スポンサーリンク

キャロウェイ 2021年エピック3モデル発売

スポンサーリンク

今や、アマチュアゴルファーにも支持が高いドライバーエピック。
そもそもツアープロでも契約フリー選手が使っています。
ですから、その性能には、太鼓判というところですが、2021年モデルが発売になります。

スポンサーリンク

2021年エピックドライバーは3種類

現モデルでも十分売れていると思うのですが、今回3機種を投入です。

ヘッドスピードが速いゴルファーをターゲットにした、エピック SPEED ドライバー
ドローが出やすい、スライサー向けの、エピック MAX ドライバー
低スピン、かつ、高慣性モーメントのエピック MAX LS ドライバー

従来の、サブゼロとかスターとは違うので、少し関連が分かりづらいかも。
簡単さから言うと、MAX→SPEED→LSということになるのかと思います。

用意されているシャフトは、
エピック SPEED:三菱ケミカルのDiamana 50 for Callaway、
エピック MAX:Diamana 40 for Callaway
エピック MAX LS:TENSEI 55 for Callaway

サブゼロのウェイト外し、TENSEIシャフトが女子プロの定番でした。
恐らくですが、ここがツアープロの中心になると思われます。

契約プロによる発表会

契約女子プロがリモート出演して発表会を行ないましたね。

コロナ禍続くも河本結は米国本格参戦2年目へ「米国でも日本でも優勝」
米国本格参戦2年目を迎える河本結は20日、クラブ契約しているキャロウェイゴルフの新製品発表会に出席して意気込みを語った。同イベントは新型コロナウイルスの感染対策としてオンラインで実施され、同じく契約を結ぶ田中瑞希と西村優菜も登場した。 発表会ではプロ3人による新技術「ジェイルブレイク AI スピードフレーム」搭載の新ド...

河本結、西村優菜、田中瑞希と若手で旬のプロが揃いました。
記事には、こんな一節がありますね。

発表会ではプロ3人による新技術「ジェイルブレイク AI スピードフレーム」搭載の新ドライバーを使ったインプレッション映像も流され、河本は1球目にボール初速62m/sをマークし、飛距離はキャリー含め254yd、2球目はさらに速い64m/sで259.8ydを記録したシーンや、151㎝と小柄な田中も262ydとビッグショットを見せる場面もあった。

これって、この時期に打ったのですから、飛んでますね~。
元々、河本さんや、田中さんは飛ぶプロですけど、相当なものです。

2021エピックシリーズの特徴

特徴としては、引き継がれたのはAI設計。
今後は、もはやAI設計が定番になりそうです。
新しく搭載された技術としては、

ジェイルブレイク AI スピードフレーム

これは、従来のジェイルブレイクテクノロジーの進化版。
垂直方向だけでなく、水平方向の剛性を高めたということですね。

発売は2月19日

なかなか興味が湧くドライバーですが、発売は2月19日です。

キャロウェイのHPはこちらです。

「SIM2」と新「エピック」発表! それぞれどんな性能なのか早速試打してたしかめた!

コメント