頑張らないスイングでも100は切れます

ゴルフスイングを作る上で、進歩や進化がありますよね。
また、新たな理論も生まれ、流行もあります。
最近ではYouTubeの動画レッスンも増えました。ここで迷宮に入っている方も多いのでは?
自分にあったスイングって、実はシンプルで楽でも構わないのです。

スポンサーリンク

頑張らないスイングでもスコアは作れる

ゴルフレッスンを受けた経験がある方、「我慢してください」と言われたことがありませんか?
例えば、「テークバックを手で上げないように、我慢してください。」
「トップで、左ひじを曲げないように我慢してください。」、「打ちに行かないように我慢してください。」とか。

ゴルフスイングって、我慢が多いんじゃないか?って思うのも無理はないですのね。

我慢しなくても良い理由

我慢しなくてはならないことがあるのは、もちろん理由があるからです。
クラブの上げ方、振り方、軌道、捻転、スイングにおける体の動き。
スムーズで、再現性が高いことが大切なので、基本の理解は重要です。

全く、クラブの振り方が分からないという方は、最初からやれば良いでしょう。
また、思ったような飛距離や球筋が出なくて悩んでいる方にも有効だと思います。

しかし、我慢しないスイングで楽に球が打てたら、もっと楽しいですよね?

大丈夫です。できます。特に100切りレベルくらいであれば、問題ありません。
理由は、1つ、ちゃんと振れて、正確にボールに当たるのがゴール。
スイングは、あくまで、その手段でしかないからです。

我慢しないスイングでの注意ポイント

さて、ゴールは、「ちゃんと振れて、正確にボールに当てること」です。
これは、「ちゃんと振る」と「正確に当てる」の2つに分解されます。

ちゃんと振るチェックポイント

ボールを飛ばすには、ある程度、速くクラブを振らなければなりません。
筋力や体のバネにも拠りますが、簡単に言えば、「ビュンッ」と振れれば大丈夫。
とりあえず、スピードが大事。
そのためという訳でもありませんが、正しいグリップ、これだけは本当に大切。
これだけは、速く振る、怪我をしない両面で大切なので、しっかりやりましょう。

この動画が、一番、タメになると思います。

正しく握れたら、形はともあれ、とりあえず速く振れれば大丈夫。
ただし、振り終わったあと、フィニッシュで止まることができるのが条件です。

正確に当てるチェックポイント

クラブ(のフェース)でボールを打って飛ばすのが、ゴルフです。
角度が1度でも狂うと、球は方向もずれますし、曲がります。
それも、秒速数十メートルという高速の中で行われます。

ただ、その仕組みさえ理解していれば大丈夫。
ここで大切なのは、どうして、右や左に飛び出していったのか?
どうして、右や左に曲がっていったのか、原因を理解していることです。

美しいスイングでなくても、良い球は出る

スコアメイクで大切なのが、もう1つ。
スイングマニアに陥らないことです。

もちろん、両立できれば、そちらの方が良いに決まっています。
ただ、良い球を打つという意味では、スイングは、その手段なのです。
そして、人の骨格や、動きやすさによっても、できるスイングは違います。

私のように、体が硬いと、「左ひじを伸ばしたところに右手を添えればトップの位置。」と言われても、そもそも手が届かないので無理です。

それでも、70台でラウンドできるのも事実です。

誰にでも合う、スイング作りのドリル

自分が思うスイングは、良い球を打つ手段です。
体の動きが、人によって、変わることを前提にすると、共通してできる練習ってあるのか?って話ですよね。

これは、あります。

ステップ打ちドリル

練習場で積極的に取り入れて欲しいのが、このステップ打ちです。
何もスイングのことを考えずに、自然と入るべきところに力が入り、リズムとタイミングを学べます。

スライス矯正でなくても、曲がるベクトルが前に行く力に変わります。
もちろん、球を打たない、連続ステップ打ちの素振りでも、十分、効果があります。

正確に当てる感覚は小さなスイングで

リズム良く振る感覚がつかめたら、正確に当てる練習も並行してやりたいですね。
これには、フルショットは必要ないです。
芯に当てることを目的にしますので、こちらの練習がオススメです。
打ち放題がある打ちっ放しでは、これを中心にやりたいです。

打ち放題で効果のある練習
打ちっ放しに行くと、打ち放題をやっているところがありますよね。時間内でいくらでも打てるのでメリットがあります。ただフルショットを繰り返すのではあまり効果がありません。普段はあまりやらないショートゲーム、アプローチを練習したらいかがでしょう?

少しでも、毎日続ける素振り

最後に地味ですけど、素振り。
やはり、リズム、タイミング、形を体に覚えこませるのが大切です。

素振りの練習器具は、いろいろと販売されています。
自分のスイングを固めるにあたっての、器具を選ばれると良いと思います。
スピードを増したいなら、バット系でしょうし、プレーンを固めたいなら、矯正系でしょう。

あるある動画 3284TV

あるあるな感じの動画。結果には必ず理由があります。楽しく見れます。

関連記事

スコア100切り 1丁目1番地
ゴルフでスコア100を切るために必要な考え方とは何でしょうか? ここで言う1丁目1番地とは、スコア100というのは、数値目標だということです。100を切りたくて漫然と練習をすること、これは遠回りとも言えます。100切りでまず必要なのは、スコアメイクの考え方です。 一般に言われるところの、スコアメイクです。
ホール別に攻略を考える
100を切れそうで切れないかた。漫然と各ホールをプレーしていませんか?実はパー3、パー4、パー5なりに、事前攻略のポイントがあるのです。それを踏まえた上で、番手選びや打つ方向を設定する。これが100切りのコツでもあります。パー5の2打目、無条件でスプーンを持つ方は必見です。

コメント