スポンサーリンク

ラウンドレポート 千葉市民ゴルフ場【2021R1】

スポンサーリンク

遅ればせながら2021年の初ラウンドに行ってきました。
いつもなら週末は料金が高いので避けるのですが、今回は特別です。
それは、ゴル友のKさんから、距離測定器をもらったお礼も兼ねて。
私が練習ラウンドで一番使う、千葉市民ゴルフ場にご招待したのです。

スポンサーリンク

天気は絶好

予報では、5月上旬くらいまで気温が上がるということ。
しかし、何せまだ2月ですよ。普通にダウンを着ている日々でした。
さすがに5月の陽気と言われても思い出せない。
一応長袖とパーカーという格好で行きましたが、半袖でもよかったくらいでした。

手引きカートのスループレー

千葉市民ゴルフ場は、基本、手引きカートのスループレーです。
平日だと、「1人ラウンド」も全然できてしまうくらい。
それでも、さすが週末と言うこともあって、にぎわっていましたね。
家族連れと言うか、ジュニアの子たちも多かったです。
ちなみに、Kさんは、ここ、お初です。
気持ちが良いから歩きましょうねー。

今回のスコア

まずは、スコアからいきますか。一応。

2バーディー、1ボギーの35と、スコア的にはまずまずでした。
ただ、何となくですけど、手応えのあったラウンドでは無かったかなぁ。
9ホール中、7ホールでパーオンしたので、破綻は無かったのですけど。
パーオンした7ホール中、2ホールでバーディー。
決めた距離は9mと3m。
3mはまずまず会心でしたけど、9mが入ったのは、「運」です。

手応えが無いように感じたのは、アイアンが今一つ筋っていかなかったからだと思います。
・・・つまり、狙えそうなバーディーパットを打ててないので。

さて、今回は目的が3つあったので、それを書いていきます。
1点目はKさんご招待ですね。2点目と3点目は項目別に。

みなさんにオススメしているゴルフメモ

このサイトでも、メモの重要性は、かなり多く書いています。
今回のラウンドで、実際に私が使ったメモがこちらです。

このコースは慣れっこになっているので、自分は、より簡略化しています。
字も小さいので、初めての方にはこういったのがオススメです。

左側には、ネットでダウンロードしたコースレイアウトを印刷。
右側には、その日のプレー内容を書きます。
例として、9番ホールの内容を書いています。

自分の場合、書く項目はシンプルです。

・番手
・残り距離
・ショットの良し悪しを〇✕△

これだけでも、後日の練習に役立ちます。
少なくとも、特定の番手でミスがあったのか、傾斜やライに課題が残ったのか、
マネジメントミスなのか、等々ですね。

ニコン クールショットの使い勝手

さて、3点目の目的は、Kさんからもらった、ニコンのクールショット。
私には初めてのレーザータイプ距離測定器なので、使い勝手を試してみました。

まず、精度ですが、使っているガーミンの腕時計タイプとほぼ同じでしたね。
距離の相違は3ヤード以内って感じでした。

レーザーって面白いと言うか、独特ですね。
双眼鏡みたいな感じで見て、押すと真ん中に距離が出てくる。
・・・双眼鏡ではなく、単眼鏡ですけど。(;^_^A

ただ、ピンポイントでフラッグを狙うには慣れが必要な感じがしました。
後ろの木までの距離になってしまったりします。

幸いにも、GPS距離計があったので、おおよその目安はついています。
それも参考にレーザーを使ったという感じです。

ここぞレーザーらしい使い勝手の状況

それで、レーザーならではの使い勝手も見つかりました。
それは、ハザードを斜めに横切って、レイアップするときには非常に便利です。
一番重宝したのが、9番パー5、右ドッグレックのホールです。

赤い線のラインでティーショットを打ちました。
2打目が池を横切るレイアップが要求されます。
たまたまこのコースは慣れているので、いつもの感覚と番手で斜めに打ちました。

それが今回、レーザーの距離測定器を使うことで、狙った場所まで何ヤードと出るのですね。
いつもは、7番でレイアップが多くて、残り110ヤードくらいなのですが、今回は6番アイアン。
残り96ヤード、フェアウェイセンターまでレイアップできました。
GPSだと直線距離しか出ないので、これは大きなメリットだと思いました。

今回のまとめ

まずは、初手引きセルフとなったKさん。
お天気も良く、9ホールだったので、気持ちよくラウンドしてくれました。

それが何より良かったのですが、なぜKさんを招待したかと言えば、
クールショットS20はもらったとは言え、それなりのお値段がする。(;^_^A
中古でも1万円前後だったので、これは貰いっぱなしではマズいとも思ったのです。

千葉市民ゴルフ場は、だいたいその値段の半額くらいでプレーできます。
ですから、半返しって感じになったと思います。

コメント