スポンサーリンク

記憶にも残る 黄金世代WOWOWチャリティーマッチ

スポンサーリンク

さて、4時間の生中継にて行われたスペシャルマッチ。
皆さん、ご覧になりましたでしょうか?

非常に面白かったですね。

まず、この6人が揃ってのチャリティーマッチということ。
そして、今回は、全員が、「バッグかつぎ」のセルフプレーでしたね。
考えてみれば、5年くらい前までには、全員がこのスタイル。
同級生のアマチュアゴルファーとして、切磋琢磨してきたのです。

そして、女子ゴルフをけん引する選手となった黄金世代。
彼女たちの活躍を裏付けるストロングポイントの飛距離と攻撃性。
それを活かせるマッチのフォーマットでした。

ベストボール方式とスクランブル方式のミックス。
チャリティーペアマッチということで、バーディーが出るフォーマット。
こういった試合には、適したフォーマットだったと思います。

そのフォーマットの中、6ホールの中で、ドラコンとニアピンを持ってきた。
そして、象徴するのが、ドラコンですね。
現在の女子ゴルフのレベルを物語るように、キャリーで250ヤードをオーバー。
つまり、平均240ヤード以上を飛ばさないと、ツアーの主役にはなれません。
加えて、バーディーを1ラウンドあたり4つ獲るのが基準となっているのです。

さて、6ホールのマッチということで、短期集中の好調選手が良かったですね。
目だったのは、河本結さん。
コンディション、メンタル、技術とも充実。
素晴らしいプレーだったと思います。

河本結・小祝さくらペアが優勝となりました。

おそらくこの6人が、今後このように集まりプレーすることはないでしょう。
1日限りのスペシャルマッチ、記憶に残しておきたいと思います。
クラウドファンディング、「マクアケ」のサイトは下記です。

Makuake|女子ゴルフ黄金世代×WOWOW スペシャルマッチ 医療従事者応援チャリティー|Makuake(マクアケ)
新型コロナウイルス感染症対策のため、多くのスポーツイベントが延期や中止される今、あらためてゴルフの魅力を発信すべく、日本女子ゴルフ界の明日を担う黄金世代のメンバーが集まり、1日限りのスペシャルマッチを開催することになりました。また、このイベントでは、参加選手たちの強い思いを受けて、この新型コロナウイルス感染症に対処...

それから、実況のアナウンサー、「小祝桃子」って・・・。誰?(*´Д`*)
こういった、初歩的なミスはやめてほしい。
1度の言い間違いではなく、3回あったので、これは素人アナです。

コメント