岡山絵理 逆転優勝 アクサレディス2021

春、そして桜満開の宮崎。
2年ぶりの開催となる、アクサレディス2021が開幕しました。
ニューヒロインの初優勝か、実力派ベテランが勝つ構図の大会。
どういった展開が待っているでしょうか?

スポンサーリンク

大会初日

これぞ、本当のゴルフ日和。
気温は暖かく、風も緩やか。
前日は雨ということもあり、例年に比べてグリーンも止まりやすかったです。

こういったコンディションになると、一気に多くのプロが上位混戦となります。
54人がアンダーパーということで、全体がこちら

上位陣。

稲見萌寧 好発進

うーむ、稲見萌寧強し。初日は7バーディー、ノーボギーの65。
実力とコンディション通りで、幸先よく首位発進です。

稲見萌寧が単独首位発進 渋野日向子は4打差
◇国内女子◇アクサレディス in MIYAZAKI 初日(26日)◇UMKCC(宮崎県)◇6568yd(パー72) 2020-21年シーズン2勝の稲見萌寧がボギーなしの7バーディ「65」をマークし、7アンダー単独首位で発進した。今年2戦目の「明治安田生命レディスヨコハマタイヤゴルフトーナメント」に続く、ツアー通算4勝目...

明治安田生命レディス同様、飛び出していった実力は本物ですね。
さて、稲見さんが頭2つ抜け出したのですが、2位が-5。
-5から-1までで、53人ということになります。

上位陣の顔ぶれを見てみれば、納得です。
若手、ベテランといますが、実力者がその通りの力を出しました。

もちろん、なんだかんだ言って、渋野日向子さんもアンダーパー、-3です。

粘りの渋野日向子 カギは振り遅れる練習|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

同組の河本結さんも貫禄さえ感じさせるプレーで、-4と良い発進だと思います。

そうだ、忘れていた。忘れていたのは、シード選手並みのオーラがあるからか。

今季7試合中4度のトップ20入りも…宮田成華「食らいついていきたい」
◇国内女子◇アクサレディス in MIYAZAKI 初日(26日)◇UMKCC(宮崎県)◇6568yd(パー72) 主催者推薦で出場の宮田成華(なるは)が7バーディ、2ボギーの「67」で回り、首位と2打差2位で好発進した。「7バーディを目標にしていたので、良かったなと思います」とまずは初日を及第点で終えて安堵した。 風...

宮田成華さんは、主催者推薦での出場です。
QTランキングからして、レギュラーツアーは推薦や予選会からしか参戦なりません。
しかし、出場できれば、必ず上位の良いところにいるイメージがあります。

食らいついてというのは、良いと思います。
最終日は悪天候かもしれず、泥臭いプレーでも、ついていって欲しいと思います。

個人的な応援選手の田辺ひかり、高木優奈、両選手も-3と良い出だしです。

大会2日目

大会2日目は、圧巻のスコアが出ました。トーナメントコースレコードの63!

圧巻のプレーで優勝に王手したのは?

見事なものです。そして叩き出した選手は、

河本結さんです。

出先からスコア速報を見ていたのですが、更新するたびにスコアが伸びている。
尋常ではないと思ったときにテレビ中継が入りました。

見てすぐに思ったのは、今大会は、清水キャディが付いているのですね。
彼の役割は大きいんじゃないかと思ったのですが、ホールアウト後の河本さんのインタビューでありましたね。清水さんに言われていたこと。
「攻めるな、攻めるな」
なるほど、河本さんと言えば、攻撃的なプレーでバーディーを奪取していきます。
もちろん、すんごいバーディーも取りますが、一方でもったいないボギーも出る。
清水キャディもそれをわかっていると思います。
2人のコンビネーションは、抜群に見えます。

河本結 コース新の63で連覇へ前進|JLPGA|日本女子プロゴルフ協会
一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の公式サイトです。

私は1年に1度書くかどうかですが、今回は良いでしょう。

河本結 優勝に王手!

2位には順当に、申ジエさんが来ると思います。

上位陣。全体はこちら

一応、悪天候が予想される最終日のお天気。

午前中は結構な雨なので、耐える展開でしょう。
河本結さん王手の理由は、清水キャディがいることも1つです。

気になる選手の動向

応援選手の2日目を簡単に、上位順から。

宮田成華 7位タイ -6

食らいついていくと話した初日。後半伸ばしてアンダーで終えています。良し!

