【2020】ASIスコットランド女子オープン

全英女子オープンの前哨戦と位置づけられる、ASIスコットランド女子オープン。
当然、全英女子オープンに出場する選手は、かなりの確率で出場します。
ただし、この試合はLPGAが主催。
ということは、メンバーではない渋野日向子さんには出場権がなかったのです。

渋野日向子 推薦出場へ

私も、事前記事で書きましたが、ある意味予想通りですが推薦が出ました。
渋野日向子さん、出場です。

何せ、去年の全英女子オープンの勝ちっぷりが良かった。
優勝したので、プレーはもちろん、良かったのですが、何よりそのプレースタイル。
流行語になった、「スマイリング・シンデレラ」は、海外メディアがつけたもの。
それだけ、衝撃的で、ツアーが望む、新しいスター像でもあったのです。

ですから、今回の推薦は、しぶこさんもですけど、主催者が喜んでいると思います。

大会公式サイトで「スマイリングシンデレラ」として紹介された渋野は「推薦出場で初めて英国のリンクスコースでプレーする機会を与えていただき、とても感謝しています。昨年の(全英が開催された)ウォーバーンでは夢のような素晴らしい経験をすることができました。スコットランドでの次の挑戦を本当に楽しみにしています」とコメントを寄せた。

その大会公式サイトは、こちらです。主催者はツイッターでも喜んでます。

アース・モンダミンカップでは、スイング改造の影響もあってか予選落ち。
今年の状態と言うか、調子が気になるところではあります。
ましてや、海外のリンクスでプレーをするのも、初体験です。
しかし、何かやってくれるんじゃないかと思わせるのがしぶこさんです。

参戦する日本人選手

さて、この試合はLPGAのツアーメンバーである、畑岡奈紗さん、河本結さんも参戦します。
加えて、山口すず夏、野村敏京選手を加えた、5名が出場です。
彼女たちの活躍にも期待したいところです。

渋野日向子 スコットランドに向け出発

さぁ、渋野日向子さん、スコットランドに向け出発です。
そして、それ以降のスケジュールが見えてきました。

渋野日向子10月まで海外専念 「全英」から直接渡米
渋野日向子は6日、リモートで記者会見し、連覇の懸かる「AIG女子オープン」(全英女子、スコットランド・ロイヤルトゥルーンGC)後に英国から直接渡米して、10月まで米ツアーに専念する予定を明かした。この間の日本ツアーは欠場する。 後悔しない選択を―。コロナ禍で出場日程の大幅な見直しを求められた渋野は、たびたびこう口にして...

スコットランドのあとは、直接渡米。
メジャーである、ANAインスピレーションと全米女子プロは出場権があります。
その間の試合も、おそらく推薦が出ると思われます。

畑岡奈紗、河本結も渡英

渋野日向子さんは、日本から旅立ちましたが、畑岡奈紗さん出発の記事。

畑岡奈紗が渡英「心待ちにしていた」スコットランド2連戦へ
メジャー初制覇を目指す畑岡奈紗が9日、スコットランドでの米ツアー2連戦に向けて渡英した。13日に開幕する「ASIスコットランド女子オープン」(ルネッサンスC)と20日からの今季メジャー初戦「AIG女子オープン」(ロイヤルトゥルーンGC)に出場する。 新型コロナウイルスによるツアー中断中に日本ツアー「アース・モンダミンカ...

そして、河本結さんは、ご本人からツイートがありました。

コロナ禍を思うと、いろいろなリスクがあります。
それでも、スーツケースいっぱいにマスクとお菓子を詰め込んだしぶこさん。
そして、畑岡奈紗、河本結両選手にも、頑張ってもらいたい。
この試合の翌週には、メジャー、AIG女子オープンが開幕です。

放送予定

この試合は、LPGAとヨーロピアンツアーの共催です。
そして、放送は、WOWOWになります。解説:羽川豊 実況:野瀬正夫

第1日 8/13(木)深夜0:30
第2日 8/14(金)深夜0:30
第3日 8/15(土)よる10:30
第4日 8/16(日)よる9:30

WOWOWの番組表は、こちら。未加入の方は、下記からどうぞ。

初日のペアリング

初日のペアリングが発表されました。こちら

注目の日本勢3選手のペアリングがこうなっています。

第22組 渋野日向子、カトリオナ・マシュー、エスター・ヘンゼライト
現地時間13日午前10時21分(日本時間午後6時21分)

第45組 河本結、リディア・コ、パニーラ・リンドベリ
現地時間13日午後2時34分(日本時間午後10時34分)

第48組 畑岡奈紗、ミンジー・リー、アン・バンダム
現地時間13日午後3時7分(日本時間午後11時7分)

