試打ラウンドレポート 明世カントリークラブ【2022R4】

ヤマハの新製品、VDドライバーが無料レンタルできたので、使い勝手を見るためにラウンドしてきました。
ゴルフ日和の中、安定したドライバーショットで打てました。
パー3を含めてバーディー3つは嬉しい誤算。
ようやく春の訪れを感じさせてくれる桜のラウンドでした。

AD

前半アウトコース

まずは、スコアから。

2ボギー、1ダブルボギーの40なので、悪くありません。
今回の主目的である、ドライバーは、普通に良かったです。
7ホール中5ホールでフェアウェイキープ。
3番ホールはちょい左ラフでしたが問題無し。
8番ホールは長いパー4で力みました。(;^_^A
結果、右の斜面に行ってレイアップ、乗らず寄らずでダボといった内容でした。
※写真は9番ホール。

AD

後半インコース

さて、ざるそばを軽く食べて後半にいきます。
既に気温は20度を超え、満開の桜の中、半袖のプレーです。

後半のスコア。

何とバーディーが3つ来ての37と上出来です。
もちろんドライバーが安定していたのもありますが、大きいのはパー3。
2つバーディーが来て、1mと1.5mにつけました。
これは、上手いと言うより、相当の打ち下ろしもあるパー3。
ですから、PWで打って、たまたま近くに寄ったという感じです。

しかし、インコースの方が、トリッキーな感じを受けました。
それも16番の印象が強かったからかなぁ。
短いパー4なのですが、ティーイングエリアからの景色。

モロに打ち上げのパー4ですが、正面の木から直角に右にドッグレッグ。
木までは180ヤード打ってレイアップをオススメされたので、UTを選択。
しかし、右に出て林方向へ。
セカンドも打てはしましたが、グリーンは狙えず、左ラフ方向へ。
バタバタしながら、素ダボになりました。
こういったホールは、侮ることなかれですね。

今回のラウンドまとめ

主目的だったヤマハVDドライバーは終始良い感じでした。
飛距離が出ると言うよりは、曲がらないと言うか、よじれない感じです。
安定性と振りやすさはとても良かったです。

そして、この地方独特の高低差が激しいパー3。
表示距離と実測距離が20ヤードは違うので、今回も距離計が役にたちました。

自分が使っているモデルは、ファインキャディです。

これからは一気にゴルフシーズンになります。
明らかに新しく芝が生き生きしてきたように思います。
アプローチ、グリーン周りのプレッシャーは少なくなりますね。

コメント