プロテスト合格へ挑む 小林瑞季

珍しい記事がありました。

プロテスト合格を目指す選手で、もしかするとシリーズになるかもしれません。
まずは、小林瑞季さんが取り上げられました。

三度目の正直へ 25歳の小林瑞季はイップス克服して万全を期す
新型コロナウイルスのため延期された日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の2020年度プロテストは今年3月、1次が5会場でスタートする。未曽有の事態の中、多くの選手が「合格率3.3%」ともされる狭き門に挑む。彼女たちは何を思い、クラブを握ってきたのか? その素顔に迫る。 ■高校部活の監督は鷹巣南雄プロ 元法政大ゴルフ部主...

小林瑞季はDSPEメンバー

小林瑞季さんのことは、ゴルフ番組で見た方もいらっしゃるかも。
DSPEの一員でもあります。DSPEについては、下の記事からどうぞ。

DSPEの発足と歩み
最初聞いたときには??だった、DSPE。プロテスト合格を目指す女子選手を応援するプロジェクトです。2020年はツアーの中止が相次ぐ中、ゴルフ番組でメンバーやロゴを見る機会が多いです。入れ替えや追加を経て36名が在籍。2021年度JLPGAプロテストには3名が合格しました。

DSPEメンバーだから、ゴルフ番組に登場しているとも言えます。

小林瑞季のゴルフキャリア

さて、小林さんの特徴ですが、そのキャリアにあります。
昨今では、10歳以下からゴルフを始める場合が多いです。
しかし、小林さんがゴルフを始めたのは、高校に入学してからですね。

選んだ高校は、石川遼選手で有名になった、杉並学院。

始めたばかりですから、最初のスコアは120台。
それでも、1年が経ち、70台でまわれる腕前になります。
ですから、ゴルフセンスはあるのだと思います。

しかし、高校卒業時のレベルでは、正直、プロテスト合格は難しい。
彼女は法政大学に進学し、3年生の時は主将を務めます。

その後、プロテストを受験しますが、2度とも合格ならずです。
今年の受験が3度目ということになります。
25歳という年齢は、近年では決して若くはないです。
それでも、DSPEの月例では優勝もしています。

まだまだ伸びしろという面からは、ちょっと注目の選手かもしれません。

小林瑞季 2021年のプロテスト

2021年は、2度のプロテストがありました。
2020年度の延期分と2021年度のプロテストです。
2020年度のプロテストは、二次で敗退、2021年度は最終まで進むも合格ならずです。

小林瑞季インタビュー動画

2022年の初頭、インターネットラジオに出演しています。
プロテストの内容や、その過程を知るには貴重なインタビューです。
プロテスト当日にドライバーイップスに陥ったなどの話が聞けます。

「新年あけましておめでとうございます!」こちら
「スポンサー大募集!」こちら
「ゴルフテック吉田幸太郎コーチとの出会い」こちら
「夢の中でもアルバイト」こちら

コメント