しぶこさんは、マシューかぁ。
洒落じゃないけど、渋過ぎる。マシューは今年50歳ですね。2009年の覇者、ワザ師。
と言っても、しぶこさんは知らないでしょうけど。

野村敏京選手は、第4組、山口すず夏さんは、第19組のスタートです。

WOWOWの放送予定から逆算すると、しぶこさんはホールアウト済。
畑岡さんは最終組なので、ライブで中継となると思います。

リーダーボード、LPGA版はこちら。日本語版だとこちらになります。

渋野日向子「頭を使って、使いまくって」初の本格リンクスで全英前哨戦
◇米国女子◇ASIスコットランド女子オープン 事前(12日)◇ルネッサンスクラブ (スコットランド)◇6453yd(パー71) 渋野日向子は英国特有のリンクスコースに苦笑いを浮かべる。「日本にはまったくないゴルフ場。見た目から難しさが伝わってくる」。2連覇を目指す今季メジャー初戦「AIG女子オープン」(全英女子オープン...

大会第1日

いきなりですが、霧のためスタートディレイになりました。

WOWOWでの放送は、8/13(木)深夜0:30ですが、先行配信されています。

https://twitter.com/wowowgolf/status/1293859194689396736

さて、初日の結果ですが、まずは2時間遅れの影響で、さすがにサスペンディッドです。

それで、しぶこさんの126位・・・。
WOWOWでは放送に先駆けて、インターネットでライブ配信がありました。
そこで、20時から24時まで見ていたのですが、6ボギー・1ダブルボギーの「79」。
見ていてむちゃくちゃ悪いという感じではなかったのですが、
寄らなかったり入らなかったりして、ボギー。
寄ったときはパッティングが決まらずで、このスコアになっちゃいました。

渋野日向子は初日に崩れ「もうちょっと頑張れよって…」/一問一答
◇米国女子◇ASIスコットランド女子オープン 初日(13日)◇ルネッサンスクラブ (スコットランド)◇6453yd(パー71) 渋野日向子が6ボギー、1ダブルボギーの「79」で8オーバーに沈んだ。自身初のリンクスコースでの戦いに苦戦。2日目に向け「バーディを獲りたい。もっと中身が面白いゴルフをしたい」と巻き返しを誓った...

一問一答の答えも、それを物語っています。

その他、日本勢の暫定順位。

<速報>渋野日向子は8オーバーでフィニッシュ 初リンクスに苦戦 「もうちょっと頑張れよ」
スコットランド初戦に挑んだ渋野日向子は6ボギー・1ダブルボギーの「79」、8オーバーで初日を終えた。 こちらは軽井沢に安田…

野村敏京は1オーバーの「70」、山口すず夏は11オーバーの「82」でホールアウト。プレーをスタートしたばかりの畑岡奈紗はイーブンパー、河本結は1オーバーとなっている。

リーダーボード、LPGA版はこちら。日本語版だとこちらになります。

大会第2日

大会2日目、まずは予選カットのある日です。
特に初日に苦戦した、渋野日向子、河本結両選手に注目しました。
結果は、両名ともに予選落ちです。

渋野日向子さんは、+14の132位。
河本結さんは、+8の84位です。

畑岡奈紗5打差13位で決勝へ 渋野日向子は14オーバー予選落ち
◇米国女子◇ASIスコットランド女子オープン 2日目(14日)◇ルネッサンスクラブ (スコットランド)◇6453yd(パー71) 日没順延となった第1ラウンドの残りと第2ラウンドを実施。ステーシー・ルイスとアサハラ・ムニョス(スペイン)が通算5アンダーで首位に並び、大会を折り返した。 ジェニファー・ソンが通算4アンダー...

GDO記事にもある通り、畑岡奈紗、野村敏京両選手は通算イーブンパー。
13位で決勝ラウンドに進みます。

さて、予選落ちを喫した両選手ですが、内容、とらえ方とも違います。
まずは、しぶこさん。正直、2日間で良いところがなかったという印象です。

苦戦を強いられたのは、2点あると思います。
まずは、本場リンクスへの対応。
これは、事前にも予想されていたことですが、予想以上の苦戦でした。
プレーを見ていて、バーディーが獲れる気配もなかったです。

もう1点、実はこちらの方が心配されるのですが、
調子自体が悪いこと。

何しろ、今季の公式戦は、アース・モンダミンカップのみ。
それも、予選落ちとなっています。
スイングやパッティングの改造をオフに取り組んだのですが、
正直なところ、ここまでうまくいっているとは言えません。

もちろん、長期的な視野での挑戦だとは思いますが、あまりにも試合がない。
ですから、必然ともいえる苦戦に思えます。

また、2日目に目立った左手首のテーピング。こちらも、心配なところです。

34ホール目に唯一のバーディ 渋野日向子「しんどかった」
◇米国女子◇ASIスコットランド女子オープン 2日目(14日)◇ルネッサンスクラブ (スコットランド)◇6453yd(パー71) 連覇の懸かるメジャー「AIG女子オープン」(全英女子)前哨戦で、渋野日向子は通算14オーバーの132位に沈んだ。初めて経験するリンクスコースで2日間1バーディにとどまり、予選落ちを喫した。 ...

