【2022】ゴルフサバイバル トッププロ大集結スペシャル

お正月の女子ゴルフ特番として定番となりつつある、ゴルフサバイバル、トッププロ大集結スペシャル。2022年も第3回大会が放送されます。出場選手や放送予定を含めて、賞金500万円をかけた争奪戦です。皆さんの応援選手はどうでしょう?

スポンサーリンク

ゴルフサバイバルトッププロ編 過去大会の結果

ゴルフ番組としては多くのファンがいる、ゴルフサバイバル。
通常版は、若手を中心にJLPGAの正会員であるなしを関係なく、月に1回のチャンピオンが決まります。
賞金は優勝者が総取りで100万円。今や、BS日テレの看板番組の1つだと思います。

トッププロ編は、お正月特番として、2020年に第1回が開催。
第1回の優勝者は菊地絵理香さん、2021年の第2回は、葭葉ルミさんが勝ちました。
そして、2022年もお正月特番として放送されます。

ちなみに、賞金額は、第1回が1,000万円でしたが、第2回は、700万円。
そして、第3回となる、2022年は500万円となっています。

2022トッププロ編の放送予定

「ゴルフサバイバル トッププロ大集SP2022」
BS日テレ 2022年1月9日(日)19:00~21:54
宮崎国際ゴルフ倶楽部
【解説】東 聡 佐伯 三貴

2022トッププロ編の出場選手

大里桃子、金澤志奈、菊地絵理香、田辺ひかり、テレサ・ルー、堀琴音、三ヶ島かな、森田遥、吉田優利、若林舞衣子

全員がもちろんシード選手で、年齢も上から下までまずまず網羅しましたね。

女子プロもトップ選手ともなれば、なかなかの人気です。
シード選手が50人強いるわけですが、まずは10人、ちゃんとそろえましたね。
既に専用のページができています。こちら
プレゼントキャンペーンは、12月13日から始まっています。

2022トッププロ編の出場選手インタビュー動画

事前にインタビュー動画がアップされています。

2022トッププロ編の展開予想

インタビュー動画では出場選手同士で優勝予想がされています。
当たり前かもしれませんが、トッププロも一応、番組ルールは理解していますね。

個人的な優勝予想よりも展開予想を。
出場選手全員が言ってますけど、ゴルサバルールは運の要素も強いですからね。

強いて展開のポイントを挙げるとすると、ショートゲームでしょうか?
それは、サドンデスを勝ち抜くためにはショートゲームが上手くないといけないからですね。
そして、意外と盲点だといつも思うのは、バーディースキップです。
10人という大所帯が一気にプレーしますので、ただでさえ、待ち時間が長いです。
加えて、バーディーでスキップは嬉しいものの、1ホール空きます。
プレーリズムという点からは、淡々とパーを重ねて、サドンデスを勝ち抜くパターンが良いのでは?と思います。

こんな点から、第1回の優勝候補を菊地絵理香さんにして、事実、優勝しました。
今回は、三ヶ島かなさんが、リコーカップ優勝の翌日に参戦です。
調子は悪かろうはずは無いのですが、ゴルフは1日寝ると調子も変わります。

ツアーでも屈指のショートゲーム安定度を誇る菊地絵理香さんは外せないと思います。
全盛期のテレサであれば、オールラウンダーでしたが、今回はどうでしょう?
意外と言ったら失礼ですが、金澤さんの評価がプロ間では高い気がします。

個人的な応援選手を強いて挙げれば、アマチュア時代から注目している、森田遥、吉田優利の2選手です。

2022トッププロ編 ホールバイホール

2022年1月9日に放送され、結果が出たので、ホールバイホールを記録しておきます。
舞台は、恒例、宮崎国際ゴルフ倶楽部。

No.1 598ヤード パー5 脱落;菊地絵理香

何しろグリーンが相当に受けているので、そこがキーポイントと思いきや。
実は過去2年連続OBが出ているホール。
セカンドショットで、左サイドが見た目以上に狭く、菊地絵理香さんが、まさかのOBで脱落。
曲がらないオールラウンダーで、ショートゲームに長ける菊地さんがですねぇ。
波乱の幕開けとなりました。

No.2 360ヤード パー4 脱落:田辺ひかり

ドラコン賞がかかったこのホール。順当にテレサが獲得。
全選手が大きなトラブル無く、グリーンまたはその周辺へ。
8人がパー。唯一、田辺ひかりさんがパーパットを決めきれず、ボギーで脱落。
奇しくも解説は師匠の佐伯三貴プロ。悔しいと同時に怖かったんじゃないかと推測。

No.3 163ヤード パー3 脱落:テレサ・ルー

決して簡単では無いホールで、金澤志奈、三ヶ島かながバーディーを奪取しスキップ。
パーで並んだ6人によるサドンデスは、グリーン周りの、ありがちなアプローチ。
まさかの脱落は、テレサ。上手の手から水が漏れたか。

No.4 339ヤード パー4 脱落:若林舞衣子

名物、左傾斜で池のあるパー4のため、全選手がドライバーを使わず。
森田遥さんが3Wで打ったティーショットは池の淵でグリーンを狙えず。
フェアウェイに出すだけからの、ウェッジショットを寄せてナイスパーセーブ。
大里桃子さんが、ピン手前のバーディーチャンスを決め、スキップ。
サドンデスは、パーで並んだ4人で、グリーン奥からの難しいアプローチ。
下り傾斜に乗った球が止まらず、若林舞衣子さんが脱落。

No.5 383ヤード パー4 脱落:三ヶ島かな

打ち下ろしのパー4で、ここもグリーン勝負のホール。
金澤さん、セカンドをベタピンにつけ、バーディースキップ。
4人のプレーオフは難易度の高い、40ヤード超えのバンカーショット。
三ヶ島かなさんが乗せられず、脱落。

No.6 365ヤード パー4 脱落:大里桃子

プレーした4人全員がパーでサドンデス。
グリーン奥から下りの難しいアプローチで大里さんが脱落。
大里さんは前のホール、バーディーでスキップ。
やはり、スキップは嬉しい反面、1ホールプレーが空くという面も影響か。

No.7 149ヤード パー3 脱落:金澤志奈

前のホールスキップした金澤さんがオナーで左バンカーへ。
残り3人はパーオンして、パーセーブ。
バンカーショットを寄せきれなかった金澤さんが、ボギーで脱落。

No.8 403ヤード パー4 脱落:森田遥

グリーンの左右には池。この右側の池に森田さんのセカンドがつかまりボギー。
パーセーブした、吉田優利、堀琴音の両選手による優勝争いが決定。

No.9 526ヤード パー5 脱落:堀琴音

セカンドショットで堀さんが難しいライからパーオン。
一方で、吉田さんは絶好のライからも、二段グリーン上段すぐのピンポジからスピンバック。
両者とも長いパッティングを残し、これをパーセーブした吉田さんが優勝となりました。

2022トッププロ編の優勝と感想

ホールバイハールで書いた通り、優勝は吉田優利さんとなりました。

吉田さんはバーディースキップもボギーも無し。
全9ホールをプレーし、サドンデスも乗り切ったことになります。

展開予想でも書きましたが、このバーディースキップがなかなかの曲者。
プレー中の緊張感は相当なので、スキップはしたいと思うのが本音だと思います。
それでも、最後まで勝ち抜いていくことを考えた場合、1ホール空くのは影響がある気がします。
いみじくも、今回、吉田さんのプレーでも証明されたような気がしました。

コメント