【2020】ニトリレディスゴルフトーナメント 笹生優花優勝

実は、この試合こそはやってくれると信じていました。
ニトリレディス開催です。似鳥会長の、女子ゴルフへの理解と愛情は大変強いですから。

大会概要

大会名称ニトリレディスゴルフトーナメント
開催コース小樽カントリー倶楽部 北海道小樽市銭函3-73
(6,695 Yards/Par 72)
開催期間8月27日~8月30日
賞金総額20,000万円
優勝賞金3,600万円
出場人数120人(予定)
決勝進出順位2R終了時 60位タイまで (予定)
主催株式会社ニトリ
公認一般社団法人日本女子プロゴルフ協会
後援公益財団法人日本ゴルフ協会、北海道ゴルフ連盟、北海道、小樽市、札幌市、小樽市教育委員会、一般社団法人北海道商工会議所連合会、小樽商工会議所、札幌商工会議所、公益財団法人北海道スポーツ協会、NPO法人小樽スポーツ協会、日本経済新聞社、北海道新聞社、テレビ東京、テレビ北海道
協力小樽カントリー倶楽部
企画運営株式会社ニトリパブリック、株式会社東急エージェンシー
大会URL http://www.nitori-ladies.jp/

何と言っても、英断はこれかもしれません。

1年限定ですが、賞金総額は倍増の2億円。
一気にビッグトーナメントになりました。

大会会長を務める似鳥昭雄ニトリホールディングス会長兼CEOは「新型コロナウイルスの影響で多くの大会が中止になっている中、明るい話題を届けてくれる女子プロゴルファーのために、今大会に限り賞金総額を2億円に増額することを決定し、全力で応援いたします」とのコメントを出した。

放送とインターネット中継の予定

【地上波・BS放送】予定
8月29日(土)16:00~17:15(LIVE)<テレビ東京系列全国6局ネット・BSテレビ東京>
8月30日(日)14:00~15:15(LIVE) <テレビ東京系列全国6局ネット・BSテレビ東京>※最終日BSテレ東延長あり

【CS放送】予定
8月29日(土)08:30~13:00(LIVE) <ゴルフネットワーク>
8月30日(日)07:00~10:30(LIVE) <ゴルフネットワーク> ※最大15分延長あり

【インターネット動画配信】予定
8月29日(土)12:00~16:00(LIVE)
8月30日(日)10:00~14:00(LIVE)

嬉しいことに、週末は全ライブです。
朝からゴルフネットワークを見て、インターネットに行く。
最終日の優勝争いは、地上波のライブということになります。

できればですが、アースモンダミンカップでのように、初日からやってくれれば。
それでも、日曜日の録画放送だけという茶番からは、逃れられそうです。

ペアリングと見どころ

4日間大会なので、初日と2日目のペアリングが出ています。
初日がこちら、2日目がこちらです。
注目組も多いのですが、個人的に注目なところを。

13組 07:05 笹生優花 穴井詩 李 知姫
14組 07:15 古江彩佳 柏原明日架 有村智恵
16組 07:35 安田祐香 田中瑞希 大山志保
18組 07:55 @六車日那乃 小祝さくら 鈴木愛
32組 11:15 吉田優利 山路晶 西山ゆかり
33組 11:25 西郷真央 三ヶ島かな イミニョン

ペアリングを見て、!と思ったこと。田中瑞希さんが、ニトリ契約となりました。

田中瑞希がニトリと所属契約 「大変嬉しく思っております」 | ゴルフネットワーク
 株式会社ニトリは25日、田中瑞希と所属契約を締結したと発表。21歳の田中は昨年のプロテストに合格。今季は6月に行われたアース・モンダミンカップで3位タイの成績を収めた。

さて、注目組の中で、@六車日那乃さんを書きましたが、久々にプレーを見られるアマも。
小倉彩愛、和久井麻由。この2人は昨年のプロテストに合格できたポテンシャルと見ていました。

そして、参考まで、去年書いた記事。

『渋野日向子がオーバーパーなし記録達成 ニトリレディス』
大会前には体調不良で、前夜祭を欠席し病院へ。それからの参戦となったこの試合。渋野日向子さんは体調、ゴルフの調子とも本調子ではない中、良いプレーだったと思います…
『ほぼトッププロです 安田祐香』
安田祐香さんのアマチュア優勝に、私も、周囲も期待したニトリレディスの最終日。結果としては単独4位でフィニッシュとなりました。優勝ならずでしたけどナイスプレー。…