一方の河本結さんについては、少し違いますね。
2日目の前半3ホールで4つ落とすと、やっちまったのですが、その後に頑張りました。
3つのバーディーを奪取して、一時は予選通過が見える位置にきました。
結果は残念だったのですが、収穫と課題も見え、手ごたえがあったと思います。

河本結は予選落ちも「すべてが収穫」 リンクス攻略の糸口見つけ次週のメジャーへ
米国女子ツアー再開後3戦目。河本結は第1ラウンドの残りと第2ラウンドを終え、トータル8オーバーの84位タイ。2戦連続の予選落…

「ぜんぶがうまくいかなさすぎて、アンラッキーも多かったです。でもそれがリンクスコースの醍醐味というか。それを受け入れられない自分がいました」

来週のAIG女子オープンに間に合うかどうかは別にして、やることが明確です。

2日目を終えての上位陣。リーダーボード、LPGA版はこちら。日本語版だとこちらになります。

大会第3日

渋野日向子、河本結と応援する2選手がいない決勝ラウンド。
さすがに応援の気合は落ちますが、エース畑岡奈紗さんには注目。
それと、世界のトップが、どのようにリンクスを攻略するのか?
そういった面からも、見逃せない決勝ラウンドです。

さて、上位陣と結果からいきましょう。
リーダーボード、LPGA版はこちら。日本語版だとこちらになります。

例年、好スコアが出るこの試合。
今年は風も弱く、コンディション的にはもっと出そうですが、伸びてないですね。
下が硬くて、ピンポジが振られていたら、やっぱりスコアは出ない感じです。

畑岡奈紗6打差11位で最終日へ アサハラ・ムニョスが単独首位
◇米国女子◇ASIスコットランド女子オープン 3日目(15日)◇ルネッサンスクラブ (スコットランド)◇6453yd(パー71) 首位タイから出たアサハラ・ムニョス(スペイン)が4バーディ、2ボギーの「69」でプレーし、通算7アンダーとして単独首位に抜け出した。 ステーシー・ルイスが1打差、ジェニファー・ソンが通算5ア...

そうなってくると、まずは、フェアウェイキープ。
そして、パーオンできなかったときのパーセーブ、アプローチのバリエーション、想像力といった面がとても大切になります。

そんな中での上位陣なので、納得です。
こうすれば、スコアを作ることができる、逆に言えば、150ヤードと言えば、無条件で7番アイアンを持つようなゴルフでは、全く太刀打ちができないということです。

畑岡さん、絶好調とは言えないですが、非常にゴルフ脳が高いレベルのプレーです。
ポッドバンカーに入れても、冷静に出してパーセーブしてくる。
最後、18番のミスショットだけは、本人も残念でしょうけど。

さて、最終日、どんなプレーを見せてくれるのか?

さあ、最終日の戦いが既に始まりました。
この4日間、放送よりも、オンデマンド先行ライブ配信で見ています。便利です。

大会最終日 優勝はステイシー・ルイス

スコットランド女子オープンの最終日。
国内女子ツアー、NEC軽井沢72ゴルフトーナメントのあとに見ました。
何と言うか、同じゴルフツアーでも、完全に別物でしたね。
寒風が吹き、荒涼としたコースでの、我慢比べ。
避暑地軽井沢での伸ばし合いとなった国内とは、全く景色から違いました。
そんな中、優勝争いは4人のプレーオフとなり、ステイシー・ルイス選手が優勝です。

ステイシーと言えば、言わずと知れた実力者。
しかし、結婚と産休があったので、2017年以来の優勝。
ママとなってからは、初の優勝です。

さて、日本勢の結果は、畑岡奈紗、野村敏京の両選手とも、通算1アンダー12位。
内容は違っていて、畑岡さんはボギー先行からの巻き返しです。
特に、最難関、最終日は2人しか出なかった18番のバーディーが光りました。

上位陣は以下の通り。リーダーボード、LPGA版はこちら。日本語版だとこちらになります。

来週は、いわゆる全英、AIG女子オープン。
舞台はリンクスを代表するコースの1つ、ロイヤルトゥルーンです。

コメント