マリナ・アレックス優勝 2022 パロスバーデス選手権

LPGAツアーはハワイの試合からカリフォルニアへ。
西海岸2連戦の2戦目は、新規大会のパロスバーデス選手権。
距離は短いですが、高低差がありグリーンが難しいコース。
日本勢は、古江彩佳、渋野日向子、笹生優花の3選手が出場です。

LAでの2連戦目は新規大会 笹生優花、古江彩佳、渋野日向子が出場
◇米国女子◇パロスバーデス選手権 presented by バンク・オブ・アメリカ◇バロスバーデスGC (カリフォルニア州)◇6450yd(パー71) ロサンゼルス郊外での新規大会が28日(木)に開幕する。会場は前週の「DIOインプラントLAオープン」が行われたウィルシャーCCから南に直線距離で30kmあまりの小高いエ...
AD

大会概要

2022年04月28日~2022年05月01日
アメリカ:パロスバーデスGC(カリフォルニア州)
賞金総額:$1,500,000

AD

大会の見どころ

カリフォルニア2連戦、パロスバーデスGCは非常に特徴があります。
太平洋を望むコースは、小高い場所でアップダウンがある。
海風が吹き込みやすい地形で、プロツアーは初めての開催になります。
また、グリーンはベントとポアナのミックス。
この地方らしい、セッティングですが、慣れも必要で攻略が難しいところです。

苦戦した日本勢

まずは、古江彩佳さんが唯一予選を通過しました。

古江彩佳が18位で週末へ 渋野&笹生は予選落ち
◇米国女子◇パロスバーデス選手権 presented by バンク・オブ・アメリカ 2日目(29日)◇パロスバーデスGC (カリフォルニア州)◇6450yd(パー71) 8位から出たハンナ・グリーン(オーストラリア)が7バーディ、2ボギーの「66」をマークし、通算9アンダーとして単独首位に浮上した。 初日を単独首位で発...

初日に67と好発進し、2日間通算-2の18位で予選通過です。
一方で、渋野日向子、笹生優花の両選手は予選通過なりませんでした。

肩を震わせ居残り練習 渋野日向子はグリーンで「イメージ湧かなかった」
◇米国女子◇パロスバーデス選手権 presented by バンク・オブ・アメリカ 初日(28日)◇パロスバーデスGC (カリフォルニア州)◇6450yd(パー71) 憔悴(しょうすい)し切った表情でグリーンを下りる。「76」と記したスコアカードを提出するなり、渋野日向子は練習場へと向かった。手で目頭を押さえ、肩を震わ...

しぶこさんが1日で憔悴するほど、攻略できなかったグリーン。
しかし、こういった系統の芝は日本にはありません。
感覚を合わせるのは至難の技ですが、肩を震わせながら練習したのも無理はありません。

一方で、世界各国のコースをプレーしている笹生優花さんでさえ、

笹生優花はフェアウェイの芝目にも苦戦「アジャストできなかった」
◇米国女子◇パロスバーデス選手権 presented by バンク・オブ・アメリカ 初日(28日)◇パロスバーデスGC (カリフォルニア州)◇6450yd(パー71) 穏やかだった早朝の天候は時間が経つにつれて厳しくなった。平均気温15℃前後のコースに冷たい風が吹き込む。加えてベント芝に交じるポアナ芝が伸び、ボールの転...

風が吹き、寒さを増したコースで、グリーンだけでなく、フェアウエイの芝目にも注意が必要です。
ですから、こういった初見のコースで、予選を通過した古江彩佳の秀逸さが光ります。

優勝はマリナ・アレックス

優勝争いは、コジンヨンはじめトップ選手の接戦になりました。
最後は、マリナ・アレックス選手が逆転で優勝です。

マリナ・アレックスが逆転で4年ぶりV 古江彩佳は49位
◇米国女子◇パロスバーデス選手権 presented by バンク・オブ・アメリカ 最終日(1日)◇パロスバーデスGC (カリフォルニア州)◇6450yd(パー71) 3打差の3位から出たマリナ・アレックスが6バーディ、1ボギーの「66」をマークし、通算10アンダーで逆転優勝を飾った。31歳のベテランは2018年「キャ...

 

この投稿をInstagramで見る

 

LPGA Tour(@lpga_tour)がシェアした投稿

古江彩佳は最終日にも粘り

日本勢で唯一予選を通過した古江彩佳さん。
3日目は不運も重なって、オーバーパーでしたが、最終日はしっかりアンダーパー。
67、73、75、70で通算+1は49位でフィニッシュです。
もちろん、もっと上位にいくに越したことはないのですが、こちらを評価したいです。

古江彩佳「つかめてきた」 全試合予選通過は日本勢で唯一
◇米国女子◇パロスバーデス選手権 presented by バンク・オブ・アメリカ 最終日(1日)◇パロスバーデスGC (カリフォルニア州)◇6450yd(パー71) 上位進出はならなかったが、最終日のアンダーパーへの手応えもある。古江彩佳は3バーディ、2ボギーの「70」で回り、通算1オーバーの49位タイで4日間の戦い...

全ての試合が初見でぶっつけ本番状態ですが、出場8試合で、全て予選を通過です。
飛距離では大きく劣り、初めてのコースや芝の中、大変良い序盤だと思います。

「ここ2戦くらいで自分のスイングもつかめてきた。予選落ちがないのはすごくうれしいですし、今後も予選を通過しながら、上位を狙っていけるように頑張りたい」。21歳にして、本調子でなくとも、きっちりスコアメークする地力がある。

 

この投稿をInstagramで見る

 

LPGA_Japan(@lpga_japan)がシェアした投稿

コメント