渋野日向子 笑顔の魅力 2019年を振り返る

今やゴルフを知らない人でもその名前を知ることになった、渋野日向子さん。スーパースターには間違いないのですが、その魅力は実力と同時に人間性、そして勝ちっぷりにあります。歓喜と共に走り抜けた2019年シーズンを振り返り、その魅力に迫ります。

AD

渋野日向子 QT40位からの出発

2019年シーズンの始まり、渋野日向子さんはQT40位という資格で参戦をしました。
その前年に2回目のプロテスト合格を経て、ステップアップツアーに参戦。
躍動感のあるスイングには見るべきところがありましたが、優勝は無し。
QTでそこそこの順位を獲得した、普通の選手だったのです。

アマチュア時代、岡山作陽高校のゴルフ部では、団体で全国優勝。
しかし、必ずしもエースではない2年生でした。

QT40位では開幕戦の出場権は無し。
ファンや関係者の間で、少し話題になったのが、KKT杯バンテリンレディス。
初日81を叩いてからの2日目に66。
驚異的な爆発で予選を通過し、最終的には20位フィニッシュでした。

AD

渋野日向子 初優勝はメジャーで

そして、最初の歓喜が訪れたのが、メジャー、サロンパスカップ。
全国的には無名だった選手が、リーダーボードを駆け上がり、見事な優勝争いを魅せます。
3日目、最終日とも同伴競技者は同じ。
ペソンウと、当時アマチュアで前年の日本女子アマ覇者の吉田優利。
優勝争いの経験もない20歳の選手は、けれんみの無いプレーで走り切ります。

3日目のプレーあたりから、そのプレースタイルはギャラリーを惹きつけました。
困難な状況でも笑顔でプレーを続け、声援を大きな力に変える。
白熱の勝負の結果は、優勝。
メジャーでの初優勝はもちろん、その笑顔と勝ちっぷりで、一気にファンは増えたと思います。

微笑みの天使 渋野日向子−公式戦を制す|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

印象的だったのは、そのインタビューですね。
大会最年少優勝、史上13人目のLPGAツアー初優勝を公式戦で達成。

「やっぱり、笑顔じゃないでしょうか。公式戦で日本人選手が優勝したのも久しぶりなんですね。だけど、私で、本当によかったのでしょうか」

まさに、ヒロイン誕生ですが、これは物語の序章に過ぎませんでした。

渋野日向子 プレーオフで資生堂アネッサを勝つ

2勝目も劇的な勝利でした。初優勝から2ケ月後の資生堂アネッサレディス。
最終日、首位に立つ実力者、イミニョンを難しいホールのバーディーでとらえプレーオフへ。
雨中の決戦を制し、その力がタダモノでは無いことを印象付ける優勝でした。

大逆転 渋野日向子が初代女王−|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

「3週前、コーチからプレースタイルがよくない、と怒られました。笑顔を忘れていたのです。初優勝してから、ずっと調子がよくなかった。スコアが悪くても笑っていることが、だんだんつらくなったから。でも、コーチから注意をうけ、忘れてはいけないな-と反省したわけです。きょうも、ボギーを打って、ズーンとなったけど、しっかりと気持ちを切り替え、笑顔を取り戻すことができました」。

やっぱり、しぶこには笑顔が似合う。
そして、この笑顔が、1か月後に世界を魅了するのです。

渋野日向子 42年ぶりメジャー制覇

そして、渋野日向子さんは、全英女子オープンに出場します。
初めての海外での試合。行くまで、コースはリンクスだと思い込んでいたしぶこさん。
目標は、「静かに行って、静かに予選を通って、静かに帰る」
それが、とんでもない結果になるとは、自身も、そしてファンも思っていなかったでしょう。

しぶこらしさは、その練習ラウンドから全開でした。

渋野日向子 全英でもしぶこ
渋野日向子さんの記事に触れるたびに、心が温まるのはなぜでしょう?初メジャーの全英女子オープンですよ。それが、コースで味のり食って、めっちゃ笑顔!自然体もここまでくると国宝級です。ここまで来ると、もう、60台でも80台でも変わらん気がする。自由にやって欲しい。期待してるぞ!

黙々とアプローチ練習を繰り返す。
取材に来た報道陣に、食べていた、味のりによっちゃんイカを差し出す。
そして、味のりを喰って、めっちゃ笑顔で写真撮影に応じる。
この自然体は国宝級でした。その国宝は世界の宝に変わります。

海外で初の試合、それもメジャー。全英女子オープンに優勝。
日本中が日曜日の深夜から月曜日の早朝まで歓喜した、42年振りの快挙でした。

この試合で語らなければならないことは2つあります。

1つは、最後の最後までファンと喜びを分かち合い笑顔で戦い抜いたこと。
プレー中にも関わらず、子供に声をかけられれば、笑顔でグローブを渡すし、写真撮影にも応じる。
とてもじゃないが、メジャー優勝を争うプロ選手のそれではありません。
これで一気に、スコットランドの、いや、世界中のファンを味方にしました。

2つ目は、インコースで爆発的なスコアを出し続けたこと。

渋野日向子がメジャー初出場で初優勝 日本勢42年ぶりの制覇
◇海外女子メジャー◇AIG全英女子オープン 最終日(4日)◇ウォーバーンGC(イングランド)◇6585yd(パー72) 2打差の単独首位で出た渋野日向子が7バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「68」でプレーし、通算18アンダーとしてメジャー初出場初優勝を遂げた。 1977年「全米女子プロ選手権」の樋口久子以来となる日本...

