

田辺ひかり 師匠の「貫禄とオーラ」で好位置キープ
◇国内女子◇フジサンケイレディスクラシック 2日目(24日)◇川奈ホテルGC富士コース(静岡県)◇6439yd(パー71) ツアー初優勝を目指す田辺ひかりに出だし1番でうれしい出来事があった。前の組が詰まってスタートが遅延、ティイングエリアで時間を過ごして、左側にある18番グリーンに目をやると、指導してもらっている師匠...

何と言っても、今日は師匠が66を出したってのも、大したものだと思います。

佐伯三貴「手応えしかない」 意地の「66」で予選通過へ
◇国内女子◇フジサンケイレディスクラシック 2日目(24日)◇川奈ホテルGC富士コース(静岡県)◇6439yd(パー71) 2007、13年大会覇者の佐伯三貴が7バーディ、2ボギーの「66」でプレー。2019年「大王製紙エリエールレディス」以来の実戦復帰で、初日は「73」で回り予選通過圏外の66位だったが、通算3アンダ...

とは言えですよ。全く上位は密集です。
2日目を終えても、全く優勝の行方、スコア、選手は見えてこないです。

もちろん、山下さんが単独首位に立ったのはニュースです。
しかし、2位には、無双状態の稲見萌寧、3位には申ジエさんもいるのです。
2日目終わりの時点で誰が勝つなんてことは言えないと思います。

さて、とりあえずおめでとうございますは、ホールインワンですね。
ペソンウさんが達成。600万円ゲットです。

ペソンウへ福沢諭吉600人の祝福|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

大会最終日

最終日は、本命と目される最終組の動向に目がいきました。
山下さんが昨日までのパッティングのタッチが出ない中、猛チャージがありましたね。

最終日に爆発の小祝さくら

最終日怒涛の-7と一気に追い上げたのが小祝さくらさんでした。

渋滞イヤで「ササッと」7アンダー 小祝さくら4戦連続トップ5
◇国内女子◇フジサンケイレディスクラシック 最終日(25日)◇川奈ホテルGC富士コース(静岡県)◇6439yd(パー71) 「きょうは5アンダー出して、ササッと帰ろうと思っていた。渋滞とか嫌だから。意外に7アンダー出てびっくりした」 初日から「71」「71」と伸ばしきれなかった小祝さくらは、イーブンパー39位から出て8...

「きょうは5アンダー出して、ササッと帰ろうと思っていた。渋滞とか嫌だから。意外に7アンダー出てびっくりした」
「きのう、一昨日と入らなかったパットがきょうはたくさん入った。きのうまでは打ててなかったが、きょうはフィーリングが合っていた」と振り返った。

小祝ワールド入ってますが、見事に2日間のうっ憤を晴らした感じです。

しかし、優勝は、

やっぱり強かった稲見萌寧

鮮やかに大会新 稲見萌寧、逆転V|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

強い!としか言いようがないですね。
毎週、毎週優勝争いをする、気力、体力だけでも大変なものだと思います。
そして、勝ち切る強さはハンパないと思います。
いったい、どこまで行くのでしょうか?

健闘した山下美夢有

ショットは全体に悪くなかったと思います。
ただ、パッティングのタッチが少しずつ弱かった。
それでも、果敢に挑んでいった姿は、さわやかな印象を残してくれました。

18番のバーディー奪取 山下美夢有、意地の2位|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

こちらも、体力、気力とも充実しているので、ツアーの主役になりそうです。

ミレニアム世代もしっかり

最終日は古江彩佳さんが、怒ったぞーのチャージで3位タイまで急上昇。
そして、注目していた怪我からの復帰戦、安田祐香さんも、プロ初のTOP10です。

フェアウェイキープ率93% 安田祐香がプロ初のトップ10入り
◇国内女子◇フジサンケイレディスクラシック 最終日(25日)◇川奈ホテルGC富士コース(静岡県)◇6439yd(パー71) 安田祐香が3バーディ、3ボギーの「71」と伸ばせなかったが、通算5アンダー8位に入った。順位はスタート時と変わらなかったものの、アマチュア時代の2019年「ニトリレディス」(4位)以来、18戦ぶり...

西村優菜さんも、しっかりと13位でまとめましたので、地力ですね。

しかし、稲見萌寧さんの強さは、どこまで続くのでしょうか?

最終の上位陣。全体がこちら

次戦へ-ひとこと①|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。
次戦へ-ひとこと②|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

コメント

  1. fmaple より:

    稲見さん強いですねー。
    山下さんもさすがですが、ぎりぎり予選通過から追い上げた小祝さんも流石でした。
    それにしても吉本ひかるさんの17番ホール、私も悪夢が蘇りました。
    普段は16番ですが、奥の谷底のようなバンカーから行ったり来たり。
    かつてジャンボがあのバンカーからチップインバーディさせたんじゃなかったかと思いますが
    信じられません。