勝みなみ優勝 リゾートトラスト レディス2021

数年毎に開催コースが変わる、リゾートトラスト レディス。
今年は変わり目の年となり、前週に引き続き、2週連続の愛知県開催です。
前回、2019年大会は、劇的な原英莉花さんのツアー初優勝でしたね。
あれからもう2年、早いものです。

スポンサーリンク

大会概要

大会名称:リゾートトラスト レディス
開催コース:セントクリークゴルフクラブ (6,605 Yards/Par 72)
開催期間:5月27日~5月30日
賞金総額:10,000万円
優勝賞金:1,800万円
出場人数:120人(予定)
決勝進出順位:2R終了時 60位タイまで (予定)
主催:リゾートトラスト株式会社、株式会社静岡朝日テレビ
公認:日本女子プロゴルフ協会
協力:セントクリークゴルフクラブ
共催・企画運営:株式会社東急エージェンシー
運営協力:株式会社東急エージェンシープロミックス、ブリヂストンスポーツ株式会社
大会URL:こちらです。

放送予定

テレビ朝日系列の放送で、決勝ラウンドが地上波とBS。
週末は、スカイAで朝から中継が入りますので、ライト級というところです。
インターネット中継はありません。

【地上波】
5月30日(日) 16:00~17:25 <テレビ朝日系列24局全国ネット>

【BS放送】
5月29日(土) 16:00~17:26 <BS朝日>

【CS放送】
5月29日(土) 8:00~13:00(LIVE) <スカイA>
5月30日(日) 8:00~13:00(LIVE) <スカイA>

初日と2日目のペアリング

4日間大会になりますので、2日目までのペアリングが出ています。
初日がこちら、2日目がこちらです。
それぞれ、午前組、午後組に分かれていますので、ここが注目とは絞りにくいですかね。

大会の見どころ

優勝争い

2021年を象徴するのは、22歳以下選手の優勝確率が非常に高いこと。
この大会はバーディー合戦となることが多く、若手に優利となりそうです。

有力アマチュア選手の参戦

プロテストを控えた有力アマチュア選手が出場します。
注目は、六車日那乃、岩井明愛、岩井千怜の双子姉妹など。
吉田優利さんの妹、吉田鈴(よしだりん)さんも出場です。
彼女たちがどのくらいの位置に来るのかも注目です。

大山志保 怪我からの復帰

怪我で長らく戦列を離れていた大山志保さんが復帰です。不屈の人ですね。

大山志保 『もう、休むわけにはいかない』|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

河本結 国内ツアー復帰戦

先日、米女子LPGAツアー撤退を発表しました。
この試合から、国内組としてプレーしますので、彼女のプレーにも注目です。

「超カッコ悪いけど決めました」河本結の決意
◇国内女子◇リゾートトラストレディス 事前(26日)◇セントクリークGC (愛知)◇6605yd(パー72) 2020年から米ツアーに本格参戦してきた河本結は、5月の「ホンダLPGAタイランド」を最後に主戦場を日本に移すとSNSで表明。今月10日朝に帰国して2週間の隔離が明け、今大会から国内ツアーに復帰する。公の場で改...

大会初日

大会初日は予報通りの雨。
コースコンディション不良により、5時間を超える中断となり、日没サスペンディッドです。
しかし、最終組のスタートが17:55ってのは、さすがに辛いと思う。
・・・このあたり、どういった状況なのかは分かりませんが。

一応、本当に一応の上位陣。一番遅い組は、3ホールしかプレーできていませんでしたから。

全体の暫定結果がこちら

グリーンには水たまりも… 大雨のなか57人がホールアウト
◇国内女子◇リゾートトラストレディス 初日(27日)◇セントクリークGC (愛知)◇6605yd(パー72) 大会初日は激しい降雨によって約5時間の中断を挟んだ。120人全選手がティオフしたが、18ホールを終えたのは57人(19組)のみ。あす2日目は午前6時30分から再開し、カップ位置を切り替えながら続けて第2ラウンド...