難しいインコースで怒涛のバーディーラッシュ。
単独首位スタートの最終日も、前半、4パットのダブルボギーもありながらです。
加えて、しぶこは、日本女子オープンの出場経験もありません。
つまり、2サムで戦うこと自体でさえ、初めてだったのです。

ついに、「スマイリングシンデレラ」誕生の瞬間です。

「なんで優勝したんだろう」渋野日向子が記者会見
◇海外女子メジャー◇AIG全英女子オープン 最終日(4日)◇ウォーバーンGC(イングランド)◇6585yd(パー72) 日本勢42年ぶり2人目のメジャー制覇を遂げた渋野日向子は、優勝記者会見に臨んだ。一問一答は以下の通り。 ―おめでとう 今の気持ちは言葉にできないくらいうれしいのと、お腹がすいた ―ウィニングパットを入...

凱旋の記者会見でも、花束贈呈のあと、テーブルのセッティングがある。
主役でありながら、普通にしぶこさんは、それを手伝ったのです。
何と言う、ふるまいでしょう。
本当に優勝もして、記者会見をしても、メジャーチャンピオンの奢りは一切ありませんでした。

熱狂の帰国、そして東海クラシックでの奇跡

メジャーチャンピオンをひと目見たいと、会場にはとてつもない観客が来るようになりました。
一挙手一投足に注目が集まる。決して、プレーには良い影響ではありません。

そして、国内戦復帰後の優勝は奇跡的なものでした。
9月の第50回デサントレディース東海クラシック。
渋野日向子、最終日は首位と8打差からのスタートでした。

その最終組の3人が、テレサ・ルー、イミニョン、申ジエ。
女子ゴルフを知る人であれば、この3人に8打差をつけられて逆転することはあり得ない訳です。
自分自身も、のんびりと打ちっ放しに出かけたくらいですから。それが、

渋野日向子 シンデレラも仰天の大逆転V|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

こんなことがあるのでしょうか?
もちろん、勝負は時の運もあります。
それにしても、今までの常識を覆す力を見せつけてくれました。

勝てと言われて勝った、エリエールレディス

2019シーズンの締めくくり優勝は、エリエールレディス。
この試合、しぶこさんは、青木翔コーチから、「勝て」と言われていました。
理由は、このシーズン、メインだった定由キャディとの優勝が無かったからです。
チームシブコを掲げている、しぶこさん。ここで勝たなきゃならない。

そうは言っても、簡単に勝てるほど、プロのツアーは甘くありません。
しかし、ここで勝ち切ってしまうのが、渋野日向子という選手なのです。

白熱の大接戦 渋野日向子、逆転V|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

最終日は大接戦。首位と2打差からの逆転優勝。
定由キャディとの優勝は初めて。
プレーオフに備えて、パッティング練習をしていたしぶこさん。
優勝決定を定由キャディから聞いて、涙です。

笑顔がトレードマークだった彼女が、優勝して泣いたのは初めて。
それだけ、「チームで戦っている」という自負があったのです。

2019年の締めくくりと困難な道への挑戦

2019年の最終戦はリコーカップ。
賞金女王の可能性があったしぶこさんには、メディアがつきっきり。
これは宿命とは言え、対応するのは、正直面倒なこと、この上ありません。

一躍スターダムにのし上がった渋野日向子さんは、最終戦を2位で終えます。
賞金女王には届きませんでしたが、メルセデスランキングは1位。
何と言っても、全英女子オープン優勝は、賞金金額で7,000万円以上。
ランキングポイントでも最も高い試合でしたので、当然の結果です。

最終戦の優勝は、ペソンウさん。
奇しくも、初優勝をマッチレースで争ったサロンパスカップを戦った選手でした。

そして、全く海外志向の無かった渋野日向子さんは、大きな決断をします。
それは、11月までにツアーメンバーへの申請をすれば参戦が可能だった米女子LPGAツアー。
一旦はその権利を放棄したのですが、それ以降で世界を目指す決心を固めた。
そして、世界への挑戦を目指し、大胆なスイング改造に取り組むこととなります。

渋野日向子 関連リンク

渋野日向子さんの情報を知るための関連先をリンクしておきます。

渋野日向子オフィシャルサイト

渋野日向子オフィシャルサイト
プロゴルファー渋野日向子(サントリー所属)オフィシャルサイト。最新情報・SNS更新情報などをお伝えします。

渋野日向子インスタグラム

渋野日向子 YouTubeチャンネル

渋野 日向子/ Hinako Shibuno
プロゴルファー渋野日向子 公式チャンネル チャンネル登録はコチラから⇩⇩ ★Instagram ★公式サイト

コメント