【2021】青木瀬令奈クラブセッティング

青木瀬令奈さんと言えば、飛距離で劣るものの、正確性で勝負をしてくる女子プロゴルファーです。
フェアウェイウッドやユーティリティーを駆使してグリーンをとらえていきます。
最新のクラブセッティングはサントリーレディスでツアー2勝目を挙げたものです。

ゴルフ女子には参考となるセッティング

青木瀬令奈さんのセッティングはウッド系が中心です。
ドライビングディスタンスは、2021年サントリーレディス終了時で、218.03ヤード。
これは、ツアーで89位のスタッツです。
それでも、フェアウェイキープ率は、75.0000でツアー8位。
それを補うのが、平均パット数(1ラウンド当たり) 28.7500でツアー3位。
飛距離をいかに、正確性とショートゲームで補っているかが分かります。

スポンサーリンク

青木瀬令奈クラブセッティング 2021サントリーレディス

サントリーレディスで優勝したクラブセッティングがこのようになっています。

ドライバー:ダンロップ ゼクシオ エックス(8.5度)
シャフト:UST マミヤ ATTAS COOL(硬さ5R、45.75インチ)
フェアウェイウッド:ダンロップ スリクソン Z F85(3番15度)、ダンロップ ゼクシオ テン(5番18度、7番20度、9番23度)
ユーティリティ:スリクソン ZH65ハイブリット(5番25度、6番28度)
アイアン:スリクソン ZX5(7番、8番)、スリクソン ZX7(9番、PW)
ウェッジ:グラインドスタジオ プロトタイプ(52度、58度)
パター:オデッセイ トリプル・トラック TEN パター
ボール:スリクソン Zスター XV ボール

アイアンが7番からというセッティング。
昨今のセッティングからして、セカンドはアイアンを使えない場合が多いです。
それでも、フェアウェイウッドやユーティリティーの正確性はアイアンに劣らない証です。

参考記事

バッグの半分は“ウッド型” 青木瀬令奈の優勝セッティング
◇国内女子◇宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 最終日(13日)◇六甲国際GC(兵庫)◇6517yd(パー72) プロ11年目の28歳・青木瀬令奈が4年ぶりとなるツアー2勝目を挙げた。身長153㎝と小柄な体型で、青木自身も「スタッツを見ると私が一番飛んでいない大会もあったり、シード選手の中でもランク外...

「『飛距離のある選手と同じ土俵で戦うのは大変でしょう?』って言われるけど、私の中では当たり前にやってきたこと。もちろん1ydでも遠くに飛ばしたい、ひと番手でも短いクラブで打ちたい気持ちはあるけど、そこは永遠のテーマとして諦めずに、でも自分のゴルフの良さを見失わないように、出来る範囲でやれたいいと思いながら日々取り組んでいます」

コメント