鈴木愛さんが優勝したのですが、正直、渋野日向子、安田祐香両選手が印象に残っています。

見どころの1つが、コース、小樽カントリー倶楽部なのですね。
小樽はコースも素晴らしいのですが、コンディションも仕上げてくれる。
例年、最も速いグリーンになる、ここも注目なのです。

さて、ちなみに、渋野日向子さんは、イギリスからアメリカに行くので欠場です。
また、上田桃子、稲見萌寧両選手も、2週間の待機期間があるため、今大会の出場はありません。

大会第1日

注目の初日の上位陣。フルリーダーボードはこちらです。

大城さつきさんが首位ですが、彼女は1日だとビッグスコアを出しますね。
注目と言えば、前週優勝の笹生優花さんでして、初日2位と好スタートです。

再び上位発進の笹生優花 プロとしてのルーティンも模索中
◇国内女子◇ニトリレディスゴルフトーナメント 初日(27日)◇小樽CC (北海道)◇6695yd(パー72) 19歳の勢いは止まらない。2週間前にプロ初優勝を飾った笹生優花が1イーグル4バーディ、1ボギーの5アンダー「67」。首位の大城さつきを2打差で追う2位につけた。これで、プロデビューから国内ツアーでは初日を1位タ...

そして、地元かつ、ホステスプロの小祝さくらさんも好発進です。

ホステスプロ小祝さくらは3位発進も「30%ぐらい…」
◇国内女子◇ニトリレディスゴルフトーナメント 初日(27日)◇小樽CC (北海道)◇6695yd(パー72) ニトリに所属するホステスプロの小祝さくらは5バーディ、1ボギーの「68」で回り、4アンダーの3位タイで好発進を決めた。 「ショットの精度がブレてくるとちょっと油断しただけでボギーになる。最後まで集中力を切らさず...

まだまだ初日。これからという感じです。

大会第2日

2日目の競技が終わりました。上位陣。フルリーダーボードはこちら
何と、大型ルーキー、笹生優花さんが首位に立ちました。

まだ、2日目なので、どうのこうのは早い段階です。
しかし、これで3戦連続上位なので、これは本物でしょう。

初優勝から2戦連続優勝へ 笹生優花が首位浮上 2位に吉本ひかる
◇国内女子◇ニトリレディスゴルフトーナメント 2日目(28日)◇小樽CC(北海道)◇6695yd(パー72) 2週前の「NEC軽井沢72」に続く2戦連続優勝を目指す19歳の笹生優花が3バーディ、ノーボギーの「69」でプレー。通算8アンダーで2位から単独首位に浮上した。 「きょうは我慢のゴルフでした。午後だったのでパター...

タイガーかっ!ってスイング。ハッシュタグはマキロイですけど。

地元、北海道勢では、小祝さくらさんが相変わらず上位。
それでも、吉本ひかるさんの方が上に来てますね。
そして、注目選手で挙げたアマチュア選手も上位に来ています。

ルーキー・笹生優花が単独首位 アマ小倉彩愛、六車日那乃は上位で決勝へ
国内女子ツアーの今季第3戦「ニトリレディス」の2日目が終了し、2戦連続優勝がかかるルーキー・笹生優花が3バーディ・ノーボギー…
軽井沢に続きプロテスト不合格者が上位争い アマ小倉彩愛が首位と3打差で決勝へ
2週前の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」の後藤未有に続き、今週も昨年のプロテスト合格者が優勝争いに加わってきた。予選ラ…

小倉彩愛、六車日那乃の両名がリーダーボード1枚目です。
小倉彩愛さんは、ミレニアム世代で、元ナショナルチームのメンバー。
プロテストも、日本女子オープンローアマの資格で最終から。
しかし、まさかの合格ならずで、私もえっ!という感じだったのです。

アマ小倉彩愛、プロテスト後はゴルフから離れた時期も
◇国内女子◇ニトリレディスゴルフトーナメント 2日目(28日)◇小樽CC(北海道)◇6695yd(パー72) 同年代の多くがプロデビューを果たす中、19歳のアマチュア小倉彩愛(おぐら・さえ)は「普通に、ギャラリーの感じで見ていました」とあっけらかんと振り返る。自身は昨年の最終プロテストで61位の不合格。腰痛のリハビリも...

