女子プロで浸透のトラスパター

女子プロゴルフツアーを見ていると、密かに増えているのがわかりますね。
それが、テーラーメイドのトラスパターです。

スポンサーリンク

女子ゴルフで浸透してきたトラスパター

記憶に新しいところでは、明治安田生命レディス。
プレーオフは、稲見萌寧、永井花奈の両選手が戦いました。
2選手とも、モデルは違っていたのですが、トラスパターでしたね。

トラスパター使用の女子プロ

以下の3選手については、使用パターが下記になっています。
※試合によって変わることがあります。

稲見萌寧 トラス TB1 トラスヒール パター
永井花奈 トラスTB2 トラスセンターパター
永峰咲希 トラス TB1 トラスヒール パター

その他、女子プロだけでも、数名が使用しています。
有村智恵、高橋彩華、宮田成華、山路晶、山内日菜子、堀琴音など。

トラスパターの特徴

横から見ると、特徴的なのが、ネックが三角形になっていること。
ギア猿では、華丸さん、富士山って言ってます。(笑)

そもそも、このトラスというのは、構造物で使う用語です。
例えば、橋梁などで剛性を高めるために採用されているのが一般的でした。

横から見ると三角形なのですが、構えて見ると、オーソドックスなピン型です。

トラス構造のメリット

トラスパターは一説には、ダスティン・ジョンソンのリクエストで作られたという話もあります。
真偽は別にして、構えた感じはブレードなのに、オフセンターでヒットしてもミスに寛容という特徴があります。
これは、特にショートパットでの安心感をもたらしているようです。

アマチュアでも使えるか?

さて、アマチュアでも使えるかどうか?
答えは、YESです。
ミスヒットに強く、フェースアングルの狂いが少ないというのは大きなメリットです。
構えやすさはピン型が好きだけど、カップイン率を上げたいという方にはおすすめでしょう。

参考記事

女子ツアーで“静かなブーム”。テーラーメイドの「トラス」パターはなにがいい? - みんなのゴルフダイジェスト
「明治安田生命レディス ヨコハマタイヤゴルフトーナメント」のプレーオフに残った稲見萌寧と永井花奈の二人が使用していたのはテーラーメイドの「トラス」シリーズのパター。独特の形状のパターだが、プロでの愛用者が目立つ。一体何がいいの?

コメント