山下美夢有 11位タイ -5

全然テレビには映らないのですが、常にこういった位置をキープしています。
ゴルフファンだったら、注目しておかなきゃならない選手です。

西村優菜 18位タイ -4

先週もだったのですが、2日目にスコアを伸ばして予選通過しています。
恐らくですが、彼女のクレバーさで初日をインプットし、2日目に活かしていると予想します。

高木優奈 26位タイ -2

2日目、伸ばせなかったなぁ。詳細は不明。

田辺ひかり 26位タイ -2

こちらも、2日目伸ばせませんでした。

古江彩佳 32位タイ -1

古江さんも、今回は静かに予選通過ってことでしょうか?

渋野日向子 32位タイ -1

うーん、17番、18番が両ホールともダブルボギーです。
バスケットボールだったら、ダブル&ダブルは良い勲章なのですけどね。

「えらいことをした…」上がり2ホール連続ダボ 渋野日向子に何があった?
◇国内女子◇アクサレディス in MIYAZAKI 2日目(27日)◇UMKCC(宮崎県)◇6568yd(パー72) 首位と4打差の3アンダー14位から出た渋野日向子は3バーディ、1ボギー2ダブルボギーの「74」。通算1アンダーの32位に後退した。上がり2ホールで、痛恨の連続ダブルボギーをたたいた。 ここ3試合に比べて...
吉田優利 48位タイ +1

カットラインが下がってくれたので、予選通過です。
密かに経験値を積んで欲しいです。

大会最終日

2位に4打差をつけて、最終日の首位発進は完璧に見えた河本結さん。
悪天候の中始まった最終ラウンドですが、途中、30分強の中断がありました。

3人ともスコアを落とした最終組

そして、勝負はわからないものです。上位陣の最終結果。全体がこちら

河本結さんは、最終日+1、岡山絵理さんが、ベストスコアの-5で逆転優勝です。

これが、要因なのかわかりませんが、1つ、傾向が出たのがペアリングです。

5打差を逆転優勝の岡山絵理

最終組は最終日に3人ともがオーバーパー。
逆に岡山さんを含む、最終組の1組前は、全員がアンダーパーでした。

岡山絵里が5打差逆転V 河本結2位 渋野15位
◇国内女子◇アクサレディス in MIYAZAKI 最終日(28日)◇UMKCC(宮崎県)◇6568yd(パー72) 5打差4位から出た岡山絵里が最終18番(パー5)でバーディを奪うなど5バーディ、ボギーなしの「67」でプレー。通算13アンダーで逆転し、2018年「リゾートトラスト レディス」以来のツアー2勝目を挙げた...

河本結の一問一答

盤石に見えた河本結さんですが、先週は体調不良でしたしね。

河本結は4打差守れず惜敗2位に「情けない」/最終日一問一答
◇国内女子◇アクサレディス in MIYAZAKI 最終日(28日)◇UMKCC(宮崎県)◇6568yd(パー72) 大会連覇を目指して4打差の単独首位から出た河本結は、1バーディ、2ボギーの「73」とスコアを伸ばせず、「67」で回った岡山絵里に逆転されて1打差の2位。1打差を追って迎えた最終18番(パー5)は、ピンま...

応援していた自分も、残念でなりませんが。
何とか切り替えて、渡米して欲しい。体調には気を付けて。

気になる選手の結果

応援選手の結果を上位順に。

山下美夢有 11位タイ -5

最終日もイーブンパーでまわっています。
安定感は19歳にしてシード選手並みになっています。
あとは、1日、もう1打伸ばすことができれば優勝争いに入ってきます。

渋野日向子 15位タイ -3

最終日は意地で伸ばしたかもしれません。
決意を胸に渡米し、ANAインスピレーションに向かいます。

渋野日向子は固い決意を胸に渡米 「自分の意志を貫いて」
◇国内女子◇アクサレディス in MIYAZAKI 最終日(28日)◇UMKCC(宮崎県)◇6568yd(パー72) 15位で終えた渋野日向子は「自分が思っている以上に頑張れているな、と思います」とこれまでの21年に参戦した国内ツアー計4試合を振り返った。最高位は前週「Tポイント×ENEOS」の11位と勝利は挙げられな...
宮田成華 15位タイ -3

うーむ、この結果をどうみるか。
悪くは無い。でも、あと2打は欲しかったように感じます。

西村優菜 20位タイ -2

最終日粘ったと思います。飛距離で劣るのですから、及第点だと思います。

高木優奈 20位タイ -2

本人曰く、「3歩進んで2歩下がる」かぁ。上手いこと言う。
逆ではないから前向きに。増枠組の力を見せたいですね。

吉田優利 25位タイ -1

最終日、中断もあったコンディションで-3は立派です。
先週、覚醒の予感をさせたのですが、途切れさせず良かったです。

田辺ひかり 34位タイ -1

古江彩佳 34位タイ -1

コメント