また、六車日那乃さんは、実力通りで、予選を上位突破。
現ナショナルチームメンバーですが、何しろ今年は大会が無い。
ですから、調子という意味からは、はかりかねるところもあったのです。
そう言えば、六車日那乃さん、小祝さんに何となく雰囲気似てますね。
いとこって言っても信じるんじゃないかなぁ。

おっとり女子高生・六車日那乃が“憧れの人”の前で大活躍 4位浮上にも辛口自己評価「60点」
“プラチナ世代”と呼ばれる2000年生まれ、笹生優花や西郷真央らを擁する2001年生まれに続き、小樽では2002年生まれの女…

さて、2日目ということで、予選カットがありました。
通過は、+2で、53位タイの62人。
えっ!と思うような選手も予選通過ならずです。

女王・鈴木愛が予選落ち 不運続きもメジャーに向け「貯めておいたと思うように」
昨年大会の覇者で賞金女王の鈴木愛がまさかの予選落ち。4バーディを奪いながら、2ボギーにダブルボギーとトリプルボギーが1つずつ…

逆に、大変嬉しいことも。
木下彩さん、レギュラーツアーで、自身初の予選です。
ステップでは去年勝っていますが、レギュラーでの初賞金獲得が確定しました。
さぁ、明日からはインターネットと放送で中継が始まります。

大会第3日

さぁ、決勝ラウンドが始まりました。
朝一番から、CS、インターネット、地上波で完全生中継。
ですから、最終組のプレーは1番から最終18番まで見ることができました。
さて、上位陣。全体がこちら

笹生優花さんの力は、本物というか、むしろ、LPGAからの招待選手のようです。
軽井沢でも同伴の藤田さいきさんから、驚愕の声がありました。
今回も予選ラウンドを同伴した、李知姫さんから絶賛がありましたが、納得です。

笹生優花が首位キープ 1打差2位に小祝さくら
◇国内女子◇ニトリレディスゴルフトーナメント 3日目(29日)◇小樽CC(北海道)◇6695yd(パー72) 単独首位で出た19歳の笹生優花が5バーディ、1ボギーの「68」で回り通算12アンダーとし、初優勝した「NEC軽井沢72」からの2戦連続優勝に向けトップを守った。 10代での2試合連続優勝となれば、2005年「中...

フロント9のプレーを見る限り、最後まで独走かと思いました。
それに待ったをかけたのが、地元で、ホステスプロの小祝さくらさん。

22歳なのに…V争い小祝さくらは2日連続の“最年長”意識
◇国内女子◇ニトリレディスゴルフトーナメント 3日目(29日)◇小樽CC(北海道)◇6695yd(パー72) 若くて強い黄金世代。そう期待されているのは知っているけれども、今週ばかりは自分が若いとは到底思えない-。2位につけた22歳の小祝さくらは、同組のアマチュア、六車日那乃(18歳、千葉・麗澤高3年)、小倉彩愛(19...

こちらは、バックナインで追い上げた。
素晴らしくショットがきれています。

小祝さんは、私が個人的に似ていると思っていた、六車日那乃さんと同組。
もう1人が、小倉彩愛さんだったので、小祝さんが最年長だったわけです。

その小祝さんと六車さんは、何となく似ているにおいがします。
ですから、こういった記事も出ますね。

小祝さくらとの “おっとりラウンド”は「穏やかで楽しかったです」 女子高生・六車日那乃が史上8人目のアマ優勝へ好位置
2002年生まれの女子高生が、ツアー屈指の難コースで最終日最終組の座を射止めた。アマチュアの六車日那乃(むぐるま・ひなの 千…

六車日那乃さんは、無欲でここまでプレーができています。
笹生優花、小祝さくら、六車日那乃という今季の特徴である若い最終組。
小祝さくらさんは、また年長者です。

さて、若手ばかり活躍と思うでしょ?
そんなことはなくて、3日目のベストスコアがこうでした。

7バーディー、ノーボギーの65、出したのは、有村智恵さん。
智恵ちゃんあたりが出てくると、勝負にコクが出ます。
最終日に期待。

最終日に期待するのは、3日目途中まで快進撃をした安田祐香さん。
去年と同じように、16番で池に入れてしまった。

”一打成長”の安田祐香 我慢のゴルフで7打差をひっくり返せるか!?
昨年のプロテストに合格したルーキーの安田祐香は、ムービングデーを6バーディ・3ボギーの「69」にまとめ、スコアを3つ伸ばし、…

