【試打レポート】タイトリスト T300 アイアン 2019年

そろそろアイアンを買い替えようかと思案中。予算は6万円程度なので、いわゆる型落ちモデルを中心に検討しています。今回の試打は、タイトリストのT300。2021年、新製品が発売されたので、型落ちモデルです。Tシリーズの中では易しいとされていますが、どうだったでしょうか?

タイトリスト T300 アイアン(2019年)の試打レビュー 口コミ・評判 ギアスペック|ギアカタログ
タイトリスト T300 アイアン(2019年)のゴルフギア情報ページです。専門家による人気のゴルフギアの試打レビューから歴代ゴルフアイテムのユーザーの口コミを探すならGDOゴルフギア情報!初心者から上級者までおすすめギアの中からお気に入りのゴルフアイテムが見つかります!
スポンサーリンク

T300アイアンの特徴

Tシリーズには、100、200とありますが、300はヘッドも大きく、他のモデルと比較すると、簡単なほうに分類されます。

プレーヤーズインプルーブメントアイアンと称していて、飛距離性能と許容性の両立を目指したモデルです。確かに、T100やT200と比べると飛びますし、芯は広い感じです。
しかしそれは、「同シリーズの比較では」という意味で、他社と比べてという意味ではないですね。

自分が使っているアイアンがヤマハのD-forgedで、サイズ感も変わらず、違和感なく、打てるんじゃないかと予想させる形状です。

T300アイアンの試打スペック

7番アイアンを試打しましたが、カタログ値では、ロフトは29度の飛ぶスペックですね。

ヘッド素材・製法【#6・#7】17-4ステンレス、タングステン・ニッケル【#8・#9・PW】17-4ステンレス

今回、試打したシャフトは、NS950のneoでした。

T300アイアンを構えてみた

何となく、形状自体は、私物のヤマハのD-forged(右側)に見え方は似ています。ただし、ロフト角が違うのと、全体的に、ほんの少し小ぶりで、肉厚な感じがします。ネック周りの感じも少し違いますね。

ミッドサイズのアイアンとしては標準的でしょうか?
AP1の後継とも言えるモデルで、何となく、ボテッとしている感じもあります。

T300アイアンを振って見た

とりあえずということで素振りから。
見た目はさほど変わらないのですが、まず、重量が少し重い。
同じNS950なのですが、ヘッドや重量配分の関係もあるかとは思います。

前回、RMX120アイアン、MODUS3を試打したときは軽く感じました。
ですから、差し引きで、まぁまぁ重いという感じですね。
その辺りですので、ある程度、体力に自信があって、振れる人じゃないと厳しい感じがしました。

T300アイアンを打ってみた

さて、実際の打球はどうでしょうか?手持ちの計測器での試打データ。

むむっ!?と思い、私物、D-forgedの試打データ。

数字だけ見ると、ほぼ変わりませんでした。(;^_^A

では、違いはと言うと、

・ロフト角に比べて、意外に打ち出し角は高い。
・直進性が高いので曲がりにくい。
・打感は、少し重めな感じ。

しっかり打ってやると、打球の高さやスピンも相まって、球の落ち着きは良い。
だからと言って、買い替えるかと言えば、ちょっとという感じですね。

オススメできるユーザー

これは難しいなぁ。
新作のT300が出ているので、わざわざ今という点で、何とも言い難い。
強いて言えば、AP1ユーザーで、予算が限られている人。(;^_^A

簡単、飛ぶという面からは、他社からも相当数出ています。
重量が重いクラブなので、体力があって、アイアンが散ってしまう方には良いかも。
・・・右にも左にも行ってしまう方ですね。
直進性や高さはあるので、安定してくると思います。

スコアを良くしたいなら断然コレ!タイトリスト T300 アイアン
【ミヤG】 「T300」は、Tシリーズの3モデルのなかで、最もヘッドサイズが大きいモデル。トップブレードは厚めで、グースネックにもなっていて、やさしそうな雰囲気のアイアンですね。 【ツルさん】 ミヤGは、そんなふうに“いい感じ”に言っていますけど、僕は知っていますよ。本当は、こういう大きいヘッドのアイアンは好きじゃない...
タイトリスト T300 アイアン/ヘッドスピード別試打(1/4)
“TT兄弟”の三男T300、飛距離は“飛び系”並み? タイトリスト「T300 アイアン」は、「T100 アイアン」「T200 アイアン」からなる「Tシリーズ」の中で、一番やさしいとされるモデルだ。名づけて“TT兄弟”の三男として、安心感がもてるサイズとなっている。果たして、その飛距離性能は“飛び系”に匹敵するものなのか...

コメント