なお、2日目は午前6:30から再開予定。
天気は良さそうですが、残りが多い選手は35ホールのラウンドになります。

大会2日目

まずは、何とか全選手がホールアウトしました。
最後のホールアウトは18時半をまわっていたようですね。

https://twitter.com/YURI__YOLO/status/1398216465560391680

そりゃ、皆さん大変お疲れだと思います。
時間は限られますが、ゆっくり休んでください。

2日目を終わっての上位陣は、いつもとちょっと違います。全体がこちら

工藤さんが順調にスコアを伸ばしていますが、まだ折り返しです。
2日間終わっても、「長い」と思いますが、決勝ラウンドはこれからです。

さて、2日目にツアー初の記録が出ました。
山路晶さんが、1日で2つのホールインワンです。

ツアー史上初の快挙 山路晶が2度のホールインワン
◇国内女子◇リゾートトラストレディス 2日目(28日)◇セントクリークGC (愛知)◇6605yd(パー72) 22歳の山路晶が快挙だ。第2ラウンド前半3番(150ydパー3)は9Iで、7番(175ydパー3)では7Iでホールインワンを達成した。 1ラウンド2度のホールインワンはツアー史上初めて。大会を主催するリゾート...

しかしながらってことなんですが、山路さんは予選落ちなのですね。

2度のホールインワンも予選落ち 山路晶「複雑です」
◇国内女子◇リゾートトラストレディス 2日目(28日)◇セントクリークGC (愛知)◇6605yd(パー72) 22歳の山路晶が第2ラウンドで2度のホールインワンを達成した。宮里優作が2006年に米PGAツアー「リノ・タホオープン」で達成したことがあるが、国内男女ツアーでは初の快挙となった。 初日に18ホールプレーした...

出入りが激しいプレーが山路さんの特徴でもあるのですけど。
これはさすがに複雑でしょうねぇ。

この日は2イーグル1バーディ、4ボギー1ダブルボギーの「73」で回り、通算4オーバー75位で予選落ちとなった。「ショットはいいなかで、ドライバーが曲がってしまってもったいなかったのが多かった。予選通りたかったけど、ホールインワン2回…複雑です」と話した。

3日目のペアリングはこちらです。
週末は、まずまずの放送量があります。

大会3日目

大会3日目は、朝から放送があり、まずコースの全体像が分かりました。
特徴は、何と言ってもやたら大きく、傾斜のあるグリーンですね。
以前は、典型的なアメリカンタイプと言っていましたが、ジャック・ニクラウスの設計。
50ヤードくらいの大きさがあって、しかも3日目は、相当厳しいピンポジションでした。
・・・サイドから3ヤードって、逆に乗せてしまうと、40ヤードのパッティングとかになりましたね。

首位は工藤遥加

途中、各選手とも攻めて上手くいったときには、バーディーを獲る。
一方で落としてしまうのも簡単で、かなり順位の入れ替わりがありました。
そんな中ですが、工藤さんが、静かなゴルフで首位キープです。

工藤遥加が首位キープ 新垣比菜と勝みなみが1打差2位に浮上
◇国内女子◇リゾートトラストレディス 3日目(29日)◇セントクリークGC (愛知)◇6605yd(パー72) ツアー初優勝を目指す28歳の工藤遥加が1バーディ、2ボギーの「73」とスコアを落とし、3打差から1打差に詰められたものの、通算9アンダーで首位を守って最終日を迎える。 1打差の2位に「67」をマークした新垣比...

上位陣。全体がこちら

こうなってくると、優勝争いは、明日のピンポジ次第かも。
そして、コースマネジメントで、攻めるホールと守るホールを決められるかですね。
優勝候補は、-5で9位タイの10人、ワンチャン、-4の16人まであるかもしれません。
64とかのビッグスコアは出ない気がします。

最終日の注目選手

いろいろな面から注目選手がありますが、3人挙げましょうか。
工藤さんが勝つと、久しぶりの92年組の優勝となりますが、それ以外で挙げます。

アマチュア優勝を狙う岩井明愛

アマチュアなので、けれんみの無いプレーを終始展開していますね。
アスリートタイプで失うものは無いので、最終日も攻めてくると思います。
もし優勝したら、得るものは大変大きいです。
岩井さんは、6月の最終プロテストを受験予定です。
この大会に勝てば、テストを受験しなくてもプロとなれます。

ツアー史上8人目のアマチュアVへ 岩井明愛「楽しみたい」
◇国内女子◇リゾートトラストレディス 3日目(29日)◇セントクリークGC (愛知)◇6605yd(パー72) 岩井明愛(武蔵丘短大1年)がトップとは2打差の通算7アンダー4位。2019年の古江彩佳に続く史上8人目のアマチュアVへ「ぜいたくをいうなら(優勝)」と目を光らせた。 「71」でプレーしたこの日、一番のハイライ...

好調のまま走れるか?髙木優奈

3日目のベストスコアを出した髙木優奈さん。
絶好の位置から最終日を迎えます。
髙木優奈さんも単年登録選手なので、プロテストを受ける立場です。
ここで優勝するとプロテスト免除。
一発、勝負をかける価値は十分あると思います。

ゲン担ぎで吉川桃

吉川さんがゲンを担いでいると言うことではありません。
5月の女子ツアー優勝者を見て見ると、「桃祭り」なのです。
上田桃子、大里桃子、そしてステップでは岸部桃子。
吉川さんが勝つと、桃祭り完結です。

大会最終日

大会最終日は晴天。しかし、風が出て、非常に難しいコンディションになりました。
元々難しいグリーンですが、コンパンクションが24と非常に硬い。
女子プロのレベルだと、7番アイアンで止められない硬さです。
今季で、最も難しいセッティングだったと思います。

勝みなみが勝ち切る

CSの中継が入った1番ホール。
ここで勝ちゃんは、残り100ヤードのセカンドをミスしてダブルボギーとしてしまいます。
ウェッジなので、普通にバーディーチャンスにはつけるだろうと予想していたのでびっくりです。
これで、優勝争いは厳しいだろうと思っていたのですが、先は長かったですね。

途中から吹いてきた風は回っていて、各選手の判断を惑わせました。
大きく傾斜のあるグリーンですから、同じ面には乗せたい。
それを拒むかのような風とグリーンだったので、選手は、相当に頭も疲れたと思います。

勝ちゃんが勝ち切ったのは、勝負所でバーディーを獲れたこと、そして、ミスがあってもカバーしてスコアを落とすことがなかったからですね。
優勝インタビューで、分かったのですが、18番まで首位にいると自覚していなかったのですね。
恐らくですが、自分のスイングやショット、目の前の1打に集中していたからだと思います。

勝みなみ「まさか優勝できるなんて」 次週は海外メジャーへ
◇国内女子◇リゾートトラストレディス 最終日(30日)◇セントクリークGC (愛知)◇6605yd(パー72) 「まさか優勝できるなんて思ってもいなかった」と通算9アンダーで逆転した勝みなみ。2017年にプロテスト合格、18年にはプロ初優勝、19年に2勝と活躍を止めることなく歩んできた。ただコロナ禍になって試合数が減少...

勝ちゃんは、来週、全米女子オープン出場のため渡米します。

健闘した選手

今大会は初日のサスペンディッドから始まり、難しいコースセッティング。
いやはや、メジャー級の疲れが各選手に残ったと思います。
その中で健闘した選手を挙げます。

2位タイ 大里桃子

5月は大里さんの月だったと言っても良かったかと思います。
2位、2位、優勝、2位、2位です。
今大会も優勝の可能性がありましたが、勝負なので、紙一重だと思います。
最終日、18番パー5のセカンドは非常に難しいライですが乗せてきた。
あのショットが好調さを物語っていると思います。

2位タイ 吉川桃

正直、最終日のコンディションを見たときに、吉川さんがここまで粘れるとは思いませんでした。
この難しさの中、2バーディー、2ボギーは立派だと思います。
今回はキャディに妹のくるみさんを起用。
くるみさんはプロテストの二次で敗退してしまったのですが、間近で最高レベルの試合を見たと思います。
逆に言えば、こういった舞台で戦うのがツアープロであると、感じたかと思います。
姉ちゃん、とても頑張りました。

6位タイ 髙木優奈

優勝には届かなかったのですが、非常に粘ったと思います。
最終日はどの選手も苦戦したのですが、スコアを2つ落とすにとどめ6位タイ。
これは、自信に思って良いのではないかと思います。

最終の上位陣。全体がこちらです。

コメント