調子は、決して良いようには思えないのですが、ワンチャンスだけある。
それは、明日の天候です。荒れ模様の予報。


荒れ模様と言えば、昨年のこの試合です。

『アジアパシフィック女子アマ2日目 大荒れ』
昨日は半そで、今日は暴風雨と、全く違うコンディションとコースになりました。気温が10度を切り風速は10mと、もう景色は完全に、「全英女子オープン」です。 そん…

今年のAIG女子オープン2日目以上に荒れた、厳しいコンディションでした。
その中、粘りに粘ってリーダーボードを駆け上がった。
何せ、笹生優花さんが荒れたコンディションで、どのようなプレーをするのか。
わからない面もあるので、あるとすれば、ワンチャンスです。

最終日 優勝は笹生優花

昨日から予報が出ていた荒天は、予想以上のものでした。
スタート時間を遅らせたのですが、それでも全選手のホールアウトは難しい状況。
そこで、初めてですが、この手がありました。

国内女子ツアー初のセカンドカット導入 最終日は34人のみがプレー
◇国内女子◇ニトリレディスゴルフトーナメント 最終日(30日)◇小樽CC (北海道)◇6695yd(パー72) 今季国内女子ツアー第3戦の最終日は、降雨によるコースコンディション不良のためスタートが遅れ、ツアー初となるセカンドカットが導入された。 これにより、27位タイまでの34人が最終ラウンドをプレー。それ以下の予選...

本来は62選手によって争われるところを、34選手にカット。
アウト、イン、6組ずつのスタートと波乱の開始となりました。

そもそもが難しいコースでこの天候。
小樽が本来の難しさを見せつけたように思います。
それを物語るように、最終日のベストスコアは71、80以上打った選手も散見されました。
その71を出した2選手のうち、1人が優勝です。上位陣。全体がこちら

笹生優花恐るべし。荒天もろともせずのワールドクラスのプレーでした。
これは、恐らく同じフィールドでプレーした全選手が感じたのかと思います。

笹生優花が2戦連続V 10代では宮里藍、畑岡奈紗に続く3人目
◇国内女子◇ニトリレディスゴルフトーナメント 最終日(30日)◇小樽CC (北海道)◇6695yd(パー72) 単独首位で出た19歳の笹生優花が5バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「71」で回り通算13アンダー。一騎打ちになった同じ最終組の小祝さくらに2打差をつけて、初優勝した「NEC軽井沢72」から2試合連続優勝を遂...

定評のあった飛距離はもちろんのこと、ロングパットも素晴らしい。
やはり、アマチュア時代、16の国と地域でプレーした経験値も大きい。
もはや、「無双状態」になっています。

とは言いつつも、マッチレースを繰り広げた。小祝さくらさんも悪くなかった。

笹生優花 第4ラウンド

小祝さくら 第4ラウンド

マッチレースになりましたが、見ごたえはありました。

小祝さくら「差を感じた」笹生優花との一騎打ち
◇国内女子◇ニトリレディスゴルフトーナメント 最終日(30日)◇小樽CC (北海道)◇6695yd(パー72) 小祝さくらは優勝した笹生優花と終盤まで競りながら2打差で惜敗した。3位に8打差をつける一騎打ちを演じたが「(笹生は)本当に強い選手。差を感じました」と敗戦を受け止めた。 地元のホステス大会で逆転を狙いチャンス...

実力が全然上ってコメントですけど、実力と勝負は別ですから。
充分に、チャンスはあったと思いますし、それが何かは自身でわかると思います。

それで、リーディングを見てもらえるとわかることが。
李知姫、大山志保、有村智恵とベテラン勢も上位フィニッシュです。
若さばかりが取り上げられがちですが、それだけではありません。
大山さんも、びっくりの笹生優花さんでしたけど。

「19歳に見えない…」歴代女王・大山志保も2戦連続Vの笹生優花を絶賛
国内女子ツアー3戦目の「ニトリレディス」は、宮里藍、畑岡奈紗に続く笹生優花による10代での2試合連続優勝で閉幕。本大会で6位…

さて、もう1つ注目した、ローアマ争い。
ここは、最終組で初々しいな姿と、大胆なショットで一気に注目を集めた六車日那乃さん。
序盤で池につかまってしまい、流れがつかめず崩してしまいました。
ということで、小倉彩愛さんがローアマ獲得です。
本当に久々に彼女のプレーを見ました。さすがなプレーです。

笹生優花クラブセッティング

笹生優花さんのクラブセッティングはこちらです。

ドライバーは、テーラーメイドM5、フェアウェイウッドとユーティリティーはマーベリック。
混成軍ですけど、アイアンは三浦技研を使用